楡の木陰の欲望(ユージン・オニール)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

十九世紀半ばのニュー・イングランド。ある農家の上におおいかぶさっている不吉な楡の木の下で、偏狭な老父を中心に、先妻の息子と淫蕩な後妻とが展開する愛欲絵巻はさながらトルストイの『闇の力』を思わせるほどの傑作で、従来のアメリカ戯曲には見られない深刻さを持つ作品に仕上がっている。

楡の木陰の欲望(ユージン・オニール)の作品情報

タイトル
楡の木陰の欲望
著者
ユージン・オニール
形式
戯曲
ジャンル
悲劇
執筆国
アメリカ
版元
不明
執筆年
不明
初出
初演、1924年
刊行情報
岩波文庫、1951年
翻訳者
井上宗次

楡の木陰の欲望(ユージン・オニール)のあらすじ(ネタバレなし)

19世紀半ば、ニュー・イングランドの楡の木陰に立つ農家。兄二人は均衡を求めて西部へ去り、弟エビンが一人残っている。老父は彼の前に三度目の結婚相手アビーを連れてきた。近親相姦、嬰児殺しと、一つの罪は新たな罪を生み、ついには犯した罪の報いを受けて一切が解決する。

楡の木陰の欲望(ユージン・オニール)の目次

  • 第一部
  • 第二部
  • 第三部

作者

ユージン・グラッドストーン・オニール(1888年10月16日 – 1953年11月27日)

アイルランド系アメリカ人。劇作家。アメリカの近代演劇を築いた劇作家として知られる。1936年、ノーベル文学賞受賞。
もっと読む【おすすめ】ユージン・オニールの主要作品を一覧であらすじを紹介します

楡の木陰の欲望(ユージン・オニール)の刊行情報

  • 和田利政、森永義一訳『楡の木蔭』世界近代劇叢書 第5輯、金星堂、1927年
  • 加来章子編『楡の下の慾望』文芸春秋社出版部、1927年
  • おすすめ井上宗次訳『楡の木陰の欲望』岩波文庫、1951年
  • 菅原卓訳『楡の樹蔭の慾望』現代世界戯曲選集 第9、白水社、1954年
  • 清野暢一郎訳『楡の木蔭の欲望』角川文庫、1958年
  • 菅泰男訳『楡の木の下の欲望』オニール名作集、白水社、1975年
  • 西田実訳『椰子の木陰の欲望』世界文学全集 8、講談社、1980年

楡の木陰の欲望(ユージン・オニール)の登場人物

エビン・キャボット
25歳。イーフレイムの三男。背が高くたくましい体格。

シミアンとピーター
エビンの2人の兄。シミアンが39歳、ピーターが37歳。裕福と自由を求めて西部の金鉱をへ向かう。

イーフレイム・キャボット
エビンたち3人の父親。75歳。背が高くやせている。

アビー・パトナム
35歳。イーフレイムが後妻として家に連れてくる女性。小太りで健康。丸顔。

楡の木陰の欲望(ユージン・オニール)のあらすじ(ネタバレあり)

楡の木陰の欲望のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまで簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

第1幕

・シーン1

この劇は、ニュー・イングランドの農家で始まる。二人の兄弟は、西部の金鉱について話を交わす。2人の兄は、二か月前に西に向かって行方不明になった父親が死んでしまったと推測する。その間エビンは夕焼けを見つめながら「親父なんて死んでればいい」と口にする。

・シーン2

3人の兄弟は夕食を食べている。シミアンとピーターは父親の悪口を言ったエビンを注意する。だが、エビンは母が亡くなったのは父のせいだという。その後3人は畑の所有権についても言い争い、エビンは地元の娼婦の元へ向かう。2人の兄はそのエビンの姿が父親に似ていると言い合う。

・シーン3

エビンは遅く帰宅し、兄弟を起こす。エビンは父が若い女性と再婚し、帰宅途中であることを感じ取り、兄に知らせる。シミアンとピーターは、農場が再婚相手のところに行くことに気づき、2人は西部の金鉱に向かうことを決める。エビンは母親の記憶が残る農場を手に入れたいと考えている。

エビンは、兄2人の分を買い取ることを提案する。兄は考えるものの、父の再婚相手に会うまで待つことにする。

・シーン4

兄は農場での仕事を辞めたので、エビンは牛の乳を搾りに行く。地平線で父と再婚相手を見た後、エビンは帰宅する。兄は農場を離れることを決める。

2人は父と再婚相手のアビーをからかい、金鉱のあるカリフォルニアに向かう。アビーは家を見て回り、エビンに出会う。彼らはお互いに引きつけられるが、農場の所有をめぐって争うことになる。

第2幕

・シーン1

アビーは、娼婦のミンを訪ねる途中のエビンを捕まえ、誘惑しようとするが、彼はその場を去る。アビーはエビンが農場を所有する可能性に腹を立てる。

イーフレイムはエビンを農場から追い出したいと思っているが、アビーはエビンが農場の仕事をするのに必要だと説得する。アビーは自分たちの間に息子が必要なことを語り、イーフレイムはアビーに農場を与えることを約束させる。

・シーン2

イーフレイムとアビーは寝室のベッドに腰かけて息子息子について話す。イーフレイムは20歳のときに農場を作った経緯と、妻と経験した孤独について語る。アビーはイーフレイムの話に興味を示さず、イーフレイムはその場を去る。

アビーはエビンの部屋に行き、彼にキスをして迫る。エビンもアビーにキスをするものの、混乱して彼女を押しのける。しかしアビーの魅力にはあらがえず、母の死以来閉じられていた客間で彼女に求愛することにする。

・シーン3

エビンはアビーと客間で会い、そこで亡くなった母について話し、泣き出す。アビーは彼を慰め、自分にキスをするように求める。やがてエビンはアビーを愛していることを認める。

・シーン4

アビーは仕事に向かう途中、エビンに別れを告げる。彼女は彼に愛を再び誓わせ、それから少し眠りにつく。父に出くわしたエビンは、父との不和の解消を願う。父親に仕返しをして笑いながら働きに出たことで、母親の魂が安らかになったと信じる。

第3幕

・シーン1

イーフレイムは、自分の息子だと信じている赤ちゃんが生まれたためにパーティーを開く。アビーは、どこにエビンがいるのかをずっと気にしている。パーティーの参加者たちは、赤ん坊がエビンの子ではないかとほのめかし続けているが、アビーもイーフレイムもそれを受け入れていない。

アビーが上の階に行ってエビンを見つけると、キスをして赤ん坊はエビンにそっくりだと語る。イーフレイムは外に出て空気を吸い、音楽だって追い払えない何かが楡の木から落ちてきて煙突から家に忍び込んで心が休まらないと牛小屋で眠りにつく。

・シーン2

イーフレイムはその夜遅くにエビンに出くわし、自分に息子が生まれたのでエビンが農場を持たないことを告げる。エビンは、アビーが自分を利用していると確信し彼女を責める。エビンは農場を出て西部に向かうこと、アビーを愛していないことを語り、売春婦だと暴言を浴びせる。

アビーはヒステリックに、エビンから土地を盗むための息子がいない状況に戻れば、再び自分を愛するか尋ねる。彼はイエスと答えるが、アビーは神ではないからそんなことはできないと話す。エビンは酔いつぶれるために家の中に入る。

・シーン3

パーティーが終わった朝、エビンはかばんを詰めて台所に座っている。アビーが階下に降りてきて、彼女が彼を愛していて嘘をついていなかったことを証明するために何をしたかを話す。

アビーは自分たちの赤ん坊を殺したのだ。怒ったエビンは彼女を非難し、保安官に連れて行ってもらうために駆け出す。アビーは気絶する。

・シーン4

寝過ごしたイーフレイムがようやく目を覚ますと、アビーは自分が赤ん坊を殺したことを明かす。彼は打ち解けて仕事に行くと言っている。イーフレイムは、アビーが自分のことだけを愛してさえいれば、保安官に訴え出たりはしなかったのにと嘆く。

帰宅したエビンは、まだアビーを愛してまいるものの、保安官に訴えたことを告げる。エビンはアビーに保安官が来る前に一緒に逃げだすことを提案するが、アビーは罰を受けなければならないと主張する。それならとエビンは、アビーが赤ん坊を殺したのは自分のせいだと語り、自分も人殺しで同罪だと話す。

アビーはエビンに罪はないと説得するが、エビンは自分の罪を償いたいと聞き入れない。二人は一緒に保安官に連れ去られる。

楡の木陰の欲望(ユージン・オニール)の感想・解説・評価

執着し続けた人々の物語

本作の主要登場人物は3人だ。母の遺産と考え農場の所有を望むエビン。安定した暮らしを求め農場を手に入れようとするアビー。すべてが自分のものだと信じて疑わないイーフレイム。

そんなエビン、アビー、イーフレイムの3人には共通点がある。それは農場に執着し続けているということだ。それは本作のタイトルにあるように”欲望”に他ならないが、3人が3人とも満足のいく形で農場を手に入れることは出来ずに物語は終幕を迎える。

物語のラスト、この悲劇の舞台となった農場を保安官が羨ましがる場面がなんとも皮肉めいている。

すばらしい畑だ、まったく。これがわしのものならなぁ!

井上宗次訳『楡の木陰の欲望』岩波文庫、第40刷

三兄弟は貧しいながらも農場で暮らしていたが、2人の兄が“欲望”から農場を離れ、エビンとアビーは“欲望”から人殺しとなり、イーフレイムは“欲望”からすでに若い働き手のいない農場にただ一人残され老い先短い身の上に途方に暮れる。救いのない悲劇だが、いつの時代も人は欲望ゆえに破滅してしまうのだろうか。

合わせて読みたい本

欲望という名の電車

同じくアメリカの戯曲から。

ニューオーリアンズの下町フレンチ・クォーターにブランチという女性がやって来るところから物語は始まります。南部の大農園の娘から没落し、妹ステラのアパートに身を寄せることになりました。

ブランチは新生活に望みを繋いでいましたが、次第に彼女の過去が明らかになるにつれ、生活に陰りも見えてきます。

楡の木陰の欲望(ユージン・オニール)の評判・口コミ・レビュー

タイトルとURLをコピーしました