小説

太陽の塔(森見登美彦)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

京都大学の男子学生が、ふられたかつての恋人を「観察と研究」という名目で追いかける物語だ。主人公は決して「未練からのスト...
2020.06.03

対訳 ジョン・ダン詩集―イギリス詩人選(2)の概要・解説・感想

対訳 ジョン・ダン詩集―イギリス詩人選(2)の作品情報 タイトル 対訳 ジョン・ダン詩集 ...
2020.04.06
漫画

富江(伊藤潤二)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

川上富江は、長い黒髪、妖しげな目つき、左目の泣きぼくろが印象的な、絶世の美貌を持った少女。性格は傲慢で身勝手、自身の美...
2020.04.06
漫画

暗黒神話(諸星大二郎)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

日本神話、インド神話、古代史、宇宙論、バラモン教や孔子や仏陀を描いた壮大な物語。 暗黒神話(諸星大二郎)の作...
2020.04.06
漫画

永沢君(さくらももこ)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

『ちびまるこちゃん』でおなじみの、タマネギ頭小僧・永沢君の中学校時代を描いた物語。野口さんなど『ちびまるこちゃん』に逆...
2020.04.06
随筆・エッセイ

貧乏サヴァラン(森茉莉)のあらすじ・解説・感想

貧乏サヴァラン(森茉莉)の作品情報 タイトル 貧乏サヴァラン 著者 森茉莉 形式 ...
2020.04.06
戯曲

楡の木陰の欲望(ユージン・オニール)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

十九世紀半ばのニュー・イングランド。ある農家の上におおいかぶさっている不吉な楡の木の下で、偏狭な老父を中心に、先妻の息...
2020.04.06
小説

昨日(アゴタ・クリストフ)のあらすじ(ネタバレあり)・感想・評価

昨日(アゴタ・クリストフ)の作品情報 タイトル 昨日 著者 アゴタ・クリストフ 形...
2020.04.06

吉増剛造詩集(吉増剛造)の概要・解説・感想

現代日本を代表する先鋭的な詩人の一人として高い評価を受けている吉増剛造。その代表的な青春詩篇を収める。 吉増剛造...
2020.04.06
小説

われはロボット(アイザック・アシモフ)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

ロボット工学三原則が初登場する近未来SF短篇集。創作の世界だけではなく、実際のロボット開発にも大きな影響を与えた。 ...
2020.04.06
漫画

海獣の子供(五十嵐大介)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

名手・五十嵐大介の初となる長編作品。自然世界への畏敬を下地に“14歳の少女”と“ジュゴンに育てられた二人の兄弟”とのひ...
2020.04.27
漫画

茄子(黒田硫黄)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

老若男女、国籍を問わず繰り返される人のいとなみ。家族、恋愛、友情、勉強、仕事……。なにげない日常のなかの人間関係を、ナ...
2020.04.05
日記

自殺直前日記(山田花子)の概要・解説・感想

1992年高層住宅の11階から飛び降り自殺し、24年の短い生涯を終えた漫画家・山田花子の書き遺した日記。 自殺直...
2020.04.05
小説

99999 ナインズ(デイヴィッド・ベニオフ)のあらすじ(ネタバレあり)・感想

走行距離計の数字が回転する瞬間を楽しみに待つドラマーと、そんな彼を捨ててゼロがいくつも並ぶ契約書にサインする女性歌手の...
2020.04.05
小説

恋する原発(高橋源一郎)のあらすじ(ネタバレなし)・書評・感想

不謹慎上等、原発事故直後に発表され大議論を巻き起こした問題作。『恋する原発』 恋する原発(高橋源一郎)の作品情報...
2020.04.05
随筆・エッセイ

美味礼讃(ブリア=サヴァラン)の概要・解説・感想

美食家でもあったジャン・アンテルム・ブリア=サヴァランによる、食事にまつわる事柄について哲学的考察を進めてゆく随筆集で...
2020.04.05
哲学

パイドン 魂の不死について(プラトン)の概要・解説・感想

ソクラテスの死刑当日を舞台とした作品であり、『メノン』に続いて想起説が取り上げられる他、イデア論が初めて登場する重要な...
2020.04.05
小説

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)のあらすじ(ネタバレあり)・考察・感想

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)の作品情報 タイトル クレーヴの奥方 著者 ラファ...
2020.04.05
歴史

論語 増補版(加地伸行)の概要・解説・感想

論語 増補版(加地伸行)の作品情報 タイトル 論語 増補版 著者 加地伸行 形式 ...
2020.04.05
学術書

レトリック感覚(佐藤信夫)の概要・感想

「直喩」「隠喩」「換喩」「提喩」などの表現、さらに様々な文章例から、日本人の立場で在来の修辞学に検討を加えた好著。 ...
2020.04.05
タイトルとURLをコピーしました