今はもうない(森博嗣)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

嵐の山荘で起きた2つの密室殺人事件!
隣り合った部屋で死んだ美人姉妹。40歳の私は、西之園嬢と推理する。

今はもうないの作品情報

タイトル
今はもうない
著者
森博嗣
形式
小説
ジャンル
ミステリ
執筆国
日本
版元
講談社
初出
書き下ろし
刊行情報
講談社文庫

今はもうないのあらすじ(ネタバレなし)

岐阜県昼ヶ野高原山奥にある別荘で見つかった変死体。死んでいたのは招待客のうちの2人姉妹で、片方には殺された跡があるにもかかわらず死体は密室の中にあった。

そのとき別荘に滞在していたのは主人橋爪家親子と使用人、招待客数人であり、語り手・笹木と偶然客となった西之園嬢もいた。笹木と西之園は協力して事件の謎に挑み、推理を働かせるが決定的な解決は見つからない。

一方で状況が進むにつれて笹木は西之園に魅かれていき、ついには結婚を賭けたゲームを申し出る。

今はもうないの目次

全9章

作者

森 博嗣 もり・ひろし(1957年12月7日 – )

小説家。愛知県生まれ。東海中学校・高等学校を経て、名古屋大学工学部建築学科卒、名古屋大学大学院修士課程修了。工学博士。

1995年に初めての小説『冷たい密室と博士たち』を執筆。メフィストに投稿し、編集部から高い評価を受ける。第4作『すべてがFになる』に合わせ編集部がメフィスト賞の開催を決定。同作が第1回メフィスト賞受賞作となり、デビューを飾った。

今はもうないの刊行情報

今はもうない

  • 講談社ノベルス 1998年4月発行
  • 講談社文庫 2001年3月発行

今はもうないの登場人物

笹木(ささき)
本作の語り手。滞在していた橋爪家の別荘で密室殺人事件に遭遇する。

犀川創平(さいかわ そうへい)
国立N大学工学部建築学科助教授

西之園萌絵(にしのその もえ)
国立N大学工学部建築学科4年生

今はもうないの感想・解説・評価

合わせて読みたい本

数奇にして模型

シリーズ9作目。同じ日に発生した二つの密室殺人を巡るミステリです。

模型や人形が題材なせいか、人間の認識など哲学的な会話にかなりのページが割かれています。700ページとかなり長い作品ですが、飽きさせないのは見事

今はもうないの評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました