永沢君(さくらももこ)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

『ちびまるこちゃん』でおなじみの、タマネギ頭小僧・永沢君の中学校時代を描いた物語。野口さんなど『ちびまるこちゃん』に逆輸入されたキャラクターも多い。

永沢君(さくらももこ)の作品情報

タイトル
永沢君
著者
さくらももこ
形式
漫画
ジャンル
ギャグ
執筆国
日本
版元
小学館
初出
ビッグコミックスピリッツ、ビッグコミックスピリッツ21、1993年1月~1995年5月
刊行情報
IKKI COMIX、2003年

永沢君(さくらももこ)のあらすじ(ネタバレなし)

『ちびまるこちゃん』でおなじみの、タマネギ頭小僧・永沢君が主人公の物語。中学生になった永沢君と彼をとりまく個性豊かな友人(?)たちをシニカルに描く、さくらももこの新世界お笑いワールドの真骨頂!

永沢君(さくらももこ)の目次

  • 思春期
  • たけし
  • 不良
  • 藤木君を励ます
  • 性格
  • ラジオ
  • 夏の計画
  • 火事の記憶
  • やせたい小杉君
  • 城ケ崎さん
  • 城ケ崎さんの汚されたい願望
  • バレンタインデー
  • いとこ
  • 倉田君のメガネ
  • 修学旅行の班を決める
  • 修学旅行
  • 修学旅行以来…
  • さようなら そして こんにちは

作者

さくらももこ(1965 – 2018)

漫画家、エッセイスト、作詞家、脚本家。静岡県清水市出身。代表作に『ちびまる子ちゃん』『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』など。
もっと読む【おすすめ】さくらももこの全作品を一覧であらすじを紹介します

永沢君(さくらももこ)の刊行情報

  • 永沢君』スピリッツボンバーコミックス、1995年
  • おすすめ永沢君』IKKI COMIX、2003年
  • 『永沢君』愛蔵版コミックス、2019年

永沢君(さくらももこ)の登場人物

永沢君(永沢君男)
主人公。特徴的なタマネギ頭に、サイズの小さな学生帽を着用している。お笑いが好きで、ラジオのギャグ投稿コーナーにハガキを出したことも。ひねくれた性格で、仲の良い藤木・小杉のことは馬鹿にしている。

藤木茂
基本的にいい人だが、卑怯な性格。英語で3点など学業は不得意だが、ハガキ職人としてラジオに複数回採用されるなどセンスがある。

小杉(小杉太)
永沢・藤木と同じクラス。小学生の時も同じクラスだったが、中学校進学後仲良くなる。

城ヶ崎姫子
成績優秀な美少女。学校のマドンナ的存在であり人気もあるが、実際は永沢に好意を寄せている。小汚い男に汚されたいという願望を持っている。永沢と同じ高校に進学するため、偏差値度外視で永沢の第一志望校を受験するも、永沢が不合格となってしまった。

野口(野口笑子)
小学校時代よりさらに無口で暗い性格だが、お笑い好き。まる子とは依然として仲が良い様子。

花輪君(花輪和彦)
裕福な家の子息。成績優秀。

永沢君(さくらももこ)のあらすじ(ネタバレあり)

永沢君のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまで簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

永沢君のあらすじ【起】

本作の主人公は『ちびまる子ちゃん』の登場キャラクター・永沢。花輪くんを見て賢くなろうと読書をしてみたり、進路希望調査の用紙が配られてお笑い芸人を目指してみたりする。修学旅行編を除き一話完結のストーリーは、性格の悪い永沢に、良い人の藤木と大らかな小杉が振り回される展開で進行する。

永沢君のあらすじ【承】

10話にはお嬢様で美少女の城ヶ崎さんが登場。いわゆる学園のマドンナ的存在だが、小汚い男に汚されたいというマゾヒズム的な性癖であり、永沢に好意を寄せている。しかし当の永沢本人はそのことに全く気が付いておらず、藤木から「付き合いたいだろ?」と尋ねられた際に「もう少し美人がいい」という理由でこれを断っている。

その後バレンタインデーには清楚な美少女・堀さんが藤木にチョコを送る中、城ヶ崎さんも永沢の下駄箱にイニシャル入りのチョコを忍ばせる。しかし、堀さんはイニシャルだけだったこと、また永沢が勘違いしたことにより、女性陣の想いは伝わらなかった。

永沢君(さくらももこ)の感想・解説・評価

永沢君の性格の悪さにニヤリとさせられるブラックユーモア

『ちびまる子ちゃん』のキャラクターである永沢君を主人公に、彼らの中学校生活を描いている。永沢に加え、仲の良い藤木と小杉がメインキャラクターとして登場。主にこの3人の関係性から、ギャグやブラックユーモアを描いていく。

特に永沢君の性格の悪さは中学校進学後磨きがかかっており、ああ言えばこう言う、自分の有利なように物事が進むことを期待する、デリカシーのない発言を繰り返すなど枚挙にいとまがない。

仲の良い藤木や小杉もその性格の悪さにだんだんと気がついていくが、反対に好意を募らせていくのが美少女・城ヶ崎さんだ。ただそんな彼女の倒錯した恋心も本人には届くことなく物語は幕を閉じる。

第一志望校に不合格となったが、バカにしていた連中の中で英雄になることを夢見る永沢が、一番のハッピーエンドを迎えているのはブラックユーモア的だ。(しかもそのイメージはナチス式敬礼によって出来上がっている)

ちびまる子ちゃんのその後

本作の舞台は「清水市立桜中学校」ということで、『ちびまる子ちゃん』の主要キャラクターのまる子やたまえは回想シーンにしか登場しない。

連載が青年誌に移ったということもあり、城ヶ崎さんの恋心や下ネタ、男子中学生らしい女子への関心の高さなど、『ちびまる子ちゃん』から少し大人な世界観が描かれる。

野口、城ヶ崎、小杉の3名はこの作品で初登場。のちに『ちびまる子ちゃん』へ出演することになる。

合わせて読みたい本

てんこ盛り!!永沢君

同じく永沢君の中学時代を描いた一冊です。

「永沢君」と合わせて読みたい四コマ漫画で、シュールな作品の中に永沢君の毒がこれでもかと詰め込まれています。

永沢君(さくらももこ)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました