友情(武者小路実篤)のあらすじ(ネタバレあり)・感想

主人公・野島とその親友・大宮における友情と恋愛の対立が展開される青春小説。

友情(武者小路実篤)の作品情報

タイトル
友情
著者
武者小路実篤
形式
小説
ジャンル
恋愛
青春
執筆国
日本
版元
以文社、1920年
初出
大阪毎日新聞、1919年
刊行情報
新潮文庫

友情(武者小路実篤)のあらすじ(ネタバレなし)

主人公・野島とその親友・大宮の友情と恋愛。青春時代のあらゆる魂の問題がこの2つのテーマをめぐって展開されるこの作品は、武者小路実篤の数多い作品の中でも、とりわけ多くの若い読者に愛読されてきた。身につまされる思いで読み進んだ経験のある読者も多いであろう永遠の青春小説。

友情(武者小路実篤)の目次

作者

武者小路 実篤 むしゃのこうじ・さねあつ(1885年5月12日 – 1976年4月9日)

小説家、詩人。東京府東京市麹町区(東京都千代田区)生まれ。東京帝国大学哲学科社会学専修中退。学生時代は、学習院の同級生だった志賀直哉や木下利玄らと「十四日会」で創作活動を行った。1910年には志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊。後年には、芸術院会員に選出され、文化勲章を受章している。代表作に『友情』『お目出たき人』『愛と死』など。

友情(武者小路実篤)の刊行情報

  • 『友情』新潮文庫、1947年
  • 『友情』岩波文庫、2003年

友情(武者小路実篤)の登場人物

野島
本作の主人公。23歳の脚本家。仲田の妹・杉子に恋している。親友の大宮に大変深い友情を感じている。

大宮
野島の一番の親友。26歳の脚本家。密かに杉子に心を寄せるが、野島との友情を思い葛藤する。

杉子
仲田の妹。16歳。野島を生理的に嫌っており、大宮に思いを寄せる。

仲田
杉子の兄。法科に通う学生。野島の友達で、無遠慮にものが言える相手。まだ若い妹の結婚に反対しており、妹への結婚の申し込みに辟易している。

友情(武者小路実篤)のあらすじ(ネタバレあり)

友情のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまで簡単に紹介しています。この先の内容は、ネタバレを含んでいるため注意してご覧ください。

友情(武者小路実篤)のあらすじ【起・承】

脚本家の野島は、作家の大宮と尊敬しあい、仕事に磨きをかけている。成果は、大宮のほうがやや上。だが、大宮はいつも野島を尊敬し、勇気づけていてくれる。

ある日、野島は友人の仲田の妹・杉子に恋をする。かたい友情で結ばれた大宮に包み隠さず打ち明けると、やはり大宮は親身になってくれた。杉子会いたさに仲田の家へ大宮と連れだって行くと、杉子はいつでも自分たちに無邪気な笑顔を向けてくる。野島は、杉子に大切にされている感覚を覚えた。しかし、大宮は杉子にはいつも冷淡だった。

突然、大宮が「ヨーロッパに旅立つ」と野島に告げる。野島は友人と別れる寂しさと杉子を一人占めできる安心感とに悩む。それ以来、杉子とはあまり遊ばなくなる。

友情(武者小路実篤)のあらすじ【承・結】

大宮が西洋へ旅立って約1年後、思い切ってプロポーズをしたが、断られた。さらに1年程後、杉子は突如ヨーロッパへ旅立ち、その後、大宮からは一通のへんな手紙が届く。そこには「自分の書いた小説を見てくれればわかる」とあった。その小説は、大宮と杉子が抱き続けていた恋心と野島への思いを明かす内容だった。

それを読んだ野島はひどく驚き、また、ひどく悲しむ。そして、大切にしていたベートーヴェンのデスマスクを叩き割った。

大宮は友情と引き換えに愛する人を得たが、野島は愛する人と友人を一度に失ってしまう。

友情(武者小路実篤)の感想・解説・評価

友情と恋愛のどちらを選ぶかを迫られた主人公

この小説のテーマは、単純かつ永遠のテーマです。

それは「友情と恋愛のどちらを選ぶのか?」ということ。

親友同士である、野島と大宮は同じ人を好きになってしまいます。しかも大宮が杉子を好きになった理由は、親友である野島から彼女の魅力を語られたからなのでした。気になる人がいるんだと相談されたことをきっかけに、その相手のことを好きになってしまったら相手にはなかなか言えないですよね。本作でも、大宮は杉子を好きになったということを野島に打ち明けることができません。

その意味で『友情』はベタベタな恋愛小説ではありません。若い男女が出会って、お互いに好きになり愛を深めていく…という作品ではないんですね。読みやすい文章で語られるのは、野島・大宮・杉子の三角関係です。

おすすめポイントとしては、三角関係とはいえドロドロはしていないということでしょう。昼ドラみたいな感じじゃありません。ロマンチックな描写やシーンがとても多く、思わず微笑んだり、野島や大宮を応援したくなったりします。書かれたのはだいぶ昔の作品ですが、いつの時代も人を想う気持ちは変わりません。

読書感想文はラストについて

最後に、杉子は大宮に惚れて、彼について外国へ旅立ってしまいます。『友情』は野島の一人称視線でストーリーが展開するため、読者はショックを受けることになると思います。

読書感想文を書くとしたら、この結末について論じるのがいいでしょう。野島に共感し、大宮を「友情を軽視している人」だと断じてしまうのも読みとしてはアリです。

また、恋愛を重視し、野島をふがいない人だと考えて、大宮と杉子のその後について考えてみるのもいいでしょう。

作品を読み終わってから、結末の悲しさや寂しさについて考えると、この小説のタイトルが『友情』だということに思い至ります。だって『恋愛』でもなく、『青春』でもなく『友情』なんです。好きな人は親友を選んだけれども、その小説のタイトルが『友情』ってなんだかいいじゃないですか。昔の恋愛のことを引きずるわけでもなく、前を向いているような気になります。

でも、これは僕の感想です。「友情」と「恋愛」は永遠のテーマ。読書感想文を書くときに一度考えてみてもいいと思います。

合わせて読みたい本

三四郎

九州の田舎から東京へと出てきた小川三四郎が、都会の様々な人との交流から得るさまざまな経験、恋愛模様を描かれていた青春小説。

熊本から東京に出てきたうぶな三四郎が、自由気儘な都会の女性・里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれていく小説です。しかし彼女に振り回され、思わせぶりな態度を取られて、恋愛は思うように進展しません。
もっと読む三四郎(夏目漱石)のあらすじ(ネタバレあり)・感想

友情(武者小路実篤)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました