迷路館の殺人(綾辻行人)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

館シリーズの第三作。

作品情報

タイトル
迷路館の殺人
著者
綾辻行人
形式
小説
ジャンル
ミステリ
執筆国
日本
版元
講談社
初出
書き下ろし
刊行情報
下記
受賞歴
このミステリーがすごい!1988年第7位

あらすじ(ネタバレなし)

奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。招かれた四人の作家たちは莫大な“賞金”をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕でもあった。周到な企みと徹底的な遊び心でミステリファンを驚喜させたシリーズ第三作、待望の新装改訂版。初期「新本格」を象徴する傑作。

作者

綾辻 行人 あやつじ・ゆきと(1960年12月23日 – )

京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。京都大学院博士後期課程修了。在学中は京都大学推理小説研究会に所属する。1987年に『十角館の殺人』でデビュー。「新本格ミステリ」ムーヴメントの嚆矢となる。1992年に『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。「館」シリーズという一連の長編は、現代本格ミステリを牽引しつづけている。ミステリ、ホラー、怪談など幅広く活躍。代表作に『十角館の殺人』『時計館の殺人』『Another』など。

刊行情報

  • 1988年9月 講談社ノベルス
  • 1992年 講談社文庫
  • 新装改訂版(2009年11月 講談社文庫)

登場人物

宮垣 葉太郎(みやがき ようたろう)
推理作家。60歳。“迷路館”の主人。戦後間もない1948年に21歳の若さでデビューし、以来、推理小説界を席巻してきた、推理作家界の重鎮。

清村 淳一(きよむら じゅんいち)
推理作家。30歳。デビュー前は小さな劇団に所属していた。一見すると好青年だが、一筋縄では行かない性格。

須崎 昌輔(すざき しょうすけ)
推理作家。41歳。中世ヨーロッパを舞台にした本格ミステリを得意とする。作家としての実力は編集者である宇多山も認めるほど高いが、非常に遅筆。

舟丘 まどか(ふなおか まどか)
推理作家。30歳。デビュー当時は若くて美人の女流新人作家として注目されたが、その後は伸び悩みの状態が続く。

林 宏也(はやし ひろや)
推理作家。27歳。

島田 潔(しまだ きよし)
探偵。推理小説マニア。中村青司の館を見たくて“迷路館”へ向かっていたところ、宮垣と知り合う。

感想・解説・評価

合わせて読みたい本

十角館の殺人

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける! 1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。

著者のデビュー作ともなったシリーズ第1作。

館シリーズは刊行順に読んでいくべき作品です。読んでいなかったら読むべき!

霧越邸殺人事件

信州の山中に建つ謎の洋館「霧越邸」。訪れた劇団「暗色天幕」の一行を迎える怪しい住人たち。邸内で発生する不可思議な現象の数々…。閉ざされた“吹雪の山荘”でやがて、美しき連続殺人劇の幕が上がる!

霧越「邸」と館シリーズではありませんが、謎の洋館を舞台としたミステリ作品。

同じく見立て殺人を題材としているなど、本格志向な作品です。

評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました