【おすすめ】玉置勉強の全作品を一覧であらすじを紹介します

玉置 勉強 たまおき・べんきょう(1973年4月6日 – )

漫画家。東京都新宿区生まれ。多摩美術大学美術学部デザイン科卒。1994年、成年向け漫画誌『漫画クリスティ』平成7年1月冬号に短編『フリーク・アウト』が掲載されデビュー。1998年、『ヤングマガジンアッパーズ』に連載された『恋人プレイ』で一般向け漫画誌にも進出した。近年は一般向け漫画誌での活動に専念している。

おすすめ作品ランキング

長い記事なので、先におすすめランキングを紹介します!

  • 1位:親父の愛人と暮らす俺
  • 2位:東京赤ずきん
  • 3位:クロズキン

作品年表リスト

※一般向け作品のみ紹介しています。

恋人プレイ(1998年11月~1999年4月)

彼女は鞭で打たれていた。僕はギターを弾いていた。そして2人は恋をした。

  • 全2巻

現実逃避しがちな主人公・佐伯は、全裸で引き回されてるM女に出逢う。その女は同級生だった…

ジャンルとしては恋愛漫画だと思います。

エロ・SM描写が目立ちますが、個人的には登場人物の心理描写に注目した作品でした。恋愛とは、恋人とは…そんな深いテーマに踏み込んだ作品です。

BLOOD THE LAST VAMPIRE 2000(2001年4月)

人類の歴史の影で暗躍してきた吸血鬼「翼手」。彼らに対抗し、日本刀を武器に吸血鬼を狩り続ける少女「小夜」。様々な時代で繰り返される壮絶な戦いの中、2000年の横浜が舞台となるコミック版が登場!

東京赤ずきん(2004年6月~2006年9月)

銃と暴力に支配された近未来の東京で若い男女が狙い殺される。容疑者は不死身の少女、赤ずきん。彼女の願いはただひとつ、運命の人=狼に食べられること…奇才・玉置勉強が放つダークファンタジー。

  • 全4巻

ねくろまねすく(2007年10月~2009年8月)

  • 全3巻

彼女のひとりぐらし(2010年7月~2012年9月)

輿水理香、26歳独身。ただいま仕事に恋に、奮闘中! …だったらいいなぁと思う、最下層のフリーランサー。ひとりぐらし歴X年、彼氏いない歴X年…。脳内彼氏を妄想したり、ゲームしたり、飲酒したりと、ひとりで悶々とした日々を満喫中!?

  • 全3巻

表紙の美人のだらしない日常生活を描いた作品です。めっちゃ酒を飲んだくれてます。

美人のキラキラした生活…ではなく、一人暮らしのあるあるネタがふんだんに盛り込まれています。

下着など時折セクシーなカットはあるものの、これまでの玉置勉強作品のようなエログロSM描写はありません。性よりも日常ネタが主なので、エログロ好きな方は肩すかしを喰らうかも。

ちゃりこちんぷい(2012年1月~2012年10月)

入部したフォーク&ロック部に馴染めずにいたバンド少年・チョコ。同じく、所属クラスに馴染めずにいる少女3人組、まれ&マキミキ&インチョー。放課後の第二音楽室で悶々とした青春の懊悩を鋭い“音”にして吐き出す仲良し3人(プラス1)。ユル〜くホンキな高校生たちが送る青春×ブルーズストーリー!!

  • 既刊2巻

親父の愛人と暮らす俺(2014年2月~2016年2月)

不登校の高校生・太郎と24歳の智奈子。同じ家で暮らす二人だが、実は智奈子は太郎の父親の愛人。家にほとんど帰ってこない父親が、太郎の世話をさせようと住まわせたのだった。最初はとまどう二人だったが、同居生活は始まって…?

  • 全3巻

ちっくたっく(2015年2月)

ゆるっと・女子高生×スケボー・コミック!! 自由な校風ゆえに個性的な生徒たちが集まる私立満天学園を舞台に、これまたそれぞれ異彩を放つ個性派女子高生のむにょと志織にシェリー、さらに志織の妹で新入生の佳織も加わった女のコ4人組が活動するスケボー部のスローで楽しい毎日をお届け♪

猫まち主従(2015年2月~2016年2月)

厳然たる階級社会で暮らす猫人間たちによる、新生活ラブエロコメディ! ――貴族階級のダオは親元を飛び出し、従者のクロスケと共同生活をスタートする。ワガママほーだいのセレブお嬢のダオは、はたして市井で自立ができるのか!?

  • 全2巻

彼女のひとりぐらし 大盛(2017年5月)

輿水理香、26歳独身。ただいま仕事に恋に、奮闘中! …だったらいいなぁと思う、最下層フリーランサー。ひとりぐらし暦X年、彼氏いない暦X年…。脳内彼氏を妄想したり、ゲームしたり、飲酒したりと、ひとりで悶々とした日々を満喫中!?大ヒット“超おひとりさま”ストーリー、「彼女のひとりぐらし」全3巻に、単行本未収録だった番外編も加えて、お手頃価格で登場!!

『彼女のひとりぐらし』1‐3巻と未収録話の合冊本です。

彼女のひとりぐらし ツーアウト満塁(2017年5月)

輿水理香、28歳独身のフリーランサー。ひとりぐらし歴X年、彼氏いない歴X年…。仕事と同じくらい、プライベートも充実させたいと思い立ったはいいけれど、どこに行けば恋ってできるの…!? 大ヒット“超おひとりさま”ストーリー、復活!!

パフェが好きでもいいじゃない(2017年6月)

女子プロサッカーチームの頼れるキャプテン・伊勢裕香。
普段はチームをバチバチ引っ張る大黒柱だけれど、
女子だもの、時にはちょっと甘えたい…
そんな彼女を唯一癒やしてくれるのは…そう、パフェなんです!!

えっち すけっち わんたっち~僕がおしっこに目覚めるまで~(2018年11月)

絶対に下着がみえない花屋敷さんの研究と考察(2019年5月)

私立青春高校2年の花屋敷さん(16)は才色兼備の高嶺の花。多くの生徒を惑わせるその魅力から、学園には「彼女のパンチラをみると願いが叶う」という伝説が囁かれている。しかし、クールな反面、極度の恥ずかしがり屋である彼女は「絶対に下着がみえない方法」を熟知していた。それゆえに学園では日夜、願いを叶えたい生徒たちと、パンチラをみられたくない花屋敷さんとの、スカートを巡る戦いが繰り広げられているのであった…。

クロズキン(2019年8月~)

鬼才が描く、原点にして至高。戦慄の近未来暗黒童話──再び。 「……僕はお姉さまと違って
失敗は許されないから──…」暴力、痛み、血、性。金髪碧眼の孤独な少女が、黒いフードを目深に被り非情な戦いに身を投じる…。

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
作品一覧
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました