やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(渡航)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

友達を作ろうとも思わず、いつも一人でいるひねくれた高校生が、それを見かねた教師によって「奉仕部」という部活に入れられてからの高校生活を描いたラブコメディ作品。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。の作品情報

タイトル
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
著者
渡航
形式
ライトノベル
ジャンル
学園
ラブコメ
執筆国
日本
版元
小学館
初出
書き下ろし
刊行情報
ガガガ文庫、全17巻
受賞歴
このライトノベルがすごい!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。のあらすじ(ネタバレなし)

青春は残酷だ!?ひねくれ男の妄言ラブコメ

–青春は嘘で欺瞞だ。リア充爆発しろ!
ひねくれ者故に友達も彼女もいない高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学園一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」だった。
さえない僕がひょんなことから美少女と出会ったはずなのに、どうしてもラブコメにならない残念どころか間違いだらけの青春模様が繰り広げられる。
俺の青春、どうしてこうなった?

作者

渡 航 わたり・わたる(1987年1月24日 – )

小説家。明治大学情報コミュニケーション学部卒業。2009年、第3回小学館ライトノベル大賞ガガガ文庫部門でガガガ大賞を受賞した『あやかしがたり』でデビュー。代表作は『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』シリーズ。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(渡航)の刊行情報

  • 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』本編14巻、外伝3巻

アニメ版関連動画

アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』2013年4月 – 6月

アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』2015年4月 – 6月

アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』2020年春 –

アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』を全編無料視聴できる配信一覧

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を全編無料視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには最長31日間の無料お試し期間があり、その無料期間内に解約してしまえばお金を払うことなく動画を視聴することができます。

Hulu
U-NEXT
Amazonプライムビデオレンタル
TSUTAYA TVレンタル
Netflix

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(渡航)の登場人物

比企谷 八幡(ひきがや はちまん)
本作の主人公。総武高校2年F組。己の経験を集約した「青春とは嘘であり、悪である」と題する作文を書き、静によって懲罰名目で奉仕部に強制的に入部させられる。
幼少時から友達ができず、周囲に存在を軽んじられ、裏切られたりしたなどの経験からトラウマを抱えており、他人からの好意を信じられず、特に女子に対して強い警戒心と猜疑心を抱いている。

雪ノ下 雪乃(ゆきのした ゆきの)
メインヒロイン。総武高校2年J組。奉仕部部長。長い黒髪と大人びた顔立ちの美少女ある。
普通科よりも偏差値の高い国際教養科であるJ組に所属しており成績優秀で頭脳明晰、八幡が「ユキペディア」と揶揄する程の豊富な知識を持ち合わせている。
自分の信じる行動を貫き通すため、周囲から疎まれ、とくに女子生徒からはその美貌ゆえに嫉妬されることが多く、多くの嫌がらせを受けてきた。

由比ヶ浜 結衣(ゆいがはま ゆい)
メインヒロイン。総武高校2年F組。奉仕部に依頼に訪れた際に、自分とは真逆の雪乃の姿に感銘を受け入部することになった。
派手な外見とギャル風な言葉遣いであり、コミュニケーション能力は高いものの男子と付き合ったことはない。

平塚 静(ひらつか しずか)
総武高校の国語教師。生活指導と奉仕部の顧問。美人だが、どこかおっさん臭いところがあり男っ気は全くない。

戸塚 彩加(とつか さいか)
総武高校2年F組。性別は男だが、美少女にしか見えないためにクラスの一部の女子生徒からは「王子」と呼ばれて人気があるものの、友達は少ない。素直で優しく控えめな性格。男らしい振る舞いに憧れているが、乙女趣味を好んでいる。

川崎 沙希(かわさき さき)
総武高校2年F組。女子生徒。家族想いな性格ではあるが無愛想で口が悪く、人を寄せつけない雰囲気があるために教室ではぼっち気味。

材木座 義輝(ざいもくざ よしてる)
総武高校2年C組。眼鏡をかけて常にコートを羽織っているなど、中年サラリーマン風の外見が特長。中二病全開の痛い振舞いがある。ライトノベル作家を目指しており、感想を求める理由で奉仕部を訪れる。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(渡航)のあらすじ(ネタバレあり)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(渡航)のストーリー(あらすじ)を簡単に紹介しています。この先の内容は、ネタバレを含んでいるため注意してご覧ください。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。1巻のあらすじ

青春は残酷だ!?ひねくれ男の妄言ラブコメ

――青春は嘘で欺瞞だ。リア充爆発しろ!
ひねくれ者故に友達も彼女もいない高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学園一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」だった――。
さえない僕がひょんなことから美少女と出会ったはずなのに、どうしてもラブコメにならない残念どころか間違いだらけの青春模様が繰り広げられる。
俺の青春、どうしてこうなった?

『僕は友達が少ない』の平坂読氏も(twitterのつぶやきを)注目する期待の新鋭、『あやかしがたり』で第3回小学館ライトノベル大賞、ガガガ部門大賞受賞の渡航(わたり・わたる)が残念系ラブコメに参戦!?

千葉市立総武高等学校に通う高校2年生の比企谷八幡は、高校でも友達が出来なかったことから、友達を作ることを諦めて「一人ぼっち」を極めようとしていた。

妙な屁理屈をこねながらぼっちな高校生活を謳歌しつつリア充を嫌い呪っていた八幡だったが、生活指導担当の教師・平塚静に目をつけられ、「奉仕部」に無理矢理入部させられる。そこで八幡は、校内一の才女として知られる雪ノ下雪乃と出会う。

雪乃は、才色兼備な超人で弁も立つが、八幡と同じく人付き合いが不器用な少女だった。二人は似たような境遇でありながら考え方が根本的に異なり、意見が衝突する。

静はそんな二人に対し、どちらがより多く奉仕部に持ち込まれた依頼を解決できるか、という勝負を命じる。その矢先、最初の依頼人であり、八幡のクラスのスクールカーストの上位に属し、八幡への特別な感情が見え隠れする由比ヶ浜結衣もまた、奉仕部に入部することになる。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2巻のあらすじ

話題沸騰!ひねくれ男のダメ青春第二弾!!

相も変わらず、ひねくれ者故に友達も彼女もいない高校生・八幡。毒舌残念美少女の雪乃、ちょっぴりおバカな結衣と美少女2人と奉仕部で過ごすも、だらだらとマンガを読むなどする日々。リア充とはほど遠い0点の青春を送る八幡たちに奉仕部に持ち込まれた新しい依頼は、クラス内での「事件」の解決だった!?
得意技はクラス内で気配を消すことと人間観察。適職は忍者と豪語する八幡の能力が発動!?
どう考えても頑張りどころを間違え、さらに加速するひねくれ男のダメ青春。新キャラ登場&八幡の妹・小町も活躍の第二弾登場!
第3回小学館ライトノベル大賞、ガガガ大賞作家の渡 航(わたり・わたる)が残念系ラブコメに参戦。売り切れ店続出で大注目のシリーズ。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3巻のあらすじ

ひねくれぼっちに降りかかる新たな悩み!

日々は相変わらず。友達もなく彼女もなく間違った青春……のはずが、八幡の中に生じた慣れない居心地の悪さ。それはやはり、部室にいない一人の女子が原因なのか。
それを解決できるほど器用な人間は奉仕部にいるはずもなく……。男だらけのゲーセンデート、わんにゃんショー、そして脱衣トランプ!?
間違いだらけのイベントの中で、ぼっち・八幡と奉仕部の日常はもどってくるのか……?

ひねくれぼっちの八幡だけでなく、オタクの材木座、そして平塚先生……いろいろなキャラのダメさが暴走する第三弾!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4巻のあらすじ

ぼっちの夏休み。群れず、騒がず、働かず。

夏休み。
誰とも会わず、遊ばず、一人悠々自適な生活を送る八幡に、平塚先生から招集がかかる。キャンプ場でのボランティアを強制される奉仕部だが、なぜかそこにいたのは葉山、三浦などの「リア充」組。
「君たちは別のコミュニティとうまくやる術を身につけた方がいい」
強制的に発動された「青春」っぽいイベントに、八幡たちはどう立ち向かう?
水着に花火に肝試し。キャンプの夜の会話、そして風呂?
さらにはそれだけじゃない、予期せぬ出会いやハプニング。
大人への階段――。
夏休みは、ぼっちにとって味わいたくない(!?)危険な誘惑でいっぱい。
由比ヶ浜や雪乃たちとの関係にも、進展が……?
相変わらず間違い続ける青春、第四弾!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5巻のあらすじ

間違い、すれ違い……少しずつ変わる景色。

長いようで短い夏も、もうすぐ終わり。
 小町といつもの日々を過ごす八幡の家に、結衣が訪れる。
 さらには戸塚からの誘い、クラスメイトからの頼み事……そして花火大会で偶然再会したのは、雪乃の姉・陽乃だった!
 孤高を貫く“ぼっちの達人”八幡のスルースキルをもってしても、見過ごせない、やり過ごせない事実が雪乃、結衣、八幡の3人の関係を少しずつ変えていく。

 「みんなが選ぶベストライトノベル2011」1位、「第一回ラノベ好き書店員大賞」2位など、各所で高い評価を受け、今最も注目を集めるシリーズ。
 間違い続ける青春模様、第5弾!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6巻のあらすじ

慣れない役割、ぎこちない関係。

文化祭。面倒な仕事をスルーする方法は……呼ばれても返事をしない、なるべく面倒くさそうな気持ちを顔に出す!?
 ぼっちのスキルをフル活用して文化祭の準備をサボる気満々の八幡。しかし、授業をサボっていたら、不在なのをいいことに文化祭の実行委員にさせられてしまう。
 慣れない役割とぎこちない関係。
新学期が始まってからの八幡は、どこか調子がおかしい。クラスでも、部活でも。雪乃への疑問は消えないまま、そしてそれを問わないまま……学校中が祭の準備で浮かれた空気の中、取り残されているのが当たり前のはずの八幡なのに、居心地の悪さは消えない。
 まちがえてしまった答えはきっとそのまま。
 人生はいつだって取り返しがつかない。
 前に進まず、後戻りも出来ない二人、雪ノ下雪乃と比企谷八幡。近づきも遠ざかりもしない不変の距離感に変化は訪れるのか。

 アニメ化も決定、話題のシリーズ第6弾。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7巻のあらすじ

修学旅行。それは恋愛とトラウマの多発地帯!

京都への修学旅行を前に、どこか浮き足立つクラスの雰囲気。
文化祭以来、教室内でさらに微妙な立ち位置になった八幡だったが、最初から地位なんてないようなもんだしな、と我関せず……。
ところが、奉仕部に持ちかけられた意外な人物からの「恋の相談」。そこにはまた別の人物の思惑も重なって……。
旅行は一気に波乱の予感。クラス内の人間関係、そして複雑な気持ちが渦巻き、答えを出せないまま八幡たちは京都へ。
まちがっている青春模様は、まちがっているラブコメ=恋愛模様を生み出すのか。
TVアニメ化でさらに盛り上がりを見せるシリーズ第7弾。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5巻のあらすじ

奉仕部の日常が賑やかに詰まった短編集!

奉仕部に送られてくるようになった「お悩み相談メール」、そして、平塚先生から持ち込まれた「結婚がらみ」の相談事……。
(八幡的には)不本意にも忙しい奉仕部の活動。コスプレからガチ格闘技対決まで、多岐にわたりすぎて大変なことに。
日々の些末な出来事にこそ、真実は宿る……奉仕部&おなじみのキャラクターたちが生き生きと輝く「いつもの日常」をたっぷりと!

この4月から放送されたTVアニメも大反響の「俺ガイル」、大幅書き下ろし&レアな小説未収録エピソードをぎゅっと詰め込んだ珠玉の短編集!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8巻のあらすじ

彼は変わらない。だから周囲は変わっていく

雪ノ下雪乃は「……あなたのやり方、嫌いだわ」と、否定した。
由比ヶ浜結衣は「人の気持ち、もっと考えてよ……」と弱々しく呟いた。
後味の悪さを残した修学旅行を終え、日常に戻った奉仕部。三人の関係はまたぎこちないものに戻ってしまうのか……。
そんな折、奉仕部に新たな依頼が持ち込まれる。内容は生徒会長選挙に関わるものだった。
お互いのやり方を認められないままの奉仕部の三人は、それぞれが別のやり方で依頼に対することに。
ばらばらの奉仕部。分かっていた。この関係はいつまでも続かないことも、自分が変わることができないことも。
――君のやり方では、本当に助けたい誰かに出会ったとき、助けることができない――
自然消滅か、空中分解か。誰のやり方でも奉仕部は解散を免れない。
その行動は誰のために。――それでも自分のやり方を貫き藻掻こうとする“彼”は、大きな失敗を犯してしまう――。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。9巻のあらすじ

聖なる夜。届かぬ想い、かなわぬ祈り。

もうすぐクリスマスがやってくる。
小さい頃はプレゼントがもらえる日だったが、いまはもうそんなことはない。
何より、願うことも、欲しいものもなくなってしまった――。
生徒会長選挙の日以来、何かが決定的に終わってしまった関係を引きずりながら、逃げ出さないため、ただそれだけのために部室に集まる八幡たち。
そんな折、新たな依頼を持ち込んだのは、先の選挙で生徒会長となった一色いろはだった。
他校との合同のクリスマスイベントを手伝って欲しいという依頼に対し一人で行動しようとする八幡。
しかし、一筋縄ではいかない依頼に、事態は次第に悪化していく……。
気付かれず、心の奥にしまわれる想い。叶わぬと諦めてしまった祈り。聖なる夜に、もし、願うことがあるならば――。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5巻のあらすじ

文化祭直後、体育祭ストーリー&スペシャル。

6巻の文化祭直後、体育祭のエピソードを文庫本一冊に収録したものを電子化。
文化祭が終わった後、城廻めぐりから来た依頼は、「体育祭を盛り上げたい」というもの。
奉仕部として手伝うことになった八幡や雪乃たちだが、そもそも体育祭実行委員長も決まっていない。
そこで担ぎ上げられたのは、文化祭でも実行委員長を務めた、あの相模南だった……。
TVアニメシリーズで著者自らが脚本を手がけた番外編「だから、彼らの祭りは終わらない」のサイドストーリーを文庫本用にディレクターズカットし、再構成した総集編として修正。ドラマCD特装版で音声収録された9巻直後のクリスマスパーティーのエピソードの小説版も加えて収録。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10巻のあらすじ

新しい年、新しい関係、新たなる想い。

冬休み。のんびりとした年の瀬、そして年明け。
合格祈願の初詣や買い物など、予定外の外出が重なる八幡が新年の街で出会ったのは、雪ノ下陽乃と葉山隼人、そして……。
教室で、部室で過ごしてきた時間で、お互いのことを少しは知ったように思えた。でも知らないことの方がたくさんあるのだろう。今も、そしてこれからも。

冬休みが終われば、2年生という学年ももうあとわずか。新学期にざわめく教室にはある人物の「噂」が流れていた。
望むと望まざるとに拘わらず、同じ場所で過ごす時間は刻一刻と減っていく。
そんな雰囲気だからなのか、奉仕部に持ち込まれた、ある依頼……その依頼は今までに知ることのなかった彼ら、彼女らの別の一面を映し出すことに。
自分のしたいことが、相手の望むこととは限らない。本当の気持ちが伝えたい気持ちとも限らない。誰かが知っているその人が、その人の本当の姿とは限らない。
今を大切にしたいと思えば思うほど臆病になって、考えているのに答えは見つからないし、走っているのにゴールが見えない。
彼ら彼女らの、新たなる季節、新たなる関係。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5巻のあらすじ

2015年春、アニメ第2期放送直前!冬の日常を描く短編集。

雪乃、結衣と過ごすおなじみ奉仕部での活動から、小町の受験を心配したり、いろはのわがままに振り回されたり、さらには男子からのあるお願い事まで舞い込み……!? 八幡の短くも慌ただしい冬の日常を描く短編集。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11巻のあらすじ

まちがい続け、いつまでも手の届かない答え。

一色いろはの依頼を受け、バレンタインデーのイベントを手伝うことになった奉仕部。そのイベントには三浦や海老名、川崎などいつものメンバーも加わり、より大規模なものになっていく。穏やかで暖かな空気の中、だんだんと見過ごせなくなってくる小さな違和感、慣れないことで戸惑っているのだと自分に言い聞かせようとしても誤魔化せない気持ち。
本物から目をそらしてでも、この時間がずっと続けばいいのかもしれない--。
何も気づかないほうが良かったのかもしれない--。
提案される「彼女の相談、彼女の依頼」。
雪は静かに降り積もり、彼ら、彼女らの今という景色を変えていく。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12巻のあらすじ

たとえ、その選択を悔いるとしても。

バレンタインデーのイベント、水族館での雪の日を経て、自分たちが踏み出すべき一歩を定める八幡たち。
そんな奉仕部に、ある大きな依頼が持ち込まれる。
その依頼に対して、今までとは違ったやり方で取り組むのは、三人にとっては自然な流れのはずだった。
それが、自分たちの求めていることなら――。
たとえ、その選択を悔いるとしても。
時間の流れがいつか自分たちを大人にするのかもしれない、出会いと別れを繰り返して人は成長するのかもしれない。でも、いつだって目の前には「今」しかなくて――。
雪乃、結衣、八幡。それぞれの想いを胸に抱えながら、各々が選択する「答え」とは。
新たなる青春群像小説、物語は最終章へ。シリーズ12巻。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13巻のあらすじ

エンドロールが流れる前に。

暦は雪解けの季節を迎えるが、新しい希望の芽吹きはまだ遠く感じられる3月。
それぞれの想いを言葉にし、行動しようとする雪乃、結衣、八幡。そして、それは今のままの関係でいることを終わらせることでもあって――。
雪ノ下雪乃は、最後まで見届けて欲しいと願った。由比ヶ浜結衣は、このままずっと一緒にいられたらと祈った。美しい夕日に時が止まればと願っても、落日を迎えなければ新しい日はやってこない。前に進むために諦めること、終止符を打つこと。悩むまもなく、巻き戻すことも出来ず、エンドロールは流れ始める……。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14巻のあらすじ

まちがい続ける青春模様、シリーズ完結。

 季節はまた春を迎えようとしていた。
 同じ日々を繰り返しても、常に今日は新しい。悩み、答えに窮し、間違えを繰り返しても、常に飽きもせず問い直すしかない――新しい答えを知るために。
 言葉にしなければ伝わらないのに、言葉では足りなくて。いつだって出した答えはまちがっていて、取り返しがつかないほど歪んでしまった関係は、どうしようもない偽物で。
 ――だからせめて、この模造品に、壊れるほどの傷をつけ、たった一つの本物に。故意にまちがう俺の青春を、終わらせるのだ――。
 過ぎ去った季節と、これから来る新しい季節。
 まちがい続ける物語が終わり……そしてきっとまだ青春は続いていく。シリーズ完結巻。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(渡航)の感想・解説・評価

ひねくれた主人公が残念な友達と過ごす学園ラブコメ

本作は他人からの好意を素直に受け取ることのできないひねくれたぼっちの男子生徒・比企谷八幡を主人公とする学園ラブコメだ。

ライトノベルのラブコメの多分に漏れず、ヒロインはみんなかわいいルックスをしている。だが、性格が素直じゃなかったり、どこか残念なところを抱えているのだ。類は友を呼ぶというが、まさにこの小説がそうだろう。

主人公のひねくれた性格がほかのキャラクターとの交流で改善されるかといえばそんなことはなく、女性陣の毒舌はけっこうキツイ。

それでも読み進めていくと、主人公のひねくれた語り口が気持ちよくなってくる。「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」というタイトルだが、間違っていることはなくこれもまた王道だろう。

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました