【おすすめ】青木幸子の全作品を一覧であらすじを紹介します

青木 幸子 あおき・さちこ

漫画家。

おすすめ作品ランキング

長い記事なので、先におすすめランキングを紹介します!

  • 1位:茶柱倶楽部
  • 2位:ZOO KEEPER
  • 3位:ぴりふわつーん

作品年表リスト

ZOO KEEPER(2006年9月~2009年7月)

動物の守護者が見つめる、リアルな動物園の世界! ただ「見る」だけではわからない、人と動物の深い“つながり”。温度が視認できるという特殊能力を持つ主人公「楠野香也」の動物園での活躍を描いた長編漫画。

  • 全8巻

王狩(2010年10月~2011年11月)

将棋の王を狩る、果て無き闘い! 勝つことだけが、王へ近づく唯一の道――。少女は盤上のヴァルキリーとなる!

  • 既刊3巻

プロ棋士を目指す者が集う養成機関・奨励会を舞台にした将棋漫画です。

メインになるのはプロを目指す思春期の子どもたち。厳しい勝負の世界を描いた漫画ならではというべきか、腹黒さや厳しい感情表現もあります。

茶柱倶楽部(2010年10月~2015年12月)

召しませ、旨し茶! なじみある日本茶を「五感で」味わう贅沢…あなたの知らないお茶がここにある。茶の申し子、鈴が煎れる極上の一杯をご堪能あれ。香り立つ本格派日本茶コミック、待望の第1巻!

  • 全8巻

ぴりふわつーん(2017年4月~2018年8月)

ほんの少しでいつものメニューが見ちがえる、スパイス&ハーブの魔術をひもとくグルメ漫画の新境地!
ぴりりと辛く、ふわっと香り、つーんとしみる…小さいけれどニクいやつ。見なれたメニューを格上げする秘策はスパイス&ハーブにあり!
「香りカプセル」搭載の柚子、「香辛料の王」黒胡椒、「柑橘」と相性良しな生姜。身近に思えて意外と知らない「名脇役」の世界をご案内します。
第1巻のスペシャリテは、香りすぎな柚子を使った野菜スティック、白胡椒でぬくぬくカフェオレ&ココア、スパイスの王・黒胡椒のオムライス、生姜どっさりなのに辛くないばあちゃんの生姜焼き!

  • 全4巻
この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
作品一覧
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました