【おすすめ】阿部和重の全作品を一覧であらすじを紹介します

阿部 和重 あべ・かずしげ(1968年9月23日 – )

小説家。山形県東根市神町出身。日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に「アメリカの夜」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。2004年に『シンセミア』で伊藤整文学賞および毎日出版文化賞を、2005年に「グランド・フィナーレ」で芥川賞を受賞。『シンセミア』をはじめ、いくつかの作品には「神町」を中心とする設定上の繫がりがあり、インタビューなどでは《神町サーガ》の構想を語っている。

おすすめ作品ランキング

長い記事なので、先におすすめランキングを紹介します!

  • 1位:シンセミア
  • 2位:インディヴィジュアル・プロジェクション
  • 3位:無情の世界

作品年表リスト

『アメリカの夜』1994年

新次元への扉を開く小説の最進化形!
本当の自分を勝ち取るため、青年は頭と体を鍛え闘いの火蓋を切る。

映画学校を卒業し、アルバイト生活を続ける中山唯生。芸術を志す多くの若者と同じく、彼も自分がより「特別な存在」でありたいと願っていた。そのために唯生はひたすら体を鍛え、思索にふける。閉塞感を強めるこの社会の中で本当に目指すべき存在とは何か?新時代の文学を切り拓く群像新人文学賞受賞作。

『ABC戦争』1995年

N国・T地方・Y県の通学列車で起こった不良高校生の揉め事は、なぜヤクザを巻き込む全面抗争に発展したのか? そして事件の経緯を饒舌に語る「わたし」とは一体何者なのか? 複雑な語りのトリックが仕掛けられた、著者渾身の第二作。『ABC 阿部和重初期作品集』に収録。

  • 『ABC戦争』講談社
  • 『ABC戦争 plus 2 stories』新潮文庫
  • 『ABC 阿部和重初期作品集』講談社文庫

『インディヴィジュアル・プロジェクション』1997年

最後の一文字に驚愕する、知的スリルに満ちた現代文学の金字塔。渋谷で映写技師として働くオヌマは、かつてスパイ養成塾に在籍していた。オヌマの日記から伝えられる、プルトニウム爆弾を巡るヤクザとの攻防や、その撮影フィルムの存在……次第に気味悪く変調する日記は、一体何を明かすのか?

  • 『インディヴィジュアル・プロジェクション』新潮社、新潮文庫
  • 『IP/NN 阿部和重傑作集』講談社文庫

『公爵夫人邸の午後のパーティー』1997年

隠された意味の仮装を剥ぐ。
デビュー以来、新たな小説世界を提示し続け、絶賛を浴びる気鋭作家の短篇集。
ふたつのストーリーが呼応する表題作ほか、“全身キズだらけの男”が、自身の右瞼の傷の由来を語り始める「ヴェロニカ・ハートの幻影」を収録。

『無情の世界』1999年

現実と妄想の区別を失った男子高校生が、夜の公園で不気味な光景に遭遇した―― これは現実なのか? それとも悪夢なのか? 不穏な空気で満ちた、少年の手記。『ABC 阿部和重初期作品集』に収録。第21回野間文芸新人賞受賞作。

  • 『ABC 阿部和重初期作品集』

『ニッポニアニッポン』2001年

17歳の鴇谷春生は、自らの名に「鴇」の文字があることからトキへのシンパシーを感じている。俺の人生に大逆転劇を起こす!―ネットで武装し、暗い部屋を飛び出して、国の特別天然記念物トキをめぐる革命計画のシナリオを手に、春生は佐渡トキ保護センターを目指した。日本という「国家」の抱える矛盾をあぶりだし、研ぎ澄まされた知的企みと白熱する物語のスリルに充ちた画期的長篇。

  • 『IP/NN 阿部和重傑作集』

『シンセミア』2003年

神町。どこにでもあるようなこの片田舎の町は、戦後日本の縮図でもあった。米軍の占領政策の一端を担ったパン屋とヤクザ、田宮家と麻生家は神町で絶大な勢力となり、息子の代になっても両家の固い結びつきは続いていた–あの事件が起きた炎熱の夏までは。壮大なる構想の下に始まる「神町三部作」第一部。

『グランド・フィナーレ』2005年

「2001年のクリスマスを境に、我が家の紐帯(ちゅうたい)は解(ほつ)れ」すべてを失った“わたし”は故郷に還る。そして「バスの走行音がジングルベルみたいに聞こえだした日曜日の夕方」2人の女児と出会った。神町(じんまち)――土地の因縁が紡ぐ物語。ここで何が終わり、はじまったのか。第132回芥川賞受賞作。

『プラスティック・ソウル』2006年

阿部文学のエッセンス!幻の小説待望の刊行妄想、陰謀、記号、ドラッグ、皇居。世紀末東京を舞台に「シンセミア」、「グランド・フィナーレへ」と飛翔した阿部文学の本質を凝縮し描く幻の傑作、遂に刊行。

『ミステリアス・セッティング』2006年

歌を愛し、吟遊詩人を夢見ながらも、唄う能力を欠いた19歳の少女シオリ。唄うことを禁じられ、心ない者たちにその純粋さを弄ばれても夢を抱き続けるシオリに、運命はさらなる過酷な試練を突き付ける。小型核爆弾だというスーツケースを託され、東京の地下深くにひとり潜ったシオリが起こした奇跡とは?

『ピストルズ』2010年

菖蒲家--甘い香りと美しい歌声に満ち、世間から隔絶された夢の花園。だがその実態は、人心を自在に操る一子相伝の秘術を用いる魔術師一家が、一二〇〇年にわたって住まうディストピアだった。自分の代で忌まわしい伝承を断つつもりだった父は、一族の遠大な呪縛に絡め取られていく。谷崎潤一郎賞受賞作。

『クエーサーと13番目の柱』2012年

アイドルのあらゆる情報を入手せよ。ネット空間で過熱するパパラッチ競争の中で、元写真週刊誌記者のタカツキリクオは若き資産家カキオカによって選ばれたターゲットEDのミカをモニターするチームの一員として能力を発揮。しかし新メンバーの加入が緻密なチームプレイを徐々に狂わせていく。

『□(しかく)』2013年

『シンセミア』『グランド・フィナーレ』『ピストルズ』……
作品を発表するごとに、高い評価を得る阿部和重、
新たな世界を提示した最新長篇!

視覚、死角、刺客、詞客、始覚、四角……
あらゆる「しかく」が襲いかかる地獄の四面楚歌!
4つの季節で描く、作家初のホラーサスペンス。
破壊と再生の物語。

突如もたらされた奇妙で厄介なミッション。
巻き込まれた男は、恐怖の先にどんな風景を見るのか。

「角貝ササミを蘇らせるには、まずは三六五日以内に、特定の四つのパーツをすべてそろえなければならない。」

『Deluxe Edition(でらっくすえでぃしょん)』2013年

国際テロ組織リーダーの暗殺に夢中になる少年、大金を求めて福島の警戒区域に侵入するチンピラ、少年少女に暴行を受けるホームレス、旺盛な消費活動を続けるブルジョワ高齢者、おやじ狩りを繰り返す少年、婚活パーティーに参加するサラリーマン、SNSで友達をつくるナイジェリア出身の少女……

豪華な音楽に彩られた12本の短編が新たな世界の到来を予言する!文学の最先端を疾走する阿部和重が生み出した残酷で甘美な小説たち。

『ピストルズ』『クエーサーと13番目の柱』『□』と同時期に書かれた珠玉の短編を収録する芥川賞作家・阿部和重 最新作品集。

『キャプテンサンダーボルト』2014年

ゴシキヌマの水をよこせ―突如として謎の外国人テロリストに狙われることになった相葉時之は、逃げ込んだ映画館で旧友・井ノ原悠と再会。小学校時代の悪友コンビの決死の逃亡が始まる。破壊をまき散らしながら追ってくる敵が狙う水の正体は。話題の一気読みエンタメ大作、遂に文庫化。本編開始一時間前を描く掌編も収録!

『Orga(ni)sm オーガニズム』2019年

現実が終わり、伝説も終わる――

作家・阿部和重の東京の自宅に、ある夜、招かざる客が瀕死の状態で転がり込んできた。

その男・ラリーの正体は、CIAケースオフィサー。
目的は、地下爆発で国会議事堂が崩落したことにより首都機能が移転され、
新都となった神町に古くから住まう菖蒲家の内偵。
新都・神町にはまもなく、アメリカ大統領オバマが来訪することになっていた。

迫りくる核テロの危機。
新都・神町に向かったCIAケースオフィサーと、幼い息子を連れた
作家は、世界を破滅させる陰謀を阻止できるのか。

『シンセミア』『ピストルズ』からつづく神町トリロジー完結篇。
作家、3歳児、CIAケースオフィサーによる破格のロードノベル!

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
作品一覧
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました