白痴(ドストエフスキー)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

白痴(フョードル・ドストエフスキー)の作品情報

タイトル
白痴
著者
フョードル・ドストエフスキー
形式
小説
ジャンル
文学
執筆国
ロシア
版元
不明
執筆年
不明
初出
ロシア報知、1868年1月号-12月号
刊行情報
下記
翻訳者
下記

白痴(フョードル・ドストエフスキー)のあらすじ・概要

スイスの精神療養所で成人したムイシュキン公爵は、ロシアの現実についで何の知識も持たずに故郷に帰ってくる。純真で無垢な心を持った公爵は、すべての人から愛され、彼らの魂をゆさぶるが、ロシア的因習のなかにある人々は、そのためにかえって混乱し騒動の渦をまき起す。この騒動は、汚辱のなかにあっても誇りを失わない美貌の女性ナスターシャをめぐってさらに深まっていく。

白痴(フョードル・ドストエフスキー)の目次

作者

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(1821年11月11日 – 1881年2月9日)

ロシアの小説家。思想家。レフ・トルストイ、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシア小説を代表する文豪である。代表作に『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』などがある。

白痴(フョードル・ドストエフスキー)の刊行情報

  • 木村浩訳 『白痴 上下』 新潮文庫
  • 米川正夫訳 『白痴 上下』 岩波文庫
  • 望月哲男訳 『白痴 1-3』 河出文庫、2010年
  • 亀山郁夫訳 『白痴 1-4』光文社古典新訳文庫、2015年-2018年

白痴(フョードル・ドストエフスキー)の登場人物

レフ・ニコラエヴィチ・ムイシュキン
主人公。ムイシュキン家の末裔。てんかん療養のため4年あまりをスイスで過ごし、同家のリザヴェータ夫人を頼ってペテルブルグへ戻ってくる。

ナスターシヤ・フィリッポヴナ・バラシコーワ
悲劇のヒロイン。借金まみれだった退役士官の父が領土焼失し、孤児になったところをトーツキイに拾われ愛人となる。時に威圧的、時に自虐的な2面性を持つ。

パルフョーン・セミョーノヴィチ・ロゴージン
縮れた黒髪に浅黒い顔をした体格のいい男。金に物を言わせてナスターシャを自分のものにしようとする。

アグラーヤ・イワーノヴナ・エパンチナ
エパンチン家姉妹の三女、末娘。三姉妹の中でも争う余地のない美貌の持ち主。一家の中で最も大切にされ、将来を約束されている。

イワン・フョードロヴィチ・エパンチン
実業家。頭のきれる如才のない人物。健康的でずんぐりした頑丈な体格。トーツキイとは親密な間柄で、娘のアレクサンドラを嫁がせて莫大な持参金を得ようとしている。

白痴(フョードル・ドストエフスキー)のあらすじ(ネタバレあり)

白痴のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまで簡単に紹介しています。この先の内容は、ネタバレを含んでいるため注意してご覧ください。

白痴のあらすじ【起】

若い公爵レフ・ニコラエヴィチ・ムイシュキンは、幼時から重度のてんかん症状により、スイスのサナトリウムで療養していたが、成人して軽快し、援助してもらっていたパヴリーシチェフの死去もあって、ロシアへ戻ることになった。ペテルブルクへ向かう列車中で、ムイシュキンは、父の死去によって莫大な財産を得たばかりだと言うパルヒョン・ロゴージンと知り合いになり、彼が熱を上げていたナスターシャ・フィリポヴナの名を耳にする。

白痴のあらすじ【承】

ムイシュキンの両親は、既にこの世になく、彼が公爵家の最後の跡取りであったため、遠縁にあたるエパンチン将軍夫人を頼ろうと、エパンチン家の邸宅を訪れる。ムイシュキンは、将軍夫妻とその三姉妹に知り合い、いくつかの印象的なアネクドートを披露するうちに一家の好意を得た。ここで彼は、将軍の秘書ガウリーラ・アルダリオノヴィチ(ガーニャ)が金のために愛のないままナスターシャと結婚しようとしていることを知った。彼女は、まだ幼いころからある資産家の情婦となっており、悪評が付きまわっていたが、実は誇り高い女であった。

ムイシュキンも、彼女と会って自分と共通する部分を感じ、ついに自らも求婚する。ところが、彼女は、最初にムイシュキンの善良さに気づきながらも、ロゴージンの元に走る。こうして、2人はライバルとなり、ロゴージンはムイシュキンを殺そうと企てるが、すんでのところでムイシュキンが発作を起こして、人に気付かれたために失敗する。

白痴のあらすじ【転】

そのうち、将軍の娘アグラーヤも、ムイシュキンに思いを寄せる。ロゴージンを選びながらも、陰ながらムイシュキンを愛していたナスターシャは、ムイシュキンに幸せになって欲しいと思い、アグラーヤに手紙で結婚を勧める。そのうち、アグラーヤとムイシュキンは相思相愛になる。

しかし、アグラーヤは、例の手紙のことから、ナスターシャがまだムイシュキンを好きで、ムイシュキンもナスターシャを忘れていないのではないかと嫉妬する。そのうち、遠くへ行っていたナスターシャとロゴージンが戻ってくる。アグラーヤは、ナスターシャとムイシュキンの関係をはっきりさせようと赴くものの、かえってナスターシャとムイシュキンを結びつけることになる。

白痴の結末・ラスト(ネタバレ)

ムイシュキンとナスターシャは、結婚することになる。しかし、ムイシュキンとの結婚当日になって、彼女はまたロゴージンと逃げ出す。ムイシュキンが駆け付けたとき、彼女は、既にロゴージンに殺されていた。ムイシュキンとロゴージンは、かつて同じ相手を愛した者として、ナスターシャの死体の前で生活することを決める。

ところが、庭師に家に入るところを目撃されており、その生活は一夜で終わる。発見された時、ムイシュキンは、元の白痴に戻っており、療養の日々を送ることになる。裁判の結果、ロゴージンは、シベリア徒刑となった。アグラーヤが自棄になって望まぬ結婚を急ぐところで、物語は終わる。

白痴(フョードル・ドストエフスキー)の感想・解説・評価

合わせて読みたい本

罪と罰

同じくドストエフスキーの代表作。優秀ながら貧乏な学生・ラスコーリニコフが金貸しの老婆を殺害し、その罪に悩まされる話です。

個人的には『カラマーゾフの兄弟』よりも読みやすく、ラストには大きな衝撃を受ける作品だと思います。

もっと読む罪と罰(ドストエフスキー)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

カラマーゾフの兄弟

言わずと知れた超有名作品。後世に絶大な影響を与えた世界文学の金字塔です。

長大な物語の中では、思想が語られ、恋愛にふけり、ミステリーが明かされ、悲劇が起き、笑いもあれば、裁判も行われます。様々な要素が含まれた作品ですが、ドストエフスキーの力技で精密に汲み上げられています。

もっと読むカラマーゾフの兄弟(ドストエフスキー)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

白痴(フョードル・ドストエフスキー)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました