【おすすめ】我孫子武丸の全作品を一覧であらすじを紹介します

我孫子 武丸 あびこ・たけまる(1962年10月7日 -)

小説家。兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部哲学科中退。1989年、『8の殺人』で小説家デビュー。

おすすめ作品ランキング

長い記事なので、先におすすめランキングを紹介します!

  • 1位:殺戮にいたる病
  • 2位:人形はこたつで推理する
  • 3位:弥勒の掌

作品一覧リスト

速水三兄妹シリーズ

8の殺人(1989年3月)

大胆なトリックで本格ミステリーファンをうならせた傑作長編。建物の内部にある中庭が渡り廊下で結ばれた、通称“8の字屋敷”で起きたボウガンによる連続殺人。最初の犠牲者は鍵を掛け人が寝ていた部屋から撃たれ、2人目は密室のドアの内側に磔に。速水警部補が推理マニアの弟、妹とともにその難解な謎に挑戦する、デビュー作にして傑作の誉れ高い長編ミステリー。

0の殺人(1989年8月)

容疑者リストつき異色の新本格推理。
冒頭で明かされた容疑者たちのなかからあなたは真犯人を突きとめられますか?

物語の冒頭に置かれた<作者からの注意>に、驚くべきことに、奇妙極まりない殺人劇の容疑者たち4人のリストが公開されている!この大胆かつ破天荒な作者の挑戦に、果してあなたは犯人を突きとめられるか?ご存知、速水警部補と推理マニアの弟と妹が活躍する、異色の傑作長編推理。

メビウスの殺人(1990年2月)

奇想天外なトリック、新本格渾身の推理! ――大東京を恐怖のどん底につき落とす、連続殺人が発生。犯行は、金槌によるメッタうちと絞殺が交互する。犯人は一人か、あるいは別人か? 現場には常に、謎の数字を記したメモが……。被害者たちを結ぶ「失われた環(ミッシング・リング)」を探せ! ご存じ速水三兄妹がつきとめた、驚愕の真相とは? 奇想天外な推理の新旗手の傑作長編。……奇怪な謎、巧妙な罠、鮮やかな推理!

人形シリーズ

人形はこたつで推理する(1990年8月)

異色の人形探偵が難事件を次々解決。
人形探偵が大活躍する青春ユーモアミステリー。
風変わりな腹話術師が操る人形の名は鞠小路鞠夫(まりこうじまりお)──彼って実は名探偵なのです!

鞠小路鞠夫──私が密かに思いを寄せる内気な腹話術師・朝永嘉夫(ともながよしお)が操る人形の名前です。出会ったのは幼稚園のクリスマス会。園で飼っている兎が死んだ事件を見事な推理で解決してくれました。そう、「彼」は実は頭脳明晰な名探偵だったのです。異色の人形探偵コンビが大活躍する青春ユーモア・ミステリー!

人形は遠足で推理する(1991年4月)

「スピードをもってあげろ!ぶっ飛ばせ」私、めぐみ幼稚園の妹尾睦月です。今朝、園児たちと乗り込んだ遠足バスが警察が追っている殺人犯(しかも拳銃所持!)に乗っ取られるという事件に巻き込まれて、もう大変。同行の腹話術師・朝永さんと、彼が操る人形の鞠夫も大ピンチ!好評の人形探偵シリーズ第2弾。

人形は眠れない(1991年9月)

腹話術師・朝永(ともなが)の前に強力な恋敵が出現!?そして、ついに明かされる人形探偵・鞠夫(まりお)の誕生秘話。

お久しぶりです!妹尾睦月です。今回は、私の住む街で起きた連続放火事件に腹話術師の朝永さんと人形の鞠夫が果敢に挑戦します。その最中、なんと私に言い寄ってくる好青年が現れて、もう大変。と、とにかくときめいて、そしてちょっぴり切ないひと夏の出来事の御報告です。<人形探偵シリーズ>好評第3弾。

人形はライブハウスで推理する(2001年8月)

鞠小路鞠夫(まりこうじまりお)――私、妹尾睦月(せのおむつき)の思い人、腹話術師の朝永嘉夫(ともながよしお)さんが操る人形の名前です。でも「彼」が、実は名探偵! 今回も私の弟・葉月に嫌疑がかかった殺人事件を鮮やかに解決(表題作)してくれた世界唯一の人形名探偵なのです。本格テイストが横溢する短編6本を収録した青春ユーモア・ミステリーシリーズ!

探偵映画(1990年12月)

新本格の雄、初期の傑作!
新作の撮影中に謎の失踪を遂げた鬼才映画監督、大柳登志蔵。すでにラッシュは完成、予告篇も流れているが、実はこの時点で作品の結末を知るのは監督のみ。残されたスタッフは、撮影済みのシーンからスクリーン上の「犯人」を推理しようとするが……。『探偵映画』というタイトルの映画をめぐる本格推理小説。

殺戮にいたる病(1992年9月)

永遠の愛をつかみたいと男は願った―。東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔!くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。

ぼくの推理研究シリーズ

ぼくの推理研究(1993年8月)

始めたらやめられないRPG感覚で展開する青春ミステリーの傑作。隣に引っ越してきた萩原さんの部屋は退屈しきっていた僕らの天国。そこを舞台にして、僕らの夏休みの「推理研究」が始まる。

死神になった少年(1997年4月)

友だちは言った。「ボクは、今日ダレが死ぬかわかるんだ」その日の新聞の死亡欄には、彼がズバリ予言した人物の名前が載っていた。その彼が予言した。「次に死ぬのは、このボクだ」と…!

少年たちの四季(2003年2月)

隣りに越してきた萩原さんは大人のくせにいつもゲームばかりしている。でも、僕たちのまわりで事件が起こると見事な推理で解決してくれるんだ。思春期を瑞々しく描く青春ミステリ。

上記2作品をまとめた中・短編集

腐触の街シリーズ

腐触の街(1995年11月)

屍蝋の街(1999年9月)

京都探偵シリーズ

ディプロトドンティア・マクロプス(1997年7月)

京都で探偵事務所を開設したばかりの私に依頼人が2名。「失踪した父を探してほしい」という大学教授の娘と、「カンガルーのマチルダさんを見つけて!」とわけのわからないことを叫ぶ美少女だった。捜査を始めた途端、私は暴漢に襲われる。すでに巨大な陰謀の渦中にいたのだ。先の読めない我孫子流ハードボイルド。

狩人は都を駆ける(2007年12月)

『弥勒の掌』の著者が贈るユーモア・ハードボイルド。
京都で探偵事務所を営む「私」のもとに久々にやってきた仕事の依頼は、なんと誘拐事件。もっとも、誘拐されたのは家で飼われていたドーベルマンで、つまりは犬の捜索なのだった……。なぜか苦手な動物がらみの依頼ばかり次々に舞い込む探偵の困惑と奮闘を描いた傑作ユーモア・ハードボイルド5篇を収録。探偵は事件解決のため、今日もケモノに立ち向かう!

小説たけまる増刊号(1997年11月)

戦慄のホラー、本格ミステリーなど著者のこれまでの全短編。コラム、エッセイ、特別グラビアに加えて、異色対談、突撃レポートなど企画ページも充実。我孫子ワールドの魅力に迫る、ひとり雑誌。

たけまる文庫 怪の巻(2000年5月)

単行本刊行時に個人雑誌形式で世間をあっと言わせた話題の短篇集が、なんと今度は個人文庫になって帰ってきた。今回配本分はホラー作品を集めた「怪の巻」。怖いです。(解説・笹川吉晴)

たけまる文庫 謎の巻(2000年7月)

話題の個人文庫、堂々の完結巻はミステリ短編を集めた「謎の巻」。ファンおなじみの速水三兄妹の活躍や、自分自身の行動調査を探偵に依頼した男など傑作8編。……謎だらけです。

八ヶ岳「雪密室」の謎(2001年3月)共著

三人のゴーストハンター 国枝特殊警備ファイル(2001年5月)共著

普通の警備会社が恐れをなした怪異現象がらみの事件ばかりを扱う国枝特殊警備保障。生臭坊主・洞蛙坊、美貌の霊媒師・比嘉、反オカルト科学者・山県の三人が個々の特殊能力を発揮して、都市の魑魅魍魎に挑んでいく――。やがて彼らは、自分たちを結びつけた四年前の幽霊屋敷事件の真相に……! 異才、鬼才、天才の集結が生み出す三通りのマルチエンディング付きセッション・ノベル。

まほろ市の殺人 夏―夏に散る花(2002年6月)

弥勒の掌(2005年4月)

これが現代ミステリの到達点だ!
愛する妻を殺され、汚職の疑いをかけられたベテラン刑事、蛯原。妻が失踪して途方に暮れる高校教師、辻。やがてふたりはある宗教団体の関与を疑い、ともに捜査を開始するが――。
あらかじめ申し上げておきます。本作は、社会派の本格捜査小説であると同時に、読者を罠にはめようとする壮大なたくらみが隠された作品でもあります。どうか注意深く、慎重に、身構えて読み進めてください。それでもなお……! 必ずや前代未聞の驚きを味わっていただけることでしょう。迫真のリアリティ、サスペンス、そして謎解きの美しさ。まさに、現代ミステリの到達点といえる逸品です。

警視庁特捜班ドットジェイピーシリーズ

警視庁特捜班ドットジェイピー(2008年6月)

相次ぐ不祥事でイメージアップを図るため警視庁初の戦隊『警視庁特捜班ドットジェイピー』が結成された。集められたのは、性格に難はあるものの、格闘、射撃、コンピュータなどの達人にして美男美女揃いの5人の警官。一躍世間の脚光を浴びた彼らだが、やがてその知名度が災いして重大な事件に巻き込まれることに。はたして、結末はいかに。話題を呼んだ“怪作”!

特捜班危機一髪 警視庁特捜班ドットジェイピー(2014年9月)

警視庁イメージアップのため(安易に)結成された戦隊ヒーロー“ドットジェイピー”。5人の美男美女警官(ただし性格に難アリ)の行く手を阻むのは、都知事のいやらしすぎる陰謀か!? それとも色と欲か!? インテリ、腐女子、Jr系、マッチョ、ロリ巨乳――キャラ立ちまくりの戦隊ヒーロー、ニッポンの平和をかき乱す!?

さよならのためだけに(2010年3月)

到来した禁離婚社会。断固別れるために、共に闘うはめになった若い夫婦が行きついた果ては……注目の美しいラスト!

眠り姫とバンパイア(2011年3月)

母親とふたり暮らしの小学5年生の相原優希。彼女の家庭教師を引き継いだばかりの荻野歩実は、パパが3年ぶりに会いに来てくれたと打ち明けられる。父親が一緒に暮らしていない理由を知らない歩実が前任の柚木美沙に尋ねると、そこには家族を襲った悲劇が……。パパはバンパイアだという優希の思いとは?

狼と兎のゲーム(2013年7月)

智樹のクラスメイトの心澄望は、警察官の父親から暴力を振るわれて傷が絶えない。夏休みのある日、勤務中の父親のパソコンを壊してしまったと怯える心澄望と智樹がこっそりと家に戻ると、弟の甲斐亜の死体を始末している父親の姿が。慌てて家を飛び出した二人は、迫り来る怪物から逃げ切ることができるか?

裁く眼(2016年8月)

法廷画家が描いたその絵は危険すぎる――。
美人被告人は残忍な殺人鬼か、それとも聖女なのか?

漫画家になりそこね、路上で似顔絵を描いて生計をたてていた袴田鉄雄。
ある日、テレビ局からの急な依頼を受け、連続殺人事件裁判の「法廷画」を描くことに。

注文通り仕上げた絵が無事に放送に使われた直後、何者かに襲われて怪我を負う。
鉄雄の絵には一体なにが描かれていたのだろうか?

容疑者の美人被告人は残忍な殺人鬼なのか、それとも聖女なのか?
頭の回転の速い姪っ子、警察官、テレビ局、それぞれの思惑と発言が絡み合い、裁判の展開は意外な方向へ。

予測不能、驚愕の法廷サスペンス。

怪盗不思議紳士(2018年3月)

戦後間もない日本。孤児の瑞樹はひょんなことから探偵・九条響太郎の助手を務めることになる。凶悪事件を引き起こす謎の強盗集団、怪盗不思議紳士の追跡に協力することになった矢先、衝撃的な事件が起きる!

凜の弦音 (2018年10月)

篠崎凜──翠星学園高校一年生。ひたすら弓道に打ち込む少女。そんな凜がいつの間にかネットで『天才弓道美少女』と評判になるが……。友達に悩み、自分に悩み、弓道に悩む青春真っ只中──。ひとりの少女の成長を活き活きと描く傑作長編。

監禁探偵 (2019年10月)

下着を盗もうと、憧れの女性の部屋へ忍び込んだ山根亮太。ところが、そこには女性の死体が…! しかし亮太は警察に通報できない。なぜなら彼は、自室に美少女「アカネ」を監禁しているからだ。翌日、死体を発見した警察は、殺人事件の容疑者として亮太を徐々に追い詰めていくが……(第一話 山根亮太)
轢き逃げに遭い、重体で搬送された少女。“神の手”を持つ天才外科医に奇跡的に命を救われるが、目を覚ますと記憶喪失に。「アカネ」と刺繍されたハンカチだけが身元に繋がる手がかりだった。やがて、看護師飛び降り事件や幽霊騒ぎが発生。事件に強い関心を示す少女「アカネ」の勘の鋭さに気づいた研修医・宮本伸一は……(第二話 宮本伸一)
美しき少女「アカネ」――彼女の正体は天使か、悪魔か? デビュー30周年をむかえた新本格のレジェンドが、同名人気コミック原作を自ら小説化。言葉だからこそ表現可能な新しい物語が誕生! 人間心理の歪みに迫る、驚愕のミステリ!!

修羅の家(2020年4月)

『殺戮にいたる病』を凌ぐ驚愕作!

この家は悪魔に乗っ取られた。
恐怖、嫌悪、衝撃。
そこは地獄。初恋の女性を救い出せるのか。

女の毒が体内に入り、蝕まれていく――
   
簡易宿泊所で暮らす晴男はレイプ現場を中年女性・優子に目撃され、彼女の家につれていかれる。
そこには同じ格好をした十名ほどが「家族」として暮らしていた。
おぞましい儀式を経て一員となった晴男は、居住者は優子に虐待されていることを知る。
一方、区役所で働く北島は、中学時代の初恋相手だった愛香と再会し「家族」での窮状をきく。
北島は愛香を救い出す可能性を探るが、“悪魔”が立ちはだかる。

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説作品一覧
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました