【おすすめ】森田信吾の全漫画作品を一覧であらすじを紹介します

森田 信吾 もりた・しんご(1959年1月5日 – )

漫画家。愛知県出身。1982年、『週刊ヤングジャンプ』1982年29号に掲載された「退屈じゃない日々」でデビュー。1986年からは『週刊ヤングジャンプ』にて「栄光なき天才たち」の連載を開始する。

おすすめ作品ランキング

長い記事なので、先におすすめランキングを紹介します!

  • 1位:栄光なき天才たち
  • 2位:明楽と孫蔵
  • 3位:御庭番 明楽伊織

漫画作品一覧リスト

※漫画作品のみ紹介しています。

栄光なき天才たち(1987年11月~1993年1月)

歴史に残る偉業を成し遂げながらも、ついに温かな光に包まれることの叶わなかった天才たちを描くノンフィクション・コミック金字塔! 黄金コンビによる傑作シリーズ初の電子版第1弾!! <収録内容>(1)エリシャ・グレイ/電話機を発明 (2)古橋廣之進/フジヤマのトビウオ (3)エヴァリスト・ガロア/群論を提唱 (4)エンリコ・フェルミ/原子爆弾製造 (5)鈴木梅太郎/オニザリン開発 (6)サチェル・ペイジ/黒人リーグ最強投手 (7)人見絹枝/日本女子陸上初の五輪銀メダリスト (8)ドルトン・トランボ/ハリウッド・テンの脚本家「黒い牡牛」「栄光への脱出」「ジョニーは戦場に行った」

  • ヤングジャンプ・コミックス、全17巻
  • 集英社文庫、全4巻
  • 電子書籍版、全7巻

新・栄光なき天才たち(1993年4月~1994年9月)

手足を切断しても義足で舞台に立ち続けた伝説の女形、わずか25歳で交通事故死したアルペンスキーの世界王者、「ロボット」という言葉を生み出した作家etc…。後世に残る輝かしい功績を持ちながらも、その名を耳にする事のほとんどない不遇の天才たち。歴史の陰に埋もれた「栄光なき天才たち」の壮絶な生涯を追った偉人伝シリーズ。当サイトの「Comicマンガ王」内で続編の連載も始まった、ヒューマンオムニバス。

  • 全3巻

攘夷 幕末世界(1993年12月~1994年4月)

  • 全2巻

明楽と孫蔵(1995年9月~1998年8月)

江戸後期・弘化年間。弱体化する幕府を陰から支え、悪化する治安を取り締まる公儀隠密・御庭番。その職務を受け持つ明楽家の次男に生まれながら、放蕩無頼の日々に明け暮れる青年・伊織。はたして彼を待ち受けるのものとは・・・・・・。時代劇コミックの第一人者が描く痛快アクション巨編!

  • 全12巻

アウトサイダー東宗介(1999年11月~2001年12月)

今から10年前、バブル絶頂期。東大生だった東宗介は、学生ながら事業に失敗。親からも世間からも見放される。そんな彼を救ったのが、バブルの帝王と呼ばれた河村雄太郎。彼の元、幹部候補生として励むことになるが…。

  • 全7巻

Crack Down on 森田信吾傑作集(1999年12月)

ハイジャックに遭遇してしまった幼い少年。刑事が命と引き換えに抜き取った爆弾の信管が、少年の前に転がってきて…『コード7500』。公儀償金30万ドルを奪って渡米の夢を見る素浪人・新発田。しかし、新発田に公儀償金の情報を流したのは、自らの身を売って女郎になった「おぬい」。男たちにとって、おぬいは「鬼門」だった…『幕府償金』。他に、麻薬モノ『Crack down on』、幕末モノ『脱藩者』、見世物小屋がある町の人間ドラマ『三本足の犬』の全5編を収録。

追儺伝 SEIJI(2001年11月)

幕末、江戸。闇夜の橋の上で、うら若い女性の生首が見つかった。そして恐ろしいことに、その生首は見回りの男にカッと目を見開くと、そのままスウッ…と近江屋の窓に吸い込まれていったという。やがて、不吉の予兆は現実となり、近江屋の娘の身に災いが起きる…

慈恩 〜幕末秘剣〜(2003年4月~2003年9月)

江戸の町を襲った「安政の大地震」から一年。花売りの天秤棒に仕込まれし謎の剣技を遣う男が現われた。その男の名は「慈恩」。幕末期を駆ける本格剣技活劇!!

  • 全2巻

必殺!! 闇千家死末帖(2004年6月~2005年4月)

北町奉行所の書記係、斎藤平五郎には裏の顔がある。法では裁けぬ鬼共を三途の川へと案内する「鬼討つ鬼」…闇の仕置人、「死末屋」としての顔である!かつて「人斬り」として悪党どもを震え上がらせていた平五郎。正義の仮面のその下で、彼は人を斬る味に酔いしれていた。しかしその凶刃が妻の命を奪い、平五郎は刀を抜く事を辞めた。だが…虐げられし者どもの無念の叫びが、平五郎に再び刀を抜かせる。平五郎は刀を振るう。人斬りの業に苦悩しながら…。

  • 全5巻

駅前の歩き方(2005年2月)

本業・作家、本性・美食家!?美味いモンには目がない花房先生が日本各地で引き起こすスクリューボール・グルメ・コメディ!

影風魔ハヤセ(2005年9月~2006年8月)

信長は死んではいなかった!信長VS.秀吉!!その陰に忍者(しのび)あり。天正10年、本能寺炎上。未だ謎に包まれているこの歴史的大事件の裏には、ある男達の暗躍があった。名前も姿も闇に包まれ、忍びの者たちからもその存在を恐れられる彼らは、玄忍者(くろしのび)と呼ばれた…。戦国の世を舞台に、忍者(しのび)VS.忍者(しのび)の壮絶な戦いの幕が上がる!!

  • 全3巻

伊庭征西日記 徳川直参の生き様と明治維新(2006年3月)

時は幕末。武士の世が終わりを告げようとしていた時代。迫り来る変革の波の中、最後まで幕臣としての矜持を守り抜いた武士がいた――。心形刀流の達人・伊庭八郎。結核に身体を蝕まれていた伊庭は、その僅かな余命を徳川幕府に捧げることを決意する。そして親衛隊として将軍の上洛に随行し、血脂の臭いの染み付いた京の町で初めて人を斬った伊庭は……!?

御庭番 明楽伊織(2008年2月~2008年5月)

江戸後期・弘化年間。公儀隠密・御庭番の職務を受け持つ明楽家の次男に生まれながら、放蕩無頼の日々に明け暮れる青年・伊織。彼を待ち受けるものとは…。配信中のバイオレンス時代活劇『明楽と孫蔵 幕末御庭番』のビフォアストーリー。無敵の御庭番になる以前の若い明楽伊織の苦悩と成長の日々、後に最強の相棒となる伝説の忍・孫蔵との激闘などを描いた、痛快アクション巨編!

  • 全2巻

栄光なき天才たち2010(2011年1月)

ヤングジャンプで1986年に始まった連載「栄光なき天才たち」が創刊30周年を機に復活。競馬界を席巻した悲運の名手・福永洋一、甲子園を目指した伝説の打撃コーチ・高畠導宏、イグ・ノーベル賞を作った男・マーク・エイブラハムズの三人の功績にスポットを当て、彼らの類まれな才能と、波乱に満ちた人生を描いた知られざる偉人たちの物語。

地方食ぶらり旅 駅前グルメの歩き方(2011年5月)

栄光なき天才たち2011(2012年2月)

歴史の影に埋もれた、知られざる天才たちの功績に光を当てるドキュメンタリーシリーズ『栄光なき天才たち』。純国産自動車のさきがけ「オートモ号」を創った男、豊川順彌。工業立国・日本の繁栄の礎を築いた男が辿った波乱の人生とは──。

ネルソン・マンデラ ―悲劇を希望に変えた男―(2016年5月)

『栄光なき天才たち』シリーズの著者が世界史にその名を刻んだ男、
“ネルソン・マンデラ”の激動の生涯を描く! ! !

現代の偉人の生涯を、コミックスで読む!

アパルトヘイト下の南アフリカで最後まで希望を捨てず生き抜き、
人類の宝である「自由の憲章」=人権・主権を実現させた
ネルソン・マンデラ氏の、たゆまざる勇気と不屈の人生を
描いた物語です。―森田信吾

浮谷東次郎物語(2018年3月)

1960年代、日本のモータースポーツ黎明期を走り抜けた男・浮谷東次郎の壮絶な生き様を描いた物語

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画作品一覧
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました