自殺直前日記(山田花子)の概要・解説・感想

1992年高層住宅の11階から飛び降り自殺し、24年の短い生涯を終えた漫画家・山田花子の書き遺した日記。

自殺直前日記(山田花子)の作品情報

タイトル
自殺直前日記
著者
山田花子
形式
日記
ジャンル
日記
執筆国
日本
版元
太田出版
執筆年
不明
初出
書き下ろし
刊行情報
太田出版、1996年6月

自殺直前日記(山田花子)のあらすじ(ネタバレなし)

1992年5月、高層住宅の11階から飛び降り自殺し、24年の短い生涯を閉じた“カルト漫画家”山田花子。死後六年を経過した現在も“信者”とも言える熱狂的なファンを増やし続けている彼女が、死の前日まで記していた日記が存在した。

自殺直前日記(山田花子)の目次

  • 高市由美(山田花子)の最後の日々
  • 精神病棟にて
  • 私の一番長かった日(母)
  • 花の名言・寸言集
  • 思い出スケッチ
  • アルバイト日記
  • 恋愛講座・男女物語
  • 私にとって家族とは何か?
  • 霊魂分類表&天敵・いじめっ子研究
  • 対人の基本・対人のワナ&対人の悩み
  • 世界はウソつき・まず“常識”を疑え!
  • 私の生き方考え方・処世術について
  • 私って何?一番嫌いな奴は自分自身!
  • 宿命は悲し・私の人生こんなもの
  • 作家と編集者
  • 漫画制作日記
  • 私が描きたい漫画
  • 芸術芸能教室・趣味の世界
  • 涙と笑いの花丸日記
  • 高市さんの思い出
  • 高市由美・特殊漫画家山田花子を偲んで

作者

山田花子(1967年6月10日 – 1992年5月24日)

漫画家。東京都世田谷区出身。自身のいじめ体験をベースに人間関係における抑圧、差別意識、疎外感をテーマにしたギャグ漫画を描いて世の中の矛盾を問い続けた。だが漫画家としての活動の中、中学2年生の時から患っていた人間不信が悪化すると、1992年3月には精神分裂病と診断される。2ヵ月半の入院生活を経て5月23日に退院するも、翌24日夕刻、団地11階から投身自殺した。24歳没。

自殺直前日記(山田花子)の刊行情報

自殺直前日記(山田花子)の感想・評価

夭折した漫画家の日記

24歳で投身自殺をした漫画家・山田花子の日記から文章を集めた本になる。山田花子は漫画家だが、この本には過去作からいくつかコマが挿入されているものの、基本的には文章ばかりだ。

数ページにわたって文章が書かれているものもあるが、公開する予定のない日記からの抜粋ということで、思いついたことをそのまま書いたように箇条書きのようになっているところもある。

漫画家としてはいじめや疎外感を描いたものが多いが、日記に書かれた自身の体験も似たようなものだ。クラスで独りぼっちだったこと、アルバイトでトラブルが起きたこと、家族と言い争いになったこと。日記だけに実際に体験したエピソードが並んでおり、読んでいくと気分が沈む。この日記の辿り着いた先が投身自殺だというのも、どんどん気分を重くする。きっと最後まで読むことのできない人もいるだろう。

寄せられた両親と親友の手記

本書には山田花子本人の日記だけではなく、両親の手記と死後親友から送られたという手紙が収録されている。

両親の手記では、死ぬ前の様子や特に当日の様子が詳しく紹介されている。駅前に長時間佇み警察に保護されたこと、解雇されたバイト先の喫茶店に居座っていたこと、精神分裂病の診断により入院したこと…そんな苦しいエピソードの中で、唯一父親の書いた手記の一部が救いになっている。

一見すると、由美・山田花子は全くの絶望のドン底で自ら命を絶ったように見える。しかし、私には深い絶望感と共に「やりたいことは一通りやった、この先、生きていても辛いことばかり。もう終りにしたい」というような諦めの気持も入り混じったささやかな満足感があったように思えるのだ。前日までの悲し気で苦し気な表情とうって変わって、その死顔は静かに眠っているかのように穏やかであった

自殺直前日記

いじめ体験や精神を病んで入院したりなど苦しい日々の中でも、悲惨なことしかなかった訳ではなかった。憧れの雑誌『ガロ』で仕事ができ(山田の死から数年後ガロは休刊に追い込まれる)、ストレスは抱えていたものの仕事はあった。漫画以外にも、音楽や演劇、映像の活動もできた。順風満帆ではないが彼氏もいて、他の漫画家と付き合いもあった。

本書を読んでいると「苦しみから解放されるためには、自ら命を絶つしかなかったのではないか」と思わせられる瞬間が来る。自殺に至った本人の心境はもはやわからないが、御尊父の書かれたように”ささやかな満足感”があったことを祈らずにはいられない。

合わせて読みたい本

嘆きの天使

こうあらねばならぬという世間の常識と、建前を巧く演技できない自分の姿との乖離と、こう思われたくないという視線恐怖の苦しみと。「普通」ならここではこう思わないといけないという規範と、そう思えない自分の本音との隔絶と。

まっとうな生の場ではぎくしゃくする厄介者の心安らかな幸福はもはや死しかないのか。1992年、24歳で自らの命を絶った伝説の漫画家、山田花子の非凡で非情な観察眼が冴え渡る傑作短編集。

自殺直前日記(山田花子)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
日記
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました