彼方のアストラ(篠原健太)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

SF冒険漫画であると同時に、宇宙船という閉鎖空間の中に刺客がまぎれこんでいる、というミステリー的作品。

彼方のアストラ(篠原健太)の作品情報

タイトル
彼方のアストラ
著者
篠原健太
形式
漫画
ジャンル
SF
冒険
執筆国
日本
版元
集英社
初出
少年ジャンプ+、2016年5月9日~2017年12月30日
刊行情報
ジャンプ・コミックス+、全5巻
受賞歴
第3回「次にくるマンガ大賞」Webマンガ部門第5位
「このマンガがすごい!2019」オトコ編第3位
マンガ大賞2019大賞

彼方のアストラ(篠原健太)の概要・あらすじ

宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!? 近未来SFサバイバルストーリー、始動!!

作者

篠原健太(1974 -)

漫画家。千葉県出身。2005年「レッサーパンダ・パペットショー」にてデビュー。代表作は『SKET DANCE』。

彼方のアストラ(篠原健太)の刊行情報

  • 『彼方のアストラ』集英社:ジャンプ・コミックス、全5巻

アニメ版関連動画

テレビアニメ『彼方のアストラ』2019年7月~

彼方のアストラ(篠原健太)の登場人物

カナタ・ホシジマ
本作の主人公。17歳。将来の夢は宇宙探検家。リーダーシップはあるが抜けたところもある。中学1年生のときに山で遭難したことがあり、サバイバルの経験と知識を持っている。

アリエス・スプリング
本作のヒロインにしてもう一人の主人公。17歳。語り手であり、書記として日誌を記している。朗らかな性格でやや天然。よく言葉や名前を言い間違えるが、一度見たものを忘れない映像記憶能力の持ち主。

ザック・ウォーカー
17歳。眼鏡をかけている。宇宙船の操縦免許を持ち、科学者志望。船のジャンクパーツで可食判定機を作ったり、壊れたスーツを修理したりと、機械的な知識も豊富。

キトリー・ラファエリ
17歳。褐色の肌が特徴の少女。素直に周囲と打ち解けられない性格だったがほどなくして心を開いた。ザックと家が隣同士の幼なじみ。家は病院で、本人も跡を継ぐため医学を専攻している。その知識を活かし、メンバーの救護も担当する。

フニシア・ラファエリ
10歳。キトリーの義理の妹。「10歳の少女を同行させる」というキャンプの課題のためにメンバーとして参加した素直な少女。

ルカ・エスポジト
17歳。お調子者な性格の小柄な少年。誰とでも積極的にコミュニケーションを取ることができる。手先が器用で絵も上手く、船内のちょっとした修繕やメンバーの整髪も担当する。

シャルス・ラクロワ
17歳。生物に関する知識が豊富な少年。 二枚目だが、生物への愛情が強すぎて、変態っぽいと思われることもある。料理も得意でメンバーの食事を作っている。

ユンファ・ルー
17歳。黒髪で長身の眼鏡少女。引っ込み思案であまり喋らず、自分が皆の役に立っていないという劣等感を持っている。

ウルガー・ツヴァイク
17歳。ニット帽を被って片目が前髪で隠れている少年。態度は尊大で皮肉っぽく「うるさい黙れ」が口癖。

彼方のアストラ(篠原健太)の各巻あらすじ

西暦2063年、「大自然の中、生徒だけで5日間を過ごす」という惑星キャンプの目的地である惑星マクパで、ケアード高校の生徒たちが遭難する。

5012光年の彼方からメンバー全員が協力しながら様々な苦難を乗り越え、最後には遭難事故を起こした犯人を突き止める。無事に帰還してからは、遭難事故の裏にある陰謀を暴き、メンバーそれぞれが人間的に成長を果たす。

『彼方のアストラ』1巻のストーリーを紹介!

宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!? 近未来SFサバイバルストーリー、始動!!

『彼方のアストラ』2巻のストーリーを紹介!

第2の惑星シャムーアに向け宇宙を進むアストラ号。「通信機を壊した者が船内に?」カナタとザックだけがそれを知る状況の中、フニシアが何気なく口にした一言で、カナタの疑念は確信に変わる! その後、船が墜落の危機に見舞われ…!?

『彼方のアストラ』3巻のストーリーを紹介!

アストラ号が辿り着いた第3の惑星アリスペード。そこは水も食料も豊富でリゾート地のような楽園だった! 一行は久しぶりの平和な日々を満喫し、一匹狼のウルガーもルカと打ち解け始める。だが、2人を繋ぐ「糸」が明らかになり…!?

『彼方のアストラ』4巻のストーリーを紹介!

惑星イクリスに存在した「もう1機の」アストラ号。果たして、絶望から一行を救い出す「方舟(アーク)」となるのか…!? わずかな望みを繋ぎ、故郷への帰還を諦めないメンバーたち。そんな彼らに共通して秘められた、出生をめぐる戦慄の事実とは…!?

『彼方のアストラ』5巻のストーリーを紹介!

「アストラ」と「地球」――似て非なる2つの母星の存在、食い違う歴史に動揺を隠せない一行。困惑の中降り立った最後の惑星で、遂に「刺客」の正体が…!! 旅路の終わりに待つ、全人類激震の真実とは!? 衝撃のサバイバル×コメディ×ミステリー、堂々の完結!!

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました