【おすすめ】町田洋の全作品を一覧であらすじを紹介します

町田 洋 まちだ・よう

漫画家。

おすすめ作品ランキング

先におすすめランキングを紹介します!

  • 1位:惑星9の休日
  • 2位:夜とコンクリート

作品年表リスト

『惑星9の休日』2013年8月

新人・町田洋による、全編描き下しデビュー単行本。辺境の小さな星、“惑星9″に暮らす人々のささやかな日常を描いた連作短編集。

凍り付いた美少女に思いを馳せる男、幻の映画フィルムにまつわる小さな事件、月が惑星9を離れる日、愚直な天才科学者の恋……

風にのって遠くからやってきた、涼しげな8つの物語。

辺境の小さな星「惑星9」を舞台とする連作短編集です。日常系と言うよりは、ショートSF集といった感じかなと。

詳細な設定を練り、隅から隅まで世界を構築したSFというわけでもなく、地球(日本)とは違う世界を舞台にしましたという雰囲気だと思いました。

ショートSFなのではじめは星新一を思い浮かべましたが、それぞれの話にしっかりとしたオチがあるわけでもないので、たむらしげるや宮崎夏次系といった系譜かもしれません。

ハードSFというわけではなく、雰囲気を重視した漫画が好きな人におすすめ。シンプルな線の漫画なのに豊かな表情が見られて、とくに印象に残りました。

『夜とコンクリート』2014年2月

第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作「夏休みの町」を収録した、新しくて懐かしい魅惑の作家、町田洋の初期作品集! 眠れない建築士と建物の声を聴く男。丘の上の戦闘機とありふれた夏休み。君に会えない僕と屋上で見上げた空。夜とコンクリート。平坦な日常にある、もう一つの地平に見たことのない景色がある。町田洋の静かな世界がここに!

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
作品一覧
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました