戦争と平和(トルストイ)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

19世紀前半のナポレオン戦争の時代を舞台に、アウステルリッツの戦いや、ボロディノの戦いを経てモスクワを制圧するもフランス軍が退却に追い込まれたロシア遠征などの歴史的背景を精緻に描写しながら、1805年から1813年にかけてあるロシア貴族の3つの一族(ボルコンスキー公爵家、ベズーホフ伯爵家、ロストフ伯爵家)の興亡を中心に描き、ピエール・ベズーホフとナターシャの恋と新しい時代への目覚めを点描しながら綴った群像小説である。

戦争と平和(トルストイ)の作品情報

タイトル
戦争と平和
著者
トルストイ
形式
小説
ジャンル
歴史
恋愛
戦争文学
執筆国
ロシア
版元
不明
執筆年
不明
初出
ロシア報知、1865年-1869年
刊行情報
下記
翻訳者
下記

戦争と平和(トルストイ)のあらすじ・概要

19世紀初頭、ナポレオンのロシア侵入という歴史的大事件に際して発揮されたロシア人の民族性を、貴族社会と民衆のありさまを余すところなく描きつくすことを通して謳いあげた一大叙事詩。1805年アウステルリッツの会戦でフランス軍に打ち破られ、もどってきた平和な暮しのなかにも、きたるべき危機の予感がただようロシア社交界の雰囲気を描きだすところから物語の幕があがる。

作者

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(1828年9月9日 – 1910年11月20日)

帝政ロシアの小説家、思想家。フョードル・ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀ロシア文学を代表する文豪と目されている。代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えた。

戦争と平和(トルストイ)の刊行情報

  • 藤沼貴訳『戦争と平和 1-6』岩波文庫
  • 工藤精一郎訳『戦争と平和 1-4』新潮文庫

戦争と平和(トルストイ)の登場人物

ピエール
本編の主人公。莫大な財産を持つキーリル・ウラジーミロヴィチ・ベズウーホフ伯爵の私生児の一人。父に愛され、その財産を継ぐ。フランス帰り。力自慢の偉丈夫。

アンドレイ・ニコラーエヴィチ・ボルコンスキィ
ボルコンスキィ公爵家の長男、27歳の青年士官。ピエールの親友。優秀な実務家。アウステルリッツを含む対ナポレオン戦争に従軍する。

マリヤ・ニコラーエヴナ・ボルコンスカヤ
アンドレイの妹。兄と違い、信心深い。決して美人とはいえないが、美しい瞳を持つ女性。父と共に領地で生活している。

ニコライ・イリーイチ・ロストフ
ロストフ伯爵家の長男。青年士官としてアウステルリッツに従軍する。軟弱な青年だったが、軍に馴染み、成長していく。

ナターシャ・ロストフ
12歳。ニコライ・ロストフの妹。無邪気で天真爛漫な少女。多くの男性を惹き付ける。

ソーニャ
14歳。ニコライの又従兄妹で、ロストフ伯爵家の居候。幼少の頃からニコライを一途に愛する。

ボリス
ニコライ兄妹の幼馴染。上昇志向が強い。様々な人脈を駆使して出世を遂げていく。幼い頃はナターシャに恋心を抱いていた。

ワシーリィ・ドミートリチ・デニーソフ
ロシア軍の士官。歴戦の勇士。アウステルリッツ以来のニコライの戦友。

アナトーリ・ワシーリエヴィチ・クラーギン
クラーギン公爵家の次男、ピエールの親戚にして放蕩仲間。

エレン・ワシーリエヴナ・クラーギナ
アナトーリの妹。絶世の美女にして社交界の花形。兄同様に享楽的な人物で、他者を堕落させる力を有する。

ドーロホフ
アナトーリの友人にして放蕩仲間。アナトーリを金蔓として利用している節がある。対フランス戦にもたびたび参加。活躍は多いが、その気性がたたり、昇格と降格を繰り返している。

ミハイル・イラリオーノヴィチ・クトゥーゾフ
ロシア軍の元帥。

ナポレオン・ボナパルト
フランス皇帝。

アレクサンドル1世
ロシア皇帝。

戦争と平和(トルストイ)の各巻あらすじ

戦争と平和 第一巻のストーリーを紹介!

805年夏,ペテルブルグ.英雄か恐怖の征服者か,ナポレオンの影迫るロシア上流社会の夜会に現れた外国帰りのピエール.モスクワでは伯爵家の少女ナターシャが平和を満喫.だが青年の親友や少女の兄等は戦争への序走に就いていた.愛・嫉妬・野心・虚栄・生死――破格のスケールと人間の洞察.世界文学不朽の名作!

1805年7月、帝政ロシアの首都・ペテルブルクの社交界の様子から物語が始まる。この年4月には、イギリス、ロシア、オーストリア、神聖ローマ帝国などの対仏大同盟が成立し、ナポレオンとの戦争が目前に迫っていた。フランスから帰ったばかりのピエールと悪友たちは、酔った勢いで警察署長に乱暴を働き、ペテルブルクを追放される。

戦争と平和 第二巻のストーリーを紹介!

ロシアはナポレオンとの決戦に突入.アウステルリッツ戦で生死不明だったアンドレイが帰還した夜, 妻は男児を出産し死亡する.遺産相続したピエールははめられて結婚,妻の不倫から決闘する. 一方ロストフ家の若者たちは恋する年頃. それぞれの人生が続く中,歴史はロシアをティルジット条約の屈辱へと導いていく.

戦争と平和 第三巻のストーリーを紹介!

妻の死後, 田舎に隠棲する傷心のアンドレイを甦らせたのはナターシャだった. だが若さゆえの過ちから少女は誘惑者の手に. 苦境を救おうと奔走するピエールが冬空に見たのは, ナポレオンとの再対決を予感させる, 巨大な1812年の彗星だった……

戦争と平和 第四巻のストーリーを紹介!

不吉な彗星の到来.軍務に戻ったアンドレイは父と妹に敵の接近を知らせるが,退避目前で老公爵は死去,マリアは領地農民の反抗に遭う.戦争の本質を探ろうとピエールはボロジノへ発つ.今や貴族も農民もなく全ロシアの危機が始まろうとしていた.

戦争と平和 第五巻のストーリーを紹介!

敵軍,モスクワ侵攻! 退去勧告のビラが撒かれる.引揚げるナターシャは重傷のアンドレイと再会し,ゆるしを乞い,死の日まで付添う.一方,ナポレオン暗殺を誓い大火の首都をさまようピエールは,放火の嫌疑でフランス軍の捕虜となり農民プラトンと出会う.その邂逅にロシア的生命の光を垣間見るのだが・・・

戦争と平和 第六巻のストーリーを紹介!

1812年冬の戦争とは何か.追撃するパルチザン,敗走するナポレオン.解放軍突入の朝,紅顔の少年兵が一発の銃弾に斃れた.ペーチャの姿がフランス軍捕虜ピエールの目に焼きつく.耳には老兵プラトンへの止めの銃声と犬の唸り声が──死者の河を渡り,いま還るべき平和とは何か? 巨大な問いを後世に残して,全六巻完結!

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました