【おすすめ】水口尚樹の全作品を一覧であらすじを紹介します

水口 尚樹 みずぐち・なおき

漫画家。京都府出身。2002年、『週刊少年サンデー』15号に掲載の「4649!どヤンキーラーメン」でデビュー。

おすすめ作品ランキング

長い記事なので、先におすすめランキングを紹介します!

  • 1位:早乙女選手、ひたかくす
  • 2位:小光先生の次回作にご期待ください。
  • 3位:明日にはあがります。

作品一覧リスト

思春期刑事 ミノル小林(2004年8月~2005年10月)

中学生刑事・ミノル小林は、警視庁イカ袋署に配属された新人刑事。その名称通り、思春期真っただ中の中学生。父親であるイカ袋署・署長の小林ツモルのコネで無理矢理やってきた。悲惨なのは、ミノルと相棒を組まされることになった刑事課・巡査長の海老原。次々と起こる事件に下心全開で首を突っ込んでくるミノルに振り回されっぱなし。いつになったら、海老原に安眠の日々が訪れるのか…!? 『週刊少年サンデー』で好評を博したギャグ漫画、第1巻!

  • 全6巻

地底少年チャッピー(2006年5月~2007年1月)

チャッピーとショーイチが現れてからというものの、ミヤコの周りでは常識を遥かに超えたことばかり! ネガティブ思考の地底人少年とおかしな仲間が巻き起こす地表観察日記ギャグ、ここに登場!

  • 全3巻

じゅくじゅく(2010年1月~2016年5月)

ごくごくフツーの高校生・熟田拓矢。ただひとつ違うのは、彼が無類の熟女好きであること…。ピンポイント・フェチ・ギャグ、ここに極まれり!本邦初の“熟女好き”高校生ギャグ!!

  • 全4巻

明日にはあがります。(2013年1月~2014年12月)

小光栗夫は週刊少年ゲルマンで『ときめき堕天使モモカ』を連載する新人漫画家である。
まんが道を歩き出したばかりの彼の日常は、打ち合わせをしたり、コマを割ったり、絵を描いたり、時には取材に出かけ、時にはテンパることも……
人気商売の喜びと悲哀をやさしく描いた、定番ジャンル・マンガ家漫画の、これがまさしく最先端!!

  • 全5巻

小光先生の次回作にご期待ください。(2015年1月~2015年7月)

初連載が突然の打ち切り宣告を受け、
週刊連載作家から無職のマンガ家に
なってしまった小光栗夫。

モテない
勇気ない
友達少ない……
そして連載もない!

そんな残念なマンガ家の、
打ち切りから新連載獲得までを
リアルかつ笑いたっぷりで描く、
マンガ家コメディー、第1集!

  • 全2巻

早乙女選手、ひたかくす(2016年12月~2019年11月)

史上最高“基礎代謝”ヒロインあらわる! 並外れた身体能力の高校2年生で、容姿端麗、学業優秀! だけど恋愛だけはド下手! そんな早乙女選手が、さえない同級生に恋をした…!
連載開始早々、超話題の体育会系ラブコメがついにコミックス発売!

  • 全10巻
この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画作品一覧
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました