ロウソクの科学(マイケル・ファラデー)の概要・感想

イギリスの科学者マイケル・ファラデーが、1860年のクリスマス・レクチャーとして英国王立研究所で連続講演した6回分の内容を、ウィリアム・クルックスが編集したもの。

ロウソクの科学の作品情報

タイトル
ロウソクの科学
著者
マイケル・ファラデー
形式
学術
ジャンル
物理
化学
執筆国
イギリス
版元
不明
執筆年
1861年
刊行情報
下記
翻訳者
下記

ロウソクの科学のあらすじ・概要(ネタバレなし)

一本のロウソクに火を点(とも)せば、深遠な科学の世界への扉が開く。製本工から夢を叶え、偉大な科学者になったファラデー(1791-1867)が、もっとも愛した聴衆――少年少女に語りかけ、実験をくりひろげる名講義。世界中で愛読されてきた本書は今なお科学の精神を生き生きと伝える。現代の読者のために詳細な訳注を付す。

ロウソクの科学の目次

  • ロウソク: 炎 – その源 – 構造 – 流動性 – 明るさ
  • 炎の明るさ: 燃焼のための空気の必要性 – 水の生成
  • 生成物: 燃焼からの水 – 水の性質 – 化合物 – 水素
  • ロウソクの中の水素: 燃えて水へ – 水の他の部分 – 酸素
  • 空気の中の酸素: 大気の性質 – その特徴 – ロウソクからの他の生成物 – 炭酸 – その性質
  • 炭素または炭 – 石炭ガス – 呼吸と燃えるロウソクの類似点 - 結論

作者

マイケル・ファラデー Michael Faraday( 1791年9月22日 – 1867年8月25日)

イギリスの化学者・物理学者。電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。

ロウソクの科学の刊行情報

三石巌訳『ロウソクの科学』角川文庫、1962年
吉田光邦訳『ロウソクの科学』講談社文庫、1972年
白井俊明訳『ろうそく物語』法政大学出版局、1991年
竹内敬人訳『ロウソクの科学』岩波文庫、2010年

ロウソクの科学の感想・解説・評価

合わせて読みたい本

空気の発見

ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典さんが「科学者を志すきっかけになった本」として『ロウソクの科学』とともに紹介し、注目された本です。

「空気」に重さがあることが発見されて以来、空はなぜ青いのか、空気中にアンモニアが含まれるのはなぜか、二酸化炭素が「固まる空気」と名づけられた理由など、身近な疑問や思わぬ発見を、やさしく解き明かしています。

ロウソクの科学の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
学術書
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました