勤番グルメ ブシメシ!(土山しげる)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

作品情報

タイトル
勤番グルメ ブシメシ!
著者
土山しげる
形式
漫画
ジャンル
歴史
グルメ
執筆国
日本
版元
リイド社
初出
コミック乱
刊行情報
SPコミックス

あらすじ(ネタバレなし)

江戸へ単身赴任していた、勤番者・酒井伴四郎が書き残した日記には幕末の食べ物事情が事細かに描かれていました。
その日記を元に、幕末グルメを再現するのはグルメ漫画の第一人者である土山しげる!
日々のメシ事情に一喜一憂する姿は、あなたの胃袋に響くことうけあい!

目次

  • 湯豆腐と田楽
  • 鶏鍋と鍋の刺身
  • 蛤鍋と鯖の塩物
  • 登城見物と鮓
  • 御鷹の鳩と泥鰌
  • 蕎麦と穴子の甘煮
  • 鯵の干物と炊き立て飯
  • 鰹のたたき
  • 南京汁と胡椒飯
  • 異人と釜焼玉子

作者

土山 しげる つちやま・しげる(1950年2月20日 – 2018年5月24日)

漫画家。石川県金沢市出身。拓殖大学中退。大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授。望月三起也のもとでアシスタントを経験したのちに、1973年に『月刊少年チャンピオン』にて『ダラスの熱い日』でデビュー。グルメ漫画を数多く手がけ、『食キング』、『喰いしん坊!』など新境地を開拓した。2018年、がんのため死去。

刊行情報

登場人物

酒井伴四郎(さかい ばんしろう)
主人公。28歳。紀州和歌山藩の下級武士。万延元年に国元に妻子を残して江戸勤番として単身赴任してきた。職務は藩主が様々な場で着用する装束の着用指導に当たる「衣紋方」。料理の腕は良く、作った料理を他の登場人物に褒められることも多い。

宇治田平三(うじた へいぞう)
伴四郎の叔父。伴四郎に同行し、江戸勤番を務める。食い意地が張っており、伴四郎が炊いていた飯や買って来たおかずを密かに食べてしまうこともある。

五郎右衛門(ごろうえもん)
姓は矢野、伴四郎の同僚。伴四郎と連れ立って遊びに行くこともある。

喜代助(きよすけ)
紀州藩士。同じ長屋に住んでいる。

玄潤(げんじゅん)
医師。伴四郎の部屋に遊びに来て酒を飲む仲。

感想・解説・評価

江戸へ単身赴任した下級武士の幕末食べ物日記

合わせて読みたい本

野武士のグルメ

定年を迎えたばかりの香住武(60歳)は、第二の人生を静かに歩きはじめた。ある日の昼下がり、散歩の途中で小腹が空いた香住は、ソースの焦げた匂いに誘われて一件の食堂へ。夏の名残、少し歩くと汗ばむ九月。壁のメニューに「ビール」をみつけ、迷いながらも注文。35年のサラリーマン生活では平日の昼間にビールなんて考えられなかった。罪悪感、優越感、高揚感が頭を渦巻く。だが、その瞬間に一杯の旨さ、ひとり飯の快感に出会ってまう。それをきっかけに香住の「ひとり飯」との戦いが始まるのだが、そのハードルは意外に高く、彼を思い悩ませてばかり……。だが、食べたいものが脳裏に浮かぶと、もう食べずにはいられないのだ!!

定年を迎え、サラリーマン生活を終えたリタイア組が主人公。

昼からお酒を飲んだりと、食生活は自由気まま。食べることより、飲むことが好きな方向けかも。

評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望。高校時代からブログを始め、一時中断後、読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログを再開。普段は本を読みつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、囲碁、株式投資、マジック:ザ・ギャザリングも好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました