走れ、セナ!(香坂直)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

走れ、セナ!(香坂直)の作品情報

タイトル
走れ、セナ!
著者
香坂直
形式
小説
児童文学
ジャンル
陸上
スポーツ
執筆国
日本
版元
講談社
初出
書き下ろし
刊行情報
講談社文庫
受賞歴
第45回講談社児童文学新人賞佳作
第16回椋鳩十児童文学賞

走れ、セナ!(香坂直)のあらすじ・概要

どうして学校が勝手に陸上部を解散するの?
どうやったら一ノ瀬さんみたいに速く走れるの?
どうしてうちにはお父さんがいないの?
読めばあなたもセナを応援したくなる!
青春小説の大型新人デビュー作!

音速の貴公子から名前をもらった小学5年生のセナは、足の速さには自信があったのに、クラス対抗リレーで一ノ瀬さんに負けてしまう。彼女は陸上部に所属する全国大会4位の選手だったのだ。彼女と一緒に走れる競技会に向けて練習しようという矢先、学校の事情で陸上部が解散するって!? ピンチ!

走れ、セナ!(香坂直)の目次

作者

香坂 直 こうさか・なお(1964年 - )

児童文学作家。岡山県生まれ。大阪教育大学肢体不自由児教育教員養成課程卒業。2005年、第45回講談社児童文学新人賞佳作となった『走れ、セナ!』でデビュー。同作品で椋鳩十児童文学賞を受賞した。2007年『トモ、ぼくは元気です』で第36回児童文芸新人賞を受賞。

走れ、セナ!(香坂直)の刊行情報

『走れ、セナ!』講談社、2005年10月
『走れ、セナ!』講談社文庫、2012年8月

走れ、セナ!(香坂直)の登場人物

セナ
音速の貴公子・アイルトン・セナから名前を付けられた女の子。小学5年生。足の速さに自信を持っている。

一ノ瀬さん
陸上部に所属する女子。全国大会4位の強豪選手。

走れ、セナ!(香坂直)の感想・解説・評価

底抜けに明るい小学5年生の日常

アイルトン・セナをご存じでしょうか。「音速の貴公子」と称されたF1レーサーです。彼は最速を追い求めようとしたがゆえに、レース中にコンクリートウォールに激突して亡くなってしまいました。

本作の主人公であるセナは、そんな彼と同じ名前を持つ女の子です。彼と同じく、人類最速を追い求める競技に取り組んでいます。それは陸上の100メートル。けれど、決して厳しい競技の世界を描いたものではありません。ただ、小さな競技会に参加する話です。

本作のテーマは「成長」です。児童文学の王道テーマです。そのテーマの中で、取り上げられるのは「普通」というキーワードです。

セナには母親しかいません。そんなセナは、恵まれている他のうちに比べて自分が劣っている理由が「父親がいないこと」だと考えてしまいます。

そんな中、セナは熱心に陸上に取り組み、競技会へと出場することになります。そして緊張や重圧というものを初めて感じることになります。陸上競技や競技会への出場を通じて、セナは大きく成長することになります。彼女が劣っていると感じた理由はもちろん父親がいないことではなかったのです。

陸上競技を扱っているとはいっても、主人公は小学5年生です。オリンピックや世界選手権でたたかうような話ではありません。大きなドラマが展開されるわけでもありません。ただ小学5年生の日常が描かれます。でもその日常はまぶしいほどに輝いているのです。

合わせて読みたい本

走れ、セナ!(香坂直) の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました