【おすすめ】光原伸の全作品を一覧であらすじを紹介します

光原 伸 みつはら・しん(1964年1月31日 – )

漫画家。広島県三原市出身。関西大学法学部卒業。1987年、「処刑の密室」が第23回(1月期)ホップ☆ステップ賞にて佳作。同年、「リボルバー・クイーン」が『週刊少年ジャンプ』1987年サマースペシャルに掲載されデビュー。1991年、『週刊少年ジャンプ』14号より代表作『アウターゾーン』を連載した。

おすすめ作品ランキング

長い記事なので、先におすすめランキングを紹介します!

  • 1位:アウターゾーン
  • 2位:アウターゾーン リ:ビジテッド
  • 3位:サランドラの壺 光原伸短編集

作品一覧リスト

アウターゾーン(1991年7月~1994年9月)

【ページ数が多いビッグボリューム版!】異常なまでに神を信じ、悪魔の実在を説いてまわる女…その息子のひろしは、人には言えない母の恐ろしい秘密を誰にも話せずにいたが…『ママと悪魔』ほか9編と、読者からのレポートをもとにして描かれた番外編を収録。

  • ジャンプ・コミックス、全15巻
  • ジャンプコミックスセレクション、全10巻
  • 集英社文庫、全10巻

ねこまん 猫だらけコミック・アンソロジー(2008年6月)

猫だ〜い好き漫画家30人大集合!!

巻頭一挙3話掲載!!・いい男猫・でっち猫・考える猫 いくえみ稜/松苗あけみ/よしまさこ/倉持知子/たらさわみち/生藤由美/田辺真由美/いわみちさくら/くじらいいく子/岡田理知/戸田誠二/原田梨花/碧也ぴんく/フジモトマサル/今井美保/塚本知子/佐藤絵里子/黄島点心/赤星たみこ/真崎春望/芳村梨絵/のがみけい/小橋もと子/花田祐実/竹坂香利/白沢ふかみ/たかまつやよい/神坂智子/つじいまこと/光原伸

富士山崩壊(2008年11月)

富士山の真下に断層!?
地震の揺れで「山体崩壊」が発生する可能性が高まっている!?
高校生の真紀と亮輔は富士山のふもとで謎のミイラを発見する。そしてそれに呼応するように富士山が突如、大噴火! 富士山近郊の町にも危機がせまる。そしてついには…!? 大噴火サバイバル・シミュレーションコミックの決定版!!
この本は2008年に刊行された『SECTOR COLLAPSE 富士山崩壊』を改訂したものです。

  • 『SECTOR COLLAPSE -富士山崩壊-』集英社、2008年11月
  • 『富士山崩壊』創美社、2012年7月

アウターゾーン リ:ビジテッド(2012年12月~)

アウターゾーン――それは現実と空想の狭間に存在する未知の世界。時間も空間も確かな意味を持たないその場所においては現実を超越したあらゆる事象が起こります。摩訶不思議のホラーミステリー復活!!

  • 既刊3巻

サランドラの壺 光原伸短編集(2014年2月)

虐げられた少女の前に現れた、古の魔女が封じられた壺。復活し願いを叶えてくれるはずのその魔女は、少女が願わなかったばかりに暴走を始めた!! 表題作『サランドラの壺』を含む稀代のストーリー・テラーが挑んだ珠玉の5編。

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画作品一覧
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました