MISSING(本多孝好)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

繊細な視線で描かれた物語が、心の奥底に潜むミステリアスな風景を呼び覚ます・・・。小説推理新人賞受賞作「眠りの海」ほか「祈灯」「蝉の証」など、4作品を収録した処女短編集。

MISSING(本多孝好)の作品情報

タイトル
MISSING
著者
本多孝好
形式
小説
ジャンル
ミステリー
執筆国
日本
版元
KADOKAWA
初出
下記
刊行情報
角川文庫
受賞歴
第16回小説推理新人賞受賞(眠りの海)
「このミステリーがすごい!2000年版」第10位

MISSING(本多孝好)のあらすじ・概要

彼女と会ったとき、誰かに似ていると思った。何のことはない。その顔は、幼い頃の私と同じ顔なのだ――。「このミステリーがすごい! 2000年版」第10位! 第16回小説推理新人賞受賞作「眠りの海」を含むデビュー短編集。

MISSING(本多孝好)の目次

  • 眠りの海(『小説推理』1994年8月号)
  • 祈灯(『小説推理』1995年4月号)
  • 蝉の証(『小説推理』1996年1月号)
  • 瑠璃(『小説推理』1997年9月号)
  • 彼の棲む場所(『小説推理』1998年4月号)

作者

本多 孝好 ほんだ・たかよし(1971年 – )

小説家。東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒。大学4年生の時、同じ学部の金城一紀に小説の執筆を依頼され、作家を志すようになった。1994年に「眠りの海」で第16回小説推理新人賞を受賞しデビュー。デビュー作を含む短編集『MISSING』が発売されると、このミステリーがすごい! 2000年版でトップ10に入るなど注目を集める。
もっと読む【おすすめ】本多孝好の全作品を一覧であらすじを紹介します

MISSING(本多孝好)の刊行情報

  • 『MISSING』双葉社、1999年6月
  • 『MISSING』双葉文庫、2001年11月
  • 『MISSING』角川文庫、2013年2月

MISSING(本多孝好)の登場人物

MISSING(本多孝好)のあらすじ詳細

眠りの海

主人公は先生。以前の恋愛を苦に自殺を考えますが、失敗したという経験を持っています。

小説の舞台では、海辺で少年と焚火を囲んでいます。本編ではそんな2人の会話が描かれます。先生の話を聞いた後に少年は真相を想像します。そのミステリー的な推理の鮮やかさが魅力的な作品です。

祈灯

大学生の兄妹と、「幽霊ちゃん」と呼ばれる妹の友だちの話です。

幼い時に「幽霊ちゃん」は妹を交通事故で亡くしています。その事故を悲しんで、自分のことを妹だと思い込んでしまっています。

ストーリーが進行するにつれ、その事故の真相が明らかになっていきます。

蝉の証

主人公は、老人ホームにいるおばあさんの依頼を受けてとある人物の調査を始めます。

最初はその人物に関する話が展開されますが、徐々に意外な真相が現れていきます。

瑠璃

主人公は小学生の「僕」。「僕」の姉がピアニストを目指しており、海外に遠征に向かいます。家族は姉に付き添いで海外に行ってしまい、「僕」はひとりでお留守番をすることになります。小学生がひとりで暮らすことを心配したため、親戚のルコという破天荒な女の子がやって来ます。

この小説では、ルコという女の子の様々なエピソードが描かれます。家に入るのに窓から侵入したり、免許を持っていないのに車を運転してめちゃくちゃにしてしまいます。

そんなルコの変化が描かれます。ほかの収録作品のようなミステリー的な要素より、切なさが胸に残る作品です。破天荒な女の子だったルコも大人になっていく様子が寂しく感じられます。。

彼の棲む場所

主人公の「僕」は図書館で働いています。その「僕」に会うために友達が訪ねてきます。彼は教授として高名な人物です。2人は再会を喜び、思い出話に花を咲かせます。とくに展開されるのは、過去のクラスメイトについての話です。

ところが「僕」はそのクラスメイトのことを覚えていません。しだいに「僕」は、教授の内面に興味を持っていきます。人間の心理や悪意という難しいテーマを扱った作品です。

MISSING(本多孝好)の感想・解説・評価

死というテーマを扱った短篇集

本作に収められている小説はなんとも親近感あふれる作品ばかりだ。だがテーマはとても重い。生徒と教師の恋、無理心中、自殺、死んだ妹になってしまった姉、孫に金を奪われる祖母、結婚詐欺、不倫、同級生を殺したいという衝動に駆られる高校生。

本作はそんな重いテーマを扱った5作が収められた短編集である。

そんな5作に共通しているのは、「死」というテーマを扱っているということだ。それもただの死ではない、死をもって自分の存在を他人の心の中に半永久的に残そうとしたがゆえの死なのだ。

残された人は、それからの自分の人生を「自分が殺してしまったのだ(あるいはその人が死んだのに)」という、これ以上にないほど深い負い目と一緒に生きていかなければならない。この負い目は罪悪感となり、なかなか晴れることはないだろう。そして、その罪悪感は自分の人生や命にも影響を与えるほど大きくなっていく。

これだけの重いテーマなのにもかかわらず読後は非常に爽やかだ。それは登場人物が自分の心情を素直に吐き出しているからに違いない。僕らは登場人物たちの心境を理解し、共感を覚え、同情していく。重いテーマで人間の弱みを描いた作品だが、おそらく「良い小説を読んだ」と前を向ける小説だと思う。

合わせて読みたい本

本作の主人公はある一つの特別な能力を持っています。それは他人とシンクロする能力、他人の心の奥底に眠る「本音」を語らせる能力です。

しかし主人公はこの能力を自由に扱えません。無意識に捉えてしまうのです。彼は普通の学校へ通うことのできなくなった者が通う学校で心を閉ざしている人たちに向き合います。
もっと読むALONE TOGETHER(本多孝好)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

MISSING(本多孝好)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました