海獣の子供(五十嵐大介)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

名手・五十嵐大介の初となる長編作品。自然世界への畏敬を下地に“14歳の少女”と“ジュゴンに育てられた二人の兄弟”とのひと夏の出逢いを、圧倒的な画力とミステリアスなストーリー展開によってエンターテインメントへと昇華させた名作。

海獣の子供(五十嵐大介)の作品情報

タイトル
海獣の子供
著者
五十嵐大介
形式
漫画
ジャンル
冒険
ファンタジー
執筆国
日本
版元
小学館
初出
月刊IKKI、2006年2月号~2011年11月号
刊行情報
IKKI COMIX、全5巻
受賞歴
第38回日本漫画家協会賞優秀賞
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞
第12回手塚治虫文化賞候補

海獣の子供(五十嵐大介)のあらすじ(ネタバレなし)

ハンドボール部に所属する中学生琉花は、トラブルで夏休み早々部活禁止になってしまう。やさぐれた彼女は、幼少期に大好きだった水族館へ行き海と出会う。翌日、琉花は父親の勤務する水族館で、海と再び会い、父親に海の面倒を見ることを命じられた。いなくなった海を探しに浜辺に出た琉花は、海の双子の兄、空とも出会う。海と比べ軽い性格の空に、琉花は反発しながらも交流を深めていく。同時期、海には隕石が落ち、世界では「白斑」を持つ魚が光となって消える現象が多発していた。

アニメ版関連動画

アニメーション映画『海獣の子供』2019年6月7日

作者

五十嵐大介(1969年4月2日 – )

漫画家。埼玉県熊谷市出身。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。1993年に『月刊アフタヌーン』にてデビュー。高い画力と繊細な描写で自然世界を描く。2004年『魔女』により文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を、2009年『海獣の子供』により第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。
もっと読む【おすすめ】五十嵐大介の全作品を一覧であらすじを紹介します

海獣の子供(五十嵐大介)の刊行情報

  • 『海獣の子供』IKKI COMIX、全5巻

海獣の子供(五十嵐大介)の登場人物

安海琉花
主人公。うまく気持ちを言葉にできず、学校でトラブルを抱えている。母と2人暮らし。


琉花が夜の東京湾で出会った不思議な少年。泳ぎがとてもうまく、魚たちと交感する能力がある。十数年前にフィリピンで保護され現在は琉花の父、ジムの働く水族館に身を寄せている。


海の双子の「兄」。海とは異なる白い肌を持ち、乾燥に極端に弱く陸にずっといることを苦手としている。自らの出生の秘密を探っている。

ジム・キューザック
水族館に勤務している海洋学者。若いころ、空によく似た「海の子供」を自分の過失で死なせてしまったことが原因で、彼らの謎を調査している。

アングラード
若き天才海洋学者で。幼少期からジムに協力していたが、現在はジムの元を離れ、ジムとは異なるアプローチで海の謎に迫ろうとする。

デデ
自称「海のなんでも屋」。ジム・アングラードとは旧知の仲で、海と空をジムに引き合わせた。

安海正明
琉花の父親。水族館職員。

安海加奈子
琉花の母親。海女の家系に生まれた。

海獣の子供(五十嵐大介)のあらすじ(ネタバレあり)

海獣の子供のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまで簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

『海獣の子供』1巻のストーリーを紹介!

部活での居場所をなくしてしまった少女・琉花が、夜の海で出会った不思議な少年・海――。港町と水族館を舞台に繰り広げられる、五感をふるわす少年少女海洋冒険譚!!

主人公・安海流花は、ハンドボール部に所属する女子中学生。学校ではトラブルメーカーであると考えられており、チームメイトをケガさせてしまったのをきっかけに、夏休みの間ハンドボール部の活動を禁止されてしまう。

「知っている人のいない海に行きたい」と考えた流花は東京にも海があることに思い至り、その足で東京の海に向かうことにした。流花が到着したときには、周囲は既に暗くなっていた。東京湾に辿り着いた流花は海を自由に泳ぎ回る少年・海に出会う。流花は海の体が光っていることから、かつて見た水族館の幽霊を思い出す。

翌日流花は学校へと向かうが、ハンドボール部の活動を遠巻きに見守るだけ。所在のなさを感じた流花は父の務める水族館を訪れる。そこで水槽の中を自由に泳ぐ海と再会することになった。そこで流花は、海の保護者・ジムと父親から、海が海中でジュゴンに育てられたことを教えられる。

その翌日も部活へ行くと嘘をつき学校に向かった流花。部活参加を願い出るか、辞めるかを悩む流花の元へ海がやって来る。海は「人魂」とやらを見るために流花を誘いに来たのだ。2人は夜の海で、空を横切る光を見る。それは隕石が発する光だった。

ある日流花が水族館へと行った帰り、海岸を歩いていると、布に包まった少年と出会う。それが海の兄である空だった。3人は流花を探しに来た母・加奈子から逃れるために船に乗り込み沖へと向かう。そして海中で発行するジンベイザメを見つける。流花が「水族館の幽霊」と呼んだそれを、海と空は「海の幽霊」と呼ぶのだった。

砂浜にリュウグウノツカイが複数打ち上ったり、ジュゴンや鯨が姿を見せる異常事態の中、空は行方不明になってしまう。

『海獣の子供』2巻のストーリーを紹介!

約40年前、海と空の保護者であるジムは、鯨漁をする島で生活していた。ある時ついに巨大な鯨を仕留めることに成功したジムだったが、その翌日、彼は沖に立つ1人の不思議な少年を目にする。島の人間は、この少年を「この島をつくった者」として敬い、彼を見ると必ずある言葉を唱えるのだった…

物語の始まる40年前、ジムは鯨漁を体得するためにとある部族の島に住み着いていた。ジムがついに鯨を仕留めると1人の少年が現れた。少年は島をつくった者であり、この世とあの世の間にいるという。2人は仲良くなり、共に夜の漁に出かけるものの、ジムの不注意から彼は命を落としてしまう。それから島は不作になり、ジムは責任を感じ島を出ることになった。

台風の大雨の中、行方不明になっていた空は病室のベッドの上に姿を見せる。海は「自分と同じところで生まれた台風が空くんを連れ戻してくれたのかもしれない」と話し、台風は“精霊の船”だと紹介する。

空が姿を見せた病室に、天才海洋学者のアングラードが現れ、空を連れ去ってしまう。その頃水族館では魚が発光して消えてしまうという不思議な現象が起こっていた。

海は空を感じる方向へと流花を導き、ついに4人は再会する。アングラードは、流花の視力がいいことに気が付き、水中視力が優れていること、海に適した人間であることを看破する。

空は、1巻で海と流花が見ていた隕石を持ち帰っていたが、それを流花に託して夜の海へと向かう。そして、そのままいなくなってしまう。

『海獣の子供』3巻のストーリーを紹介!

空が琉花の目の前で海の藻屑となってしまった夜から数日後、それから琉花は何かを思いつめたようになり、言葉を発しなくなってしまっていた。一方海も、周囲には理解できない話をつぶやくようになってしまった。あの夜果たして何が起こったのか? 水族館も、ジムとアングラードも、皆がそのことを気にする中…

空が消える瞬間を彼の目で見てしまった流花。そのショックはとても大きく、気持ちが沈んでしまう。

自分の中の隕石の存在を感じ取った流花は、海とアングラードのヨットに乗り込み大海原に出航することになる。空によって隕石を飲み込んだことにより、流花の体には変化が起きていた。流花は海に飛び込むと、空と海のように自由自在に泳いでみせるのだった。そして、3人は隕石の落下ポイントに到達する。

その頃、加奈子は夫とジムに面会していた。ジムはアングラードが流花を連れて行った理由を調べており、それが加奈子が海女の家系の出身であり、流花にもその素質が受け継がれたと推測を立てていた。ジムは加奈子に古いアジアの人物画を見せる。それを見た加奈子は、これは世界地図だと話す。ジムは創世神話における、世界の元または世界そのものであるという「原人」を探しているというのだ。

『海獣の子供』4巻のストーリーを紹介!

行方不明となった琉花・海・アングラードを捜索する船が、3人の乗っていたヨットを発見するも、そこにはアングラードの書いたジム宛ての手紙が一通置いてあるだけだった。琉花の行方を探るためにも、事情を知るアングラードを追い始めるデデ。一方、水族館を含め世界各地の海洋では、さまざまな異変が生じ始めて…?

加奈子は、学生のころから海女として海に潜っていた。加奈子は小さいころ、海の中にある穴で約束をしたという。しかし約束をしたことは覚えていても、約束の内容や相手は覚えていない。加奈子はその土地を離れたいという思いから、旅人の男と駆け落ちし、流花を出産したのだった。

加奈子はデデの船に乗り込み、流花を探しに向かう。

アングラードは天文台で、海とは宇宙の中でどんな存在なのか考えていた。アングラードによると、宇宙を見ていると、海の中にいるときと同じ気持ちになるという。

一方、波打ち際を歩いていたはずの流花は、いつの間にか海に背負われて、鍾乳洞のような場所に迷い込む。そして流花の体内にある隕石は大量の水を発生させるのだった。そのため流花の口から水が流れ続ける。

『海獣の子供』5巻のストーリーを紹介!

洞窟の奥で、「空」とも思える影と邂逅を果たした琉花。その後現れた「海」は、琉花が飲み込んだ「隕石」を自ら引き受け、琉花を海上へと導く。そこで始まったのは――「本番」。ジムやアングラードが、海や空が、全ての生き物が、地球と宇宙が待ち望んだ、「本番」。その圧倒的な光景を、琉花はひとり目撃する……。

漫画家のみならず各界著名人がこぞって激賞、漫画家協会賞やメディア芸術祭など数々の栄誉にも輝いた、五十嵐大介初長編連載にして最長連載作品、ついに完結!

鍾乳洞の中で流花は、自らの体から出てくる水につかりながら横たわっている。流花のそばには影のように真っ黒になった空がやって来て、流花の役割がこの場所まで隕石を運ぶことだったと明かす。

そしてその場に海が現れ、物語はこれまでの伏線を回収しつつ終幕へと向かう。

海獣の子供(五十嵐大介)の感想・評価

壮大な妊娠と出産の物語

2巻でアングラードは初登場した際、インドネシアの影絵劇を語る。そして空にはこうも話すのだ。

“宇宙支配神が大海に精液をこぼすと巨大な羅刹になった”
(引用者中略)
それで…思いついたんだ。「宇宙支配神の精液」って隕石の事なんじゃないか…

『海獣の子供』2巻

五十嵐大介の美麗な絵で展開される『海獣の子供』はストーリーの全貌をはっきりと台詞で説明してくれるわけではない。1巻でジムが「流花は…思っている事の半分でも、伝えられたためしがあるかい?」と話をしているが、いかにも本作の主題を伝えているように感じられる。本作は言語では完全に表現しえないことを伝えようとしている試みだとも受け取れるのだ。

本作はとてつもなく大きな世界観を持った作品だ。人間の生死、宇宙、そして海と膨大なスケールを抱えている。

そんな作品の中で隕石を託された流花は、ジムが「産み親」と歌う大海に旅立っていく。本作において隕石が「宇宙支配神の精液」の事ならば、流花が隕石を運ぶことは「精子と卵子の出会い」を意味する行為に他ならない。

そう考えると、作中に空や海のような「海の子供」の死の描写が複数回出てくることも頷ける。卵子が待つ場所まで最初にたどり着いた1匹のほかの何億匹は死にゆく定めなのだ。

5巻で流花は海と一緒に海中を泳ぎ回り「まるで…宇宙だ…」という感想を抱く。その後「夏休みの始めに出会った人たちは秋風の吹く頃にはみんないなくなっていた。」わけだが、流花は母・加奈子と一緒に海に再会したのではないか。5巻のデデの会話を聞くとそう思わされる。

美麗な絵で展開されるストーリー

先ほど、ジムの「流花は…思っている事の半分でも、伝えられたためしがあるかい?」という言葉を紹介したが、まさしく本作は「絵」で展開されるストーリーだ。

1巻では会話劇でストーリーが進行するが、物語が動いてくると台詞は姿を消し、海中の描写に多くのページが割かれることになる。そこで描かれるのは多くの生物や魚が生きている海だ。その海は“五十嵐大介ワールド”とでも呼ぶしかないような美麗で壮大なものである。

合わせて読みたい本

リトル・フォレスト

スローフードって楽じゃない。手間ひまかけて、汗かいて。だけど、そうやって辿り着いたひとくちには、本当の美味しさが満ちているのです。

魔女

魔女をテーマとした連作集。表題作ではトルコを舞台に、かつての想いを成就しようとする魔女の姿が描かれます。作中でストーリーや関係性を詳細に説明してくれるわけではないため、読者の想像に委ねられている部分も多いです。

独特の筆致で描かれる、未開の大自然、家々が果てしなく連なる街並み、呪術の描写が圧倒的でその迫力に飲まれてしまいます。
もっと読む【書評】魔女(五十嵐大介)のあらすじ(ネタバレなし)と感想

海獣の子供(五十嵐大介)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました