緋色の囁き(綾辻行人)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

作品情報

タイトル
緋色の囁き
著者
綾辻行人
形式
小説
ジャンル
ミステリ
執筆国
日本
版元
講談社
初出
不明
刊行情報
下記

あらすじ(ネタバレなし)

「私は魔女なの」謎の言葉を残したまま一人の女生徒が寮の「開かずの間」で焼死した。その夜から次々と起こる級友たちの惨殺事件に名門女学園は恐怖と狂乱に包まれる。創立者の血をひく転校生冴子は心の奥底から湧き起こってくる“囁き”に自分が殺人鬼ではないかと恐怖におののく。

目次

作者

綾辻 行人 あやつじ・ゆきと(1960年12月23日 – )

京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。京都大学院博士後期課程修了。在学中は京都大学推理小説研究会に所属する。1987年に『十角館の殺人』でデビュー。「新本格ミステリ」ムーヴメントの嚆矢となる。1992年に『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。「館」シリーズという一連の長編は、現代本格ミステリを牽引しつづけている。ミステリ、ホラー、怪談など幅広く活躍。代表作に『十角館の殺人』『時計館の殺人』『Another』など。

刊行情報

  • 1988年10月 祥伝社ノン・ノベル
  • 1993年7月 祥伝社文庫
  • 1997年11月 講談社文庫

登場人物

感想・解説・評価

合わせて読みたい本

人形館の殺人

この作品に登場するような”囁き”、過去の大きな体験による記憶などは別のシリーズにも導入されています。

代表作である館シリーズでは「人形館」に実験的に導入されました。ミステリの形式をとりつつ、人間の記憶や意識の乱れを描いています。

暗闇の囁き

シリーズ第二弾は凄惨なシーンから始まる猟奇的なストーリーになっています。

「緋色の囁き」とは異なり、かなりホラーテイスト。綾辻先生の作品でミステリよりもホラーが好きな方向けですね。

評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました