TUGUMI(吉本ばなな)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

病弱な少女つぐみが、夏に帰省してきた従姉妹のまりあと町で遭遇した日の出来事を描いたベストセラー。

TUGUMI(吉本ばなな)の作品情報

タイトル
TUGUMI
著者
吉本ばなな
形式
小説
ジャンル
青春
執筆国
日本
版元
中公公論社
初出
マリ・クレール、1988年4月号~1989年3月号
刊行情報
中公文庫
受賞歴
第2回山本周五郎賞

TUGUMI(吉本ばなな)のあらすじ・概要

病弱で生意気な美少女つぐみと海辺の故郷で過した最後の日々。二度とかえらない少女たちの輝かしい季節を描く切なく透明な物語。

TUGUMI(吉本ばなな)の目次

作者

吉本 ばなな よしもと・ばなな(1964年7月24日 – )

小説家。東京都文京区出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。同年、「キッチン」が第6回海燕新人文学賞を受賞しデビュー。1989年に刊行された『TUGUMI』が年間ベストセラーの総合1位を記録した。

TUGUMI(吉本ばなな)の刊行情報

『TUGUMI』 中央公論社、1989年3月20日
『TUGUMI』 中公文庫、1992年

映画版関連動画

映画『つぐみ』松竹、1990年10月20日
監督:市川準、出演:牧瀬里穂、中嶋朋子、白島靖代、真田広之、安田伸、渡辺美佐子

映画『つぐみ』を全編無料視聴できる配信一覧

映画『つぐみ』を全編無料視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには最長31日間の無料お試し期間があり、その無料期間内に解約してしまえばお金を払うことなく動画を視聴することができます。

Hulu
U-NEXT
Amazonプライムビデオレンタル
TSUTAYA TV
Netflix

TUGUMI(吉本ばなな)の登場人物

白河まりあ(私)
つぐみの1歳年上の従姉で物語の語り手。大学生。幼い頃から頻繁につぐみの悪戯の被害を受けているが仲はよく、つぐみのことをよく理解している。

山本つぐみ
まりあの母の妹の娘。生まれつき病弱で入院や自宅療養を繰り返してきた少女だが、甘やかされて育ったため、粗野でわがままで口が悪い。その一方、高い感受性と努力家な一面も併せ持っている。容姿端麗である上に外面がよく、地元一の美人との評判がある。

山本陽子
つぐみの2歳上の姉で女子大生。性格はつぐみと違い温和で、涙もろい。

TUGUMI(吉本ばなな)のあらすじ詳細

お化けのポスト

母の嫁ぎ先である山本旅館の離れにまりあは、母と二人で住んでいた。

中学二年の春、祖父が亡くなり、心の底から滅入っていたが、いとこのつぐみが祖父が書いた手紙を持ってくる。しかし、手紙はつぐみが書いたものだった。まりあは激怒するが、つぐみが謝ったことにびっくりする。この出来事をきっかけにまりあとつぐみは、本当に仲良くなる。

春と山本家の姉妹

まりあが東京に移り住むことが決まり町で暮らす最後の頃、ポチの散歩をしに毎朝浜へ行っていた。散歩へポチとつぐみもついてくる。

つぐみの姉の陽子ちゃんとケーキ屋のアルバイトをしていたまりあは、最後のバイト料をもらいに行き陽子ちゃんと一緒に帰ってくる。まりあは、悲しいくらい懐かしくなるとき、浜で犬と遊ぶつぐみと自転車を引いて夜道を歩く陽子ちゃんの場面を思い出す。

人生

まりあと母と父とで三人で暮らし始めた。街中で父を見かけ、父の長い生活を垣間見る。海を恋しく感じていたまりあは、銀座の街で母と潮の匂いを感じる。つぐみからの電話で旅館がたたまれることを知り、山本屋最後の夏に向かうことになった。

よそ者

町に帰ってきたまりあだが、ほんの少しよそ者の気分になる。つぐみとポチの散歩に出かけた際に、犬をきっかけに最後の夏を共にする武内恭一と出会う。

夜のせい

まりあは、小学校の高学年の頃にまりあ、つぐみ、陽子ちゃんが夢中になっていたTV番組が終わり、三人で散歩をした夜のことを思い出す。

夜につぐみに起こされ、物干し台に出ていると恭一と再会する。恭一に対して、いつもと同じしゃべり方をするつぐみを指摘するが、「きっと、夜のせいだろう」とつぐみは言う。

告白

朝から降る雨の日、つぐみは寝込んでいる。本屋に行ったまりあは恭一と会い、つぐみの見舞いに誘う。つぐみと恭一が互いに持つ興味の集中を感じとる。

見舞いに来た恭一は、つぐみに「何かひとつ話をしてくれ」と言われ、子供の頃の「タオルの話」をする。そして、つぐみは恭一に告白する。

父と泳ぐ

浜を歩く、つぐみと恭一は人目をひいていた。

父がバスで町にやってきた。父が海で泳ぐ姿を遠い夢の一部のように感じ、翌日東京へ帰る父を想像し、帰るところがあることを実感する。父がつぐみに運命の女神に語りかけるように、恋に関して語る。翌日、父の見送りに行った帰り、別れをひとつも忘れたくないと、まりあは思う。

祭り

祭りをひかえたある日、まりあはつぐみと同様に熱を出して寝込んでいた。祭りの夜までに二人の身体の調子は戻り、つぐみとまりあと恭一と陽子ちゃんの四人で出かけることになる。

窮屈な行列の中、つぐみと恭一の間を通って行った男を恭一は下駄で殴った。その男は、ホテルの御曹司であり、地元一の美人であるつぐみと付き合っている、恭一を恨み暴行した内の一人だった。その後、恭一の泊まっている宿に行き、四人は花火をほとんど無言のままで、見ていた。

怒り

つぐみは、中学の頃に最高に仲が悪い女の子に皮肉なことを言われ、椅子でガラスを叩き割った。止めに入ったまりあは、怒りで熱を発散しているつぐみに驚き、「生命を持ち、彼女の体内をめぐっていた」ことについて、いつまでも考えていた。

権五郎がさらわれた。恭一、陽子ちゃん、まりあ、つぐみの四人で探し、つぐみが見つけ出した。翌日、恭一は権五郎をさらった男のうちの一人を見つけ、むちゃくちゃに殴った。しかし、権五郎は再び攫われてしまい四人で探すが見つけられなかった。

恭一が船で帰る際、まりあとつぐみと陽子ちゃんは、港へ見送りに来ていた。つぐみは別れ際、恭一の首に抱きついた後、船の方へ押し出し船がゆくのを見ていた。

つぐみは、権五郎とうりふたつの犬を借りてきて、まりあに権五郎を殺した奴の一人に見せて驚かせてきたと言う。しかし、その後陽子ちゃんにつぐみが庭に穴を掘り、男を閉じ込めていたことを知らされる。まりあは、体力の限界をとっくに超え自分の命を投げ出し、ひとりきりの思考で生きてきたつぐみに気付く。

面影

つぐみはすぐに入院してしまう。つぐみが入院した翌日、恭一が帰ってきた。まりあは、東京へ戻る前日、つぐみのお見舞いに行く。そこでつぐみの死を感じてしまう。そして、東京へ戻り、まりあの夏が終わりを向える。

つぐみからの手紙

東京に帰って暫く、まりあはぼんやりとしていた。父が足の骨を折った日につぐみの容態の悪化の報せがあった。まりあと母は翌日に看病に行くことにしたが、翌朝につぐみが持ち直したと連絡がきた。

数日後、つぐみから電話がかかってきた。つぐみは、自分は死ぬはずだったこと、まりあへ手紙を書いたことを伝える。

TUGUMI(吉本ばなな)の感想・解説・評価

美しい儚げな雰囲気が心地よい傑作

主人公の大学生・まりあは、子ども時代を過ごした伊豆の旅館に帰省します。本作では、まりあと、従姉妹の陽子と病弱な少女・つぐみが過ごす、ひと夏の日々を描いています。吉本ばななが「あの夏のことを書き残しておきたかった」としているように、主人公・まりあが過去の思い出を振り返るという形で書かれています。

小説では、大学生になったまりあの物語と、子どものときの懐かしいエピソードが語られていきます。劇的なドラマが展開されるというよりも、日常的な思い出がづつられています。

その描写が美しく儚げなのです。夜眠れなくて散歩をする場面があります。ただ、散歩をしているだけで、大きな事件に遭遇するわけでもありません。それでも青春の1ページとして、とても綺麗に素敵に紹介されます。

読み終わると、まりあ、つぐみ、陽子の姿がキラキラと輝いていること、作者の描写が光る海や街の素晴らしさが心に残ります。デビューしたばかりの時期に書かれた作品ですが、完成度はとても高い。なんどでも読み返したくなる作品です。

合わせて読みたい本

TUGUMI(吉本ばなな)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました