DEATHTOPIA(山田恵庸)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

交通事故の影響で眼に特殊な力を宿した主人公と、彼の前へ現れた謎の美女3人組が、シリアルキラーたちの脅威に立ち向かうサスペンスストーリー。自分の意のままの新世界を創造しようと暗躍している黒幕の野望を、アクション描写や過激なグロテスク描写、美女たちによるセクシー描写により描き出す。

DEATHTOPIA(山田恵庸)の作品情報

タイトル
DEATHTOPIA
著者
山田恵庸
形式
漫画
ジャンル
サスペンス
アクション
執筆国
日本
版元
講談社
初出
イブニング、2014年10号~2017年1号
刊行情報
イブニングKC、全8巻

DEATHTOPIA(山田恵庸)のあらすじ(ネタバレなし)

藤村コウの日常は、ある日突然に崩壊した……。交通事故で両目に大怪我を負ってしまったコウ。手術のすえ失明は免れるが、その眼には不思議な“何か”を認識するチカラが宿る。時を同じくして、眼球収集家の異常殺人者(シリアルキラー)の魔の手がコウに忍び寄る。そして、殺人者を追う謎の美女たち……。『エデンの檻』の山田恵庸、青年誌初登場となる本作は謎が謎を呼ぶ“異能サスペンス”。よりキケンに、より刺激的に!

作者

山田恵庸

土山しげる、いましろたかしのアシスタントを経て『二人ぼっち』でデビュー。代表作に『エデンの檻』、『DEATHTOPIA』、『サタノファニ』などがある。

DEATHTOPIA(山田恵庸)の刊行情報

  • 『DEATHTOPIA』イブニングKC、全8巻

DEATHTOPIA(山田恵庸)の登場人物

藤村洸(ふじむら コウ)
本作の主人公。19歳。城南大学へ通う、男子大学生。日課のジョギング中にひったくりを捕まえようとしてひき逃げ事故に遭い、両眼の周囲とも眼窩底骨折という重傷を負ったことで緊急手術を経ての入院中、カレンに絞殺されかけたところを結衣・早希・舞夜に救われる。結衣たち3人に出会ったことをきっかけに、「チーター」たちとの戦いへ巻き込まれていく。

如月結衣(きさらぎ ゆい)
6係の女性刑事3人組の1人。ロングストレートヘアをやや左サイドポニーに結わえた紺色の髪、頭頂から伸びるアホ毛、そしてツリ目が特徴。自動式拳銃を武器とするほか、刀が収納された竹刀袋を背負っている。剣術の腕前は拳銃のそれよりも上であり、流派「一神影流」の皆伝を会得している。

八神早希(やがみ さき)
6係の女性刑事3人組の1人。後ろ髪を立たせた赤のショートヘアや八重歯の映える口でしゃべる男口調に加え、胸の谷間・腹部・四肢の素肌をさらした露出度の高い服装が特徴。左利き。長身の50口径リボルバーを武器としている。

星宮舞夜(ほしみや まや)
6係の女性刑事3人組のリーダー格。ウェーブの入った緑髪のロングヘアや、基本的にはハイライトの入らない瞳が特徴。結衣のものとは異なる自動式拳銃を武器とする。

DEATHTOPIA(山田恵庸)の各巻あらすじ

第1巻のストーリーを紹介!

藤村コウの日常は、ある日突然に崩壊した……。交通事故で両目に大怪我を負ってしまったコウ。手術のすえ失明は免れるが、その眼には不思議な“何か”を認識するチカラが宿る。時を同じくして、眼球収集家の異常殺人者(シリアルキラー)の魔の手がコウに忍び寄る。そして、殺人者を追う謎の美女たち……。『エデンの檻』の山田恵庸、青年誌初登場となる本作は謎が謎を呼ぶ“異能サスペンス”。よりキケンに、より刺激的に!

第2巻のストーリーを紹介!

同じ姿をして、人を超えた力を持つ謎の存在 “チーター ”。 ヤツらを視て判別できる唯一の存在・コウは、その特別な力ゆえに結衣(ゆい)たちが所属する対策組織「特殊犯捜査6係」の監視下に置かれる。うら若き男女の刺激的な同居生活が始まる中、街で連続美女変死事件が発生。捜査を始めた結衣たちとコウが容疑者を追って向かった先は……ハプニングバー? 『エデンの檻』山田恵庸が描く妖艶にして危険な異能サスペンス!

第3巻のストーリーを紹介!

チーター対策組織「特殊犯捜査6係」に所属する結衣(ゆい)たちと、特別な眼を持つ藤村洸(ふじむら・こう)。彼女たちの活躍で連続美女変死事件を解決するが、犯人は何者かに殺害されてしまう。しかしこれは、やがて社会を震撼させる凶悪事件への序章に過ぎなかった。事件の影で暗躍する謎の存在・UDの来訪、最狂のチーター“鈴音(すずね)と響(ひびき)”からの宣戦布告。物語は過激さを増し、核心へと進む…。『エデンの檻』山田恵庸が描く美少女異能サスペンス!

第4巻のストーリーを紹介!

香炉(こうろ)姉弟の卑劣な凶行で、瀕死の重傷を負う洸(こう)。傷つき倒れるその刹那、洸の身に予想外の、しかし“ある者”にとっては計画通りの異変が起きる……。藤村(ふじむら)洸、そして結衣(ゆい)たち6係の運命が、次なる事件とともに大きく揺れ動く――。『エデンの檻』山田恵庸が描く大反響・美少女異能サスペンス、緊迫の新章へ!

第5巻のストーリーを紹介!

戦線離脱した九重(ここのえ)に代わり、新たに6係の上司に就任した村雨瑞樹(むらさめ・みずき)。「チーター」である彼女が、「チーター対策組織」である6係に所属する真の目的とは!? 時を同じくして、街で超異常殺人鬼“リバース”による惨殺事件が発生。結衣(ゆい)は大切な家族の仇である“リバース”に復讐するため、単独行動に出るが……。村雨の就任に殺人鬼の再来……、この一連の流れは運命の悪戯か仕組まれた必然か!? 6係に吹き荒れる嵐の予感!!

第6巻のストーリーを紹介!

家族を殺した仇・リバースに復讐するため、単独で囮捜査を仕掛ける結衣(ゆい)。彼女を止めようとする洸(こう)達だが、林西(りんざい)トオルに行く手を阻まれ、重傷を負う。一方、リバースは結衣を油断させ、形勢逆転。凶刃を突き立てる。痛みと悔しさでいっぱいになる結衣。その感情が突然、洸に伝播し、洸の能力が覚醒する! そして、さらに衝撃の変化が起きて――。6係メンバーの運命が大きく動き出す!

第7巻のストーリーを紹介!

全焼した実家から見つかった遺体が「洸(こう)の可能性がある」とニュースで流れるのを見た洸本人。自分は生きているのに一体なぜそんな報道が……真実を知るため、現場へと駆け付ける。そこに現れたのはUDの仲間である林西(りんざい)トオル! 育ての親に会わせてやると一緒についてくるよう洸を誘うが――。真意のわからぬ敵に誘われ辿り着くのは、どこなのか。洸を待つのは絶望か、それとも……!

最終巻、第8巻のストーリーを紹介!

明かされる“真の敵”の存在、迫り来る新たなる刺客。そして判明する衝撃の過去と真実…。物語は大いなる核心へ――!! 週刊少年マガジンの人気作『エデンの檻』の山田恵庸が贈る、謎が謎を呼ぶNo.1美少女サスペンス! クライマックスまで、目が離せない!

合わせて読みたい本

エデンの檻

存在しない場所! 不可解な動物たち! 底知れぬ謎! 全力で生きなきゃ死んじまう! この島ハンパねぇ!! ――グアムでの修学旅行の帰路、アキラたちは原因不明の飛行機事故に見舞われた! 気を失って目覚めたのは、見たこともない動物が生息しているジャングル。その島は絶滅したはずの動物が闊歩し、しかも島自体が地図に存在しない島だった。襲いかかる猛獣たち。非日常の緊張からパニックを起こすクラスメイト。謎だらけのジャングルで“生き残り”が始まる!

作者の代表作です。

謎の島でのサバイバル生活を余儀なくされた主人公たちは、島にある過去の建築物や遺物を利用しつつ、島の謎を解き明かしていきます。

DEATHTOPIA(山田恵庸)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました