TUGUMI(吉本ばなな)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

病弱な少女つぐみが、夏に帰省してきた従姉妹のまりあと町で遭遇した日の出来事を描いたベストセラー。

TUGUMI(吉本ばなな)の作品情報

タイトル
TUGUMI
著者
吉本ばなな
形式
小説
ジャンル
青春
執筆国
日本
版元
中公公論社
初出
マリ・クレール、1988年4月号~1989年3月号
刊行情報
中公文庫
受賞歴
第2回山本周五郎賞

TUGUMI(吉本ばなな)のあらすじ・概要

病弱で生意気な美少女つぐみと海辺の故郷で過した最後の日々。二度とかえらない少女たちの輝かしい季節を描く切なく透明な物語。

作者

吉本 ばなな よしもと・ばなな(1964年7月24日 – )

小説家。東京都文京区出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。同年、「キッチン」が第6回海燕新人文学賞を受賞しデビュー。1989年に刊行された『TUGUMI』が年間ベストセラーの総合1位を記録した。

TUGUMI(吉本ばなな)の刊行情報

  • 『TUGUMI』 中央公論社、1989年3月20日
  • 『TUGUMI』 中公文庫、1992年

映画版関連動画

映画『つぐみ』松竹、1990年10月20日

監督:市川準、出演:牧瀬里穂、中嶋朋子、白島靖代、真田広之、安田伸、渡辺美佐子

映画『つぐみ』を全編無料視聴できる配信一覧

映画『つぐみ』を全編無料視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには最長31日間の無料お試し期間があり、その無料期間内に解約してしまえばお金を払うことなく動画を視聴することができます。

Hulu
U-NEXT
Amazonプライムビデオレンタル
TSUTAYA TV
Netflix

TUGUMI(吉本ばなな)の登場人物

白河まりあ(私)
つぐみの1歳年上の従姉で物語の語り手。大学生。幼い頃から頻繁につぐみの悪戯の被害を受けているが仲はよく、つぐみのことをよく理解している。

山本つぐみ
まりあの母の妹の娘。生まれつき病弱で入院や自宅療養を繰り返してきた少女だが、甘やかされて育ったため、粗野でわがままで口が悪い。その一方、高い感受性と努力家な一面も併せ持っている。容姿端麗である上に外面がよく、地元一の美人との評判がある。

山本陽子
つぐみの2歳上の姉で女子大生。性格はつぐみと違い温和で、涙もろい。

TUGUMI(吉本ばなな)の感想・解説・評価

美しい儚げな雰囲気が心地よい傑作

主人公の大学生・まりあは、子ども時代を過ごした伊豆の旅館に帰省します。本作では、まりあと、従姉妹の陽子と病弱な少女・つぐみが過ごす、ひと夏の日々を描いています。吉本ばななが「あの夏のことを書き残しておきたかった」としているように、主人公・まりあが過去の思い出を振り返るという形で書かれています。

小説では、大学生になったまりあの物語と、子どものときの懐かしいエピソードが語られていきます。劇的なドラマが展開されるというよりも、日常的な思い出がづつられています。

その描写が美しく儚げなのです。夜眠れなくて散歩をする場面があります。ただ、散歩をしているだけで、大きな事件に遭遇するわけでもありません。それでも青春の1ページとして、とても綺麗に素敵に紹介されます。

読み終わると、まりあ、つぐみ、陽子の姿がキラキラと輝いていること、作者の描写が光る海や街の素晴らしさが心に残ります。デビューしたばかりの時期に書かれた作品ですが、完成度はとても高い。なんどでも読み返したくなる作品です。

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました