【書評】魔女(五十嵐大介)のあらすじ(ネタバレなし)と感想

魔女をテーマにした連作集。トルコ、熱帯地方、北欧、日本とそれぞれ舞台の違う4つの作品から成る。

作品情報

タイトル
魔女
著者
五十嵐大介
形式
漫画
ジャンル
幻想怪奇
ファンタジー
執筆国
日本
版元
小学館
初出
下記
刊行情報
全2巻
受賞歴
2004年文化庁メディア芸術祭優秀賞
2007年アングレーム国際漫画祭ベストコミックブック賞ノミネート

あらすじ・概要(ネタバレなし)

第1巻のあらすじ!

0年前・アジア西端の小国。その首都に滞在する英国人の少女ニコラは、バザールで働く青年ミマールに恋するが、結局は彼に振り向かれることなく帰国した。だが、自尊心の高いニコラは屈辱をずっと忘れず、富と名声、そして“世界の秘密”を手に入れた後、“力”を使いバザールの相談役たちを怪死させる事件を引き起こす。ニコラの復讐の魔の手は、次いでミマールの愛する孫娘・ハセキへと…

スピンドル(紡ぎ器)で織られた布に「伝言」を託す。それを読み解けるのは“古く大きな知恵”を授かり、伝言を織り成した少女・シラルただ一人のみ……。シラルとニコラの不可思議な物語「SPINDLE」ほかを収録した連作魔女奇譚・第1集。

第2巻のあらすじ!

宇宙空間を遊泳していた宇宙飛行士・カッセルは、小さな石との衝突事故を起こしてしまう。その一年前…街を外れた山間の家で、少女・アリシアは「大いなる魔女」と呼ばれるミラの家族となり、自然の中で生活を始める。ある日、ふたりは林の中で“ペトラ(=石)”という木々のささやきを、薪の中から“オガム(=生命)”の文字を感じ取り…

宇宙から持ち帰った“石”をめぐる物語「PETRA GENITALIX(ペトラ・ゲニタリクス)」と、南へ向かう船に乗った女子高生・ひなたが不思議な女性・千足に出会う「うたぬすびと」を収録した連作魔女奇譚・第2集。

目次

  • SPINDLE(『月刊IKKI』2003年6、8月号)
  • KUARUPU(『月刊IKKI』2004年2月号)
  • PETRA GENITALIX(『月刊IKKI』2004年6 – 8月号)
  • うたぬすびと(『月刊IKKI』2005年1月号)

作者

五十嵐大介 いがらし・だいすけ(1969年4月2日 – )

漫画家。埼玉県熊谷市出身。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。1993年に『月刊アフタヌーン』にてデビュー。高い画力と繊細な描写で自然世界を描く。2004年『魔女』により文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を、2009年『海獣の子供』により第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

もっと読む【おすすめ】五十嵐大介の全作品を一覧であらすじを紹介します

登場人物

シラル
遊牧民族の少女。織り上げた「伝言」を伝えるため首都に赴く。

ニコラ
欲しいものを手に入れるには手段を選ばない女性。首都のバザールを潰そうと企む。

クマリ
深遠なる森を守る少女。開発者に滅ぼされた部族の弔いのために闘う。

書評・感想・解説

合わせて読みたい本

海獣の子供

アニメ映画化が話題となった代表作です。

名手・五十嵐大介の初となる長編作品。自然世界への畏敬を下地に“14歳の少女”と“ジュゴンに育てられた二人の兄弟”とのひと夏の出逢いを、圧倒的な画力とミステリアスなストーリー展開によってエンターテインメントへと昇華させた名作です。

もっと読む海獣の子供(五十嵐大介)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました