【おすすめ】文月晃の全作品を一覧であらすじを紹介します

文月 晃 ふみづき・こう

漫画家。福岡県出身。1995年、『好きとは言わない』でデビュー。成年向け作品を手掛けた後、一般誌に進出。ヤングアニマルにて連載された『藍より青し』がアニメ化されるなどヒット作となった。

おすすめ作品ランキング

長い記事なので、先におすすめランキングを紹介します!

  • 1位:藍より青し
  • 2位:海の御先
  • 3位:僕とルネと青嵐

作品一覧リスト

※一般誌掲載作品のみ紹介しています。

藍より青し(1999年5月~2005年12月)

大学生・花菱薫のもとに現れた美少女・桜庭葵は、何と自分の許婚だった。薫は葵の申し出に戸惑うが、葵の要求をすぐには受け入れられない事情があった──。

  • 全17巻

藍より青しファイナルファンブック(2005年12月)

藍より青し コンプリート・ワークス―完全保存版画集(2006年3月)

海の御先(2007年9月~2014年5月)

東京から遠く離れた南海の孤島に一人で来た少年、後藤凪はそこで可憐な少女、鳴海雫に出会う。彼女はこの島に伝わる「龍神伝説」を彼に話したが、その伝説は二人の運命を大きく変えるものだった…。純愛漫画の傑作『藍より青し』の文月晃が贈る、南の島での新たな恋愛物語の始まりです。

  • 全15巻

頂!(2013年7月~)

お嬢様学校の登山部を舞台に女の子4人が山の頂を目指す!! ちょい百合風味のJK“山ガール”ストーリー!! 文月晃、待望の新作第1巻!

僕とルネと青嵐(2016年6月~2016年12月)

美大生としてマイペースに過ごしていた創一は大学で憧れの画家・青嵐(せいらん)が描いた一枚の絵に出会う。創一はその絵を見て青嵐の元に研修に行くことを決めるが!?

  • 全3巻
この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画作品一覧
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました