AKIRA(大友克洋)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

超能力者を巡る軍や反政府勢力の争い、近未来都市やその崩壊後の世界を描いたSF漫画。大友克洋の代表作として後の世代に与えた影響は計り知れない。

AKIRA(大友克洋)の作品情報

タイトル
AKIRA
著者
大友克洋
形式
漫画
ジャンル
SF
執筆国
日本
版元
講談社
初出
週刊ヤングマガジン、1982年12月20日号~1990年6月25日号
刊行情報
KCデラックス、全6巻
受賞歴
第8回講談社漫画賞一般部門

AKIRA(大友克洋)のあらすじ(ネタバレなし)

第3次世界大戦から38年、世界は新たな繁栄をむかえつつあった――。ネオ東京を舞台に繰り広げられる本格SFアクションコミックの金字塔!

作者

大友克洋(1954 – )

漫画家、映画監督。宮城県登米郡迫町出身。1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。
もっと読む【おすすめ】大友克洋の全作品を一覧であらすじを紹介します

AKIRA(大友克洋)の刊行情報

  • おすすめ『AKIRA』KCデラックス、全6巻、1984~1993年
  • 『AKIRA』オールカラー国際版、全12巻、1988年~1996年
  • 『AKIRA』総天然色、全6巻、2003年~2004年

映画版、アニメ版関連動画

アニメーション映画『AKIRA』1988年7月16日

実写映画『AKIRA』?年

AKIRA(大友克洋)の登場人物

金田正太郎
主人公。職業訓練校の生徒。暴走族チームのリーダー格で、自称「健康優良不良少年」。

島鉄雄
もう一人の主人公。金田の幼馴染。タカシと接触したことで能力を宿すことになる。

山形
暴走族。腕っ節が強く乱暴ではあるものの、仲間に対しては義理堅く面倒見もいい性格。

ケイ
ヒロイン。反政府ゲリラの少女。偶然出会った金田に窮地を救われ、行動を共にする。

アキラ
28号。タイトルにもなっている、この作品の核心に位置する少年。1982年に覚醒、能力の暴走により東京崩壊を起こしたため、地下施設で極秘に冷凍封印され、軍の厳重な管理下にある。

タカシ
26号。3人の古いナンバーズの中では性格的に幼く、外の世界に出てみたいという単純な理由から物語冒頭にゲリラの手引きで研究施設から脱走、鉄雄の能力覚醒のきっかけとなる。

キヨコ
25号。未来予知能力を持っており、ネオ東京崩壊も予知した。身体的にはひどく弱っており、寝たきりで自力で動くことはほとんどできないが、超能力で自分のベッドや自分自身を浮かせることができる。

敷島
大佐。軍の実質的な最高指揮官で、凍結封印されたアキラの管理者。

AKIRA(大友克洋)の感想・解説・評価

のちの世代に圧倒的影響を与えた名作SF

『AKIRA』そしてその前に発表された『童夢』の2作は特に日本の漫画に大きな影響を与えた。そのため漫画史においては、「大友以前、大友以後」という言葉が生まれた。具体的な表現としても、「超能力などの大きな力によって地面が割れる」、「球状にへこんむ」などという手法が一般的なものとして定着している。

浦沢直樹が「みんな大友さんのやり方で(漫画を)描いてた」と語るなど、現在に至るまでその影響は続いており、2次3次の影響も生まれている。その影響の大きさに「(今となっては他の漫画家が大友の手法を散々模倣したため)いまの若い人が大友克洋の漫画を読んでも(ありきたりな手法だと感じて)すごさがわからないのではないか」という言説すら存在するほどだ。

合わせて読みたい本

童夢

『AKIRA』と共に、コマ、表現技法など、のちの漫画家に絶大な影響を与えた作品です。

発表されたのは40年近く前ですが、時代を感じさせない作品だと思います。

AKIRA(大友克洋)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました