まどろみ消去(森博嗣)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

森博嗣による初の短編小説集。

まどろみ消去の作品情報

タイトル
まどろみ消去
著者
森博嗣
形式
小説
ジャンル
ミステリ
執筆国
日本
版元
講談社
初出
書き下ろし
刊行情報
講談社文庫

まどろみ消去のあらすじ(ネタバレなし)

大学のミステリィ研究会が「ミステリィツアー」を企画した。参加者は、屋上で踊る30人のインディアンを目撃する。現場に行ってみると、そこには誰もいなかった。屋上への出入り口に立てられた見張りは、何も見なかったと証言するが……。(「誰もいなくなった」)ほか美しく洗練され、時に冷徹な11の短編集。

まどろみ消去の目次

  • 虚空の黙祷者 Silent Prayer in Empty
  • 純白の女 The Lilies of Her Cheeks
  • 彼女の迷宮 She is Lost in Mysteries
  • 真夜中の悲鳴 Acoustic Emission
  • やさしい恋人へ僕から To My Lovely
  • ミステリィ対戦の前夜 Just Before the Battle for Mysteries
  • 誰もいなくなった Thirty Little Indians
  • 何をするためにきたのか The Identity Crisis
  • 悩める刑事 A Detective in Distress
  • 心の法則 Constitutive Law of Emotion
  • キシマ先生の静かな生活 The Silent World of Dr. Kishima

作者

森 博嗣 もり・ひろし(1957年12月7日 – )

小説家。愛知県生まれ。東海中学校・高等学校を経て、名古屋大学工学部建築学科卒、名古屋大学大学院修士課程修了。工学博士。

1995年に初めての小説『冷たい密室と博士たち』を執筆。メフィストに投稿し、編集部から高い評価を受ける。第4作『すべてがFになる』に合わせ編集部がメフィスト賞の開催を決定。同作が第1回メフィスト賞受賞作となり、デビューを飾った。

まどろみ消去の刊行情報

  • 講談社ノベルス – 1997年7月発行
  • 講談社文庫 – 2000年7月発行

まどろみ消去の登場人物

犀川創平(さいかわ そうへい)
国立N大学工学部建築学科助教授

西之園萌絵(にしのその もえ)
国立N大学工学部建築学科生

牧野洋子(まきの ようこ)
国立N大学建築学科生。萌絵の親友。

浜中深志(はまなか ふかし)
国立N大学建築学科生。萌絵たちの先輩。

まどろみ消去の感想・解説・評価

合わせて読みたい本

すべてがFになる

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季(まがたしき)。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平(さいかわそうへい)と女子学生・西之園萌絵(にしのそのもえ)が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

デビュー作であり、S&Mシリーズの一作目です。

ネタバレを見ることなく読んでほしい作品です。理系の知的な会話。犀川&萌絵の気になる関係。きっとシリーズが読みたくなると思います。

まどろみ消去の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました