ショートソング(枡野浩一)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

ショートソング(枡野浩一)の作品情報

タイトル
ショートソング
著者
枡野浩一
形式
小説
ジャンル
恋愛
短歌
執筆国
日本
版元
集英社
初出
ケータイ livedoor 小説、2005年12月26日~2006年2月8日
ケータイ雑誌 the 読書、2006年5月1日~2006年8月24日
刊行情報
集英社文庫

ショートソング(枡野浩一)のあらすじ・概要

ハーフの美男子なのに内気で、いまだチェリーボーイの大学生、克夫。憧れの先輩、舞子にデートに誘われたが、連れていかれたのは短歌の会だった。しかも舞子のそばには、メガネの似合うプレイボーイ、天才歌人の伊賀がいた。そして、彼らの騒々しい日々が始まった。

カフェの街、吉祥寺を舞台に、克夫と伊賀、2つの視点で描かれる青春ストーリー。人気歌人による初の長編小説。

ショートソング(枡野浩一)の目次

作者

枡野 浩一(1968年9月23日 – )

歌人。東京都杉並区西荻窪生まれ。コピーライター、フリーライターを経て1997年、短歌集『てのりくじら』『ドレミふぁんくしょんドロップ』で歌人デビュー。短歌小説『ショートソング』はベストセラーとなり、小手川ゆあによって漫画化される。短歌以外にも現代詩、作詞、漫画評、演劇評、エッセイ、小説など活躍するジャンルは多岐にわたる。

ショートソング(枡野浩一)の刊行情報

  • 『ショートソング』集英社文庫、2006年11月17日

マンガ版

  • 小手川ゆあ『ショートソング』集英社:ジャンプ・コミックス デラックス、全2巻

  • 小手川ゆあ『ショートソング』ビーグリー:Kindle、全2巻

ショートソング(枡野浩一)の登場人物

国友 克夫
「短歌なチェリーボーイ」。19歳の内気な美男子。日本とカナダのハーフだが、英語は話せない。日本で生まれ、イタリアで少年時代を過ごしたが、いじめられていたこともあり自分に自信を持っていない。

伊賀 寛介
「短歌なプレイボーイ」。25歳。長身で眼鏡をかけている。20歳の時、「石川啄木短歌大賞」を受賞。その選考委員だった案山子の厳しいながらも的確な選評を読み、「ばれん」入会を決めた。女性にモテる。

須之内 舞子
国友が所属する大学の研究室の先輩。西荻窪在住。明るくサバサバとした性格で、面倒見が良い。国友のタイプで憧れの人だが、伊賀と付き合っている。

ショートソング(枡野浩一)の感想・解説・評価

恋愛と短歌を題材にした青春小説

本作の題材は、その「ショートソング」というタイトルの通り「短歌」だ。

この物語は、容姿はいいけれどダサイ男がひょんなことから短歌の会に参加することから始まる。先輩に憧れながら短歌を作り始め、彼は非凡な才能をいかんなく発揮していく…という筋書きだ。先輩に連れていかれた短歌の会では、伊賀寛介というプレイボーイが登場。短歌だけではなく、恋愛小説としても読むことができる。

かといって○○要素のある恋愛小説かというとそんなことはない。著者の枡野浩一が歌人ということもあり、作中には実際につくられた歌が挿入されている。そのため小説には不思議とリアリティーがあるのだ。大学生、恋愛、挫折、ライバル、成長なんてベタベタな要素が並んでいても、「どこかで読んだことあるような小説だな」と思って読み終わることもないだろう。

合わせて読みたい本

淋しいのはお前だけじゃな

短歌とショートストーリーをまとめた一冊です。

短歌に加えて、それにまつわるエピソードを読むことができるんですが、せつないですね。きっと共感できる短歌やエピソードが見つかると思います。

ショートソング(枡野浩一)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました