天使の卵-エンジェルス・エッグ(村山由佳)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

恋愛小説の名手・村山由佳のデビュー作。19歳の主人公が8歳年上の精神科医に恋する様子を描いたストレートな恋愛小説。

天使の卵-エンジェルス・エッグ(村山由佳)の作品情報

タイトル
天使の卵-エンジェルス・エッグ
著者
村山由佳
形式
小説
ジャンル
恋愛
執筆国
日本
版元
集英社
初出
書き下ろし
刊行情報
集英社文庫
受賞歴
第6回小説すばる新人賞

天使の卵-エンジェルス・エッグ(村山由佳)のあらすじ(ネタバレなし)

そのひとの横顔はあまりにも清冽で、凛としたたたずまいに満ちていた。19歳の予備校生の“僕”は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。

高校時代のガールフレンド夏姫に後ろめたい気持ちはあったが、“僕”の心はもう誰にも止められない。第6回「小説すばる」新人賞受賞作品。みずみずしい感性で描かれた純愛小説として選考委員も絶賛したデビュー作。

天使の卵-エンジェルス・エッグ(村山由佳)の目次

作者

村山 由佳 むらやま・ゆか(1964年7月10日 – )

小説家。東京都出身。立教大学文学部日本文学科卒業。社会人生活を送ったのち、『天使の卵-エンジェルス・エッグ』にて第6回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。代表作に『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズや、第129回直木賞を受賞した『星々の舟』などがある。
もっと読む【おすすめ】村山由佳の全作品を一覧であらすじを紹介します

天使の卵-エンジェルス・エッグ(村山由佳)の刊行情報

  • 『天使の卵-エンジェルス・エッグ』集英社、1994年
  • 『天使の卵-エンジェルス・エッグ』集英社文庫、1996年

漫画版

  • 池谷理香子『天使の卵-エンジェルス・エッグ』クイーンズコミックス、全1巻

映画版

映画『天使の卵』松竹、2006年10月21日

監督:冨樫森、出演:市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカ、戸田恵子、北村想

映画『天使の卵』を全編無料視聴できる配信一覧

映画『天使の卵』を全編無料視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには最長31日間の無料お試し期間があり、その無料期間内に解約してしまえばお金を払うことなく動画を視聴することができます。

Hulu
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
TSUTAYA TVレンタル
Netflix

天使の卵-エンジェルス・エッグ(村山由佳)の登場人物

一本槍 歩太(いっぽんやり あゆた)
19歳。美大志望の予備校生。普通の大学に通うことを周囲から勧められている、精神を病んだ父親のような人生を送りたくはないと考えている。

五堂 春妃(ごどう はるひ)
27歳。精神科医で、父の主治医。結婚した経験があるが、夫は既に他界している。

斉藤 夏姫(さいとう なつき)
19歳。大学生。歩太の恋人で、春妃の妹。高校の時から周囲の人の目をひく存在だったが、歩太との仲は次第に冷めていっている。

天使の卵-エンジェルス・エッグ(村山由佳)の感想・解説・評価

真っ直ぐな恋愛小説

浪人生であるっ主人公の歩太は19歳。高校時代の同級生である斉藤夏姫と付き合っているのだが、しだいに心が離れていってしまっているように感じている。そんなときに彼が一目惚れしてしまうのが、8歳年上の精神科医・五堂春妃だった。彼は無彩色のラッシュ時の中に、桜色の服を着て佇む彼女に目を奪われてしまうのだ。

本作は真っすぐな恋愛小説だ。ストレート、ド直球な恋愛小説として王道を突っ走っている。よく言えば王道で、悪く言えばありきたりだが、登場人物たちは純粋で気持ちのいい作品に仕上がっている。

作者・村山由佳はヒロインである春妃のことを「清冽」と書いている。「水が清く澄んで冷たいこと」という意味の言葉は、純粋で強さも兼ね備えながら弱くもろい一面を持っているヒロインにぴったりの言葉だ。

それだけではなく、小説にも「清冽」という言葉が当てはまるだろう。登場人物の関係にドキドキし、上手くいかなければソワソワし、悲しい展開には痛みを感じる。

純粋な登場人物たちの、微妙な心の動きを捉えた作品だ。人間の内面の描写に優れているからこそ、登場人物が引き立ち、共感することができるのだ。

合わせて読みたい本

天使の卵-エンジェルス・エッグ(村山由佳)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました