長閑の庭(アキヤマ香)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

23歳の大学院生と64歳の教授の「年の差恋愛」を描いたラブストーリー。

長閑の庭(アキヤマ香)の作品情報

タイトル
長閑の庭
著者
アキヤマ香
形式
漫画
ジャンル
恋愛
執筆国
日本
版元
講談社
初出
Kiss、2014年3月号-2019年5月号
刊行情報
KC Kiss、全7巻

長閑の庭(アキヤマ香)のあらすじ・概要

地味な内面と外見から、ドイツ語で黒を意味する“シュバルツ”さんと呼ばれる大学院生・元子(23歳)。憧れのドイツ文学教授・榊(64歳)に告白するも、勘違いと断言され…。これは“嗜好”か“恋”か。「恋の定義」を模索する、年の差 恋愛未満ストーリー。

長閑の庭(アキヤマ香)の目次

第1巻

  • MARCHEN――1
  • MARCHEN――2
  • MARCHEN――3
  • MARCHEN――4

作者

アキヤマ 香(アキヤマ かおり)

漫画家。代表作に「片恋グルメ日記」「長閑の庭」などがある。

長閑の庭(アキヤマ香)の刊行情報

アキヤマ香 『長閑の庭』 講談社〈KC Kiss〉、全7巻

ドラマ版関連動画

テレビドラマ『長閑の庭』2019年6月2日~23日

長閑の庭(アキヤマ香)の登場人物

朝比奈 元子
主人公。K大学大学院ドイツ文学専攻1年。可愛いものが好きだが、小さい頃から大人っぽい、しっかり者と言われ、イメージに合わないものを避けるうちに、黒系のものばかり身に着けるようになり、「シュバルツさん」「シュバちゃん」などと、ドイツ語で「黒」を意味するあだ名を付けられる。人付き合いも苦手で、同い年の子にも敬語で話してしまう。飲み会で酒を断り、ノリが悪いと言われていたところを庇い、且つ論文を読んで「君の日本語は美しい」と言ってくれた榊教授に恋をする。

榊 郁夫
K大学ドイツ文学科教授。64歳。いつも苦虫を噛み潰したような顔をしている。

田中 蓮
K大学ドイツ文学科助手。人嫌いで堅物だと思っていた元子の思わぬ笑顔を見て以来、気になっており、度々元子をからかっている。

富岡 樹里
ドイツ語専攻の元子の同級生。可愛いものがよく似合う。田中に片思い中。

朝霧 翠
榊の元妻でドイツ舞踊研究者。「朝霧リョク」のペンネームで小説なども執筆する。K大学院の臨時教員に就任。底抜けに明るくパワフル。

長閑の庭(アキヤマ香)のあらすじ(ネタバレあり)

長閑の庭のストーリー(あらすじ)を簡単に紹介しています。この先の内容は、ネタバレを含んでいるため注意してご覧ください。

『長閑の庭』1巻のストーリーを紹介!

主人公の朝比奈元子は大学院生。普段から黒いものばかりを身に着けており、あまり社交的な性格ではないことも相まって、ドイツ語で“黒”を意味する「シュバルツ」にかけ、「シュバルツさん」「シュバちゃん」などと呼ばれていた。元子は飲み会で酒を断り、ノリが悪いと言われていたところを庇ってくれた上、論文を読んで「君の日本語は美しい」と言ってくれた榊教授に恋をしている。

そんな中、助手の田中によって、「教授とシュバさんの仲が良く、好きなのでは?」という噂が広まる。

資料を届けるために訪れた教授の家で元子はお茶を飲みつつ、幸せな時間を過ごすが、教授には「田中くんの噂で不快な思いをさせてしまいすまない」と謝罪されてしまう。教授も「不快だね」と口にし、さらにこんな老いぼれ相手では君が可哀想だと話すのだった。

元子は自分が教授に好意を持っていることを伝えるが、教授からは「君のそれは恋ではない」と諭されてしまう。

恋愛経験の乏しい元子は自分の好意がどのようなものなのかはっきりと分かっていなかった。後日、再び元子はそれとなく好意を伝えるが、教授の返答は「好意とその分類についての論文も宿題にしたまえ」というものだった。

恋の定義に元子が悩む中、大学には美人の新講師が赴任。その明るさとエネルギーに圧倒される元子だったが、その女性が教授の元の奥さんであることを知ると、嫉妬を覚えるのだった。

『長閑の庭』2巻のストーリーを紹介!

合宿の場で元子は翠から教授の過去の話を聞く。嫉妬について教授に話をしにいく元子だったが、波に足をとられて海に落下。駆け寄った田中に助けられる。

田中は元子をお姫様抱っこをして部屋まで連れていくが、同級生の樹里は内心穏やかではない。部屋で元子と教授が話をしている間に、樹里は田中に告白していた。

だが、樹里のストレートな告白に田中ははっきりとした答えを返さない。人嫌いで堅物だと思っていた元子の思わぬ笑顔を見て以来、元子のことが気になっているからだった。

教授は好意についての論文を持ってこない元子に、「君の好意は師弟愛だ」だと語る。元子は好意の種類が判明したことに安堵するが、同時に涙を流していた。

『長閑の庭』3巻のストーリーを紹介!

「好き」の種類を探していた元子は、教授に「嗜好と師弟愛以外の何物でもない」と断言されへこんでいた。

そんな元子を見かねた田中は課外授業と称して元子をデートに誘う。元子は田中のことを嫌ではないと口にするものの恋かは断言できないと気持ちを伝えた。田中がさらに攻勢に出ようとしたところで遊園地はちょうど閉園時間となってしまい、2人は帰路に就く。

あれこれぐちゃぐちゃになりながらも悩んでいた元子は勇気を出し、教授に「恋をしていると思う。それを証明するために協力してください」と気持ちをもう一度伝え、大学から二人っきりで帰る約束を取り付けたのだった。

『長閑の庭』4巻のストーリーを紹介!

大学からの帰宅途中に雑貨屋へと一緒に入れたことをデートだと喜ぶ元子。喜びもつかの間、翠にも好意を見破られたうえ、元妻である立場からの物言いをされ、すっかりしょぼくれてしまっていた。

学生主体で行われた翠の出版をお祝いするパーティーの後片付けをしていた元子だったが、大量のごみ袋を運んでいるところに教授が通りかかり、片付けを手伝ってもらうことに。二人は翠についての話をするが、なにやら険悪な雰囲気になってしまう。

先に教授がその場をあとにしたのを確認すると田中が元子に歩み寄ってきた。元子はなんでもないふうを装うが田中は意に介さず、元子を抱きしめ付き合ってくれるように伝えるのだった。

しかし、恋愛経験の乏しい元子は慌ててごめんなさいと言い残し、その場をあとにしてしまう。後日元子は田中に付き合えないことを伝え、一方教授には自分の感情が恋であることを話すのだった。

長閑の庭(アキヤマ香)の感想・解説・評価

地味な女性の年の差恋愛ストーリー

主人公の朝比奈元子は大学院生の23歳。真面目だが、引っ込み思案な性格で、クラスメートが出掛ける相談をしているのにも関わらず、自分が行きたいと言い出せないなど不器用な面がある女性だ。

恋愛経験も乏しい彼女が44歳上の教授に恋をしたところから物語は幕を開ける。大学の飲み会で酒を断り、ノリが悪いと言われていたところを教授が庇ってくれたうえ、論文を「君の日本語は美しい」と褒めてくれたのがきっかけだった。

やはり歳の差ラブストーリーの典型というか、榊教授は元子の恋愛に否定的だ。元子の祖父と大して変わらない年齢であることもあり、元子の気持ちを「師弟愛」であると結論付け、取り合おうとはしない。

しかし、恋愛経験に乏しい元子も、次第に自分の感情が師弟愛ではなく恋であると確信にいたる。外見が地味であるだけではなく、内面も引っ込み思案で卑下してしまう「シュバルツ(=黒)さん」が不器用に恋愛に奮闘する姿に好感が持てる作品だ。

榊教授の渋い魅力

僕は男性だが、榊教授はとても魅力的な男性だと感じる。67歳と高齢といっていい年齢だが、身なりに気を使っていることもあり、清潔感がありとにかく身なりがいい。容姿も整っているが、ただのイケメンなのではなく、落ち着きや思慮の深さ、学生を平等に見る視点など高潔な人格者だ。

学生を指導する立場として、遅刻した学生に対してなど厳しい一面も持ち合わせているが、それも自分に向かって謝罪するのではなく、授業を邪魔された学生たちのことを口にするなど、公平さも兼ね備えている。こればかりは10代、20代のイケメンたちが努力したところで身につかない魅力だ。

西炯子の『娚の一生』よりもさらに年齢差のあるカップルだが、そんな年配の男性が好きな女性にはたまらない作品だろう。

魅力的なサブキャラクターたち

本作には2人のほかにも、元子に想いを寄せる田中、田中に想いを寄せる同級生の樹里、榊教授の元妻・翠が登場。それぞれ自分の気持ちに正直に行動していく。

とくに元子に想いを寄せる田中はなんとか元子の視線を自分に向けさせようとストレートな行動に出る。いわばかき回しに来るわけだが、そこに嫌味だとか恋愛漫画特有のドロドロ感はない。魅力的なサブキャラクター達を気持ちよく見られる作品に仕上がっている。

合わせて読みたい本

長閑の庭(アキヤマ香)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました