暗黒神話(諸星大二郎)のあらすじ(ネタバレあり)・解説・感想

日本神話、インド神話、古代史、宇宙論、バラモン教や孔子や仏陀を描いた壮大な物語。

暗黒神話(諸星大二郎)の作品情報

タイトル
暗黒神話
著者
諸星大二郎
形式
漫画
ジャンル
SF
伝奇
歴史
ファンタジー
執筆国
日本
版元
集英社
初出
週刊少年ジャンプ、1976年20号~25号
刊行情報
集英社文庫、1996年

暗黒神話(諸星大二郎)のあらすじ(ネタバレなし)

武を脅かす、蛇形の肩の傷―。それはまぎれもなく、全宇宙を動かす権利と力を受ける者“選ばれた者”の聖痕だった。謎の老人・竹内に導かれ、出雲をめざす武を待ち受けていた運命とは…! ?

暗黒神話(諸星大二郎)の目次

  • 畜生の章
  • 阿修羅の章
  • 餓鬼の章
  • 地獄の章
  • 人間の章
  • 天の章
  • 徐福伝説(集英社文庫版)

作者

諸星 大二郎 もろほし・だいじろう (1949年7月6日 – )

漫画家。主にSF・伝奇作品を手掛けている。長野県北佐久郡軽井沢町生まれ、1970年『COM』にてデビュー。代表作に『妖怪ハンター』『西遊妖猿伝』などがある。
もっと読む【おすすめ】諸星大二郎の全作品を一覧であらすじを紹介します

暗黒神話(諸星大二郎)の刊行情報

  • 創美社『暗黒神話』ジャンプスーパーコミックス、1977年
  • 創美社『暗黒神話』ジャンプスーパーエース、1988
  • おすすめ集英社『暗黒神話』集英社コミック文庫、1996年
  • ホーム社『暗黒神話 完全版』2015年
  • ファンなら集英社『暗黒神話』愛蔵版、2017年

暗黒神話(諸星大二郎)の登場人物

山門武(やまと たけし)
主人公。13歳の少年。右肩に蛇を思わせる奇妙な傷跡がある。実はヤマトタケルが転生した姿であり、宇宙の真理たるブラフマンに選ばれし者「アートマン」となる運命を持つ。

小泉小太郎(こいずみ こたろう)
父の友人と称して武に近づいてきた謎の男。

竹内(たけうち)
武の周辺に現れる謎の老人。縄文土器やヤマトタケル伝説に詳しい。

菊池彦(きくち ひこ) / 菊池一彦(きく かずひこ)
古代縄文人・熊襲の血を引く菊池一族の宗主・菊池家の73代目当主。

大神美弥(おおがみや)
菊池一族の大神家の代表である若い女性。

大角隼人(おおすみはやと)
古日本人の血を引く隼人族の若者。菊池彦に従っている。

暗黒神話(諸星大二郎)のあらすじ(ネタバレあり)

暗黒神話のストーリー(あらすじ)を簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

暗黒神話のあらすじ【起】

主人公・武は13歳の少年。東京・武蔵野に住んでいるが、縄文土器に引き付けられるとして、諏訪の博物館まで足しげく通っていた。そんな武に謎の老人・竹内が話しかける。彼は名乗っていない武の名前を何故か知っていた。

武蔵野の家に帰ると、亡くなった父の友人を名乗る小泉小太郎という男が訪ねてきていた。武はその男から「父は殺されたかもしれない」と聞かされ、遺品の調査をそれとなく依頼される。武は父が亡くなったときに父のそばにいた記憶があるが、まだ幼かったため、そのときのことはよく覚えていない。武はそのとき肩を負傷しており、それ以来肩には古い傷跡が残っている。

武と小泉は父の遺品から、父が亡くなっていた山を訪れる。そこには竹内が姿を見せる。小泉と竹内は知り合いだったのだ。竹内は甲賀三郎の人穴を案内してやると言って、石仏に隠された洞穴に入る。人骨の散乱した穴の奥で三人は、腕のない怪物に出くわす。三人は逃げ出すが、その際に手に入れた土偶に書かれていた古代文字から出雲に向けて出発する。

暗黒神話(諸星大二郎)の感想・解説・評価

原点にして頂点

本作は、日本神話、バラモン教思想、魏志倭人伝、古代史など様々な要素を詰め込んだ伝奇・SF作品に仕上がっている。同時期に週刊少年ジャンプ等にて連載が始まった『妖怪ハンター』シリーズと共に諸星大二郎の代表作だと言える。

作家キャリアの初期に位置する作品ではあるが、すでにその独自の作風は確立。伝奇・SF作品でありながらミステリー作品としての要素も含んでおり、読者は専門用語や古代史の情報をに混乱することなく、物語を楽しむことができる。

全一巻ながら、古代・現在・未来を行き来する壮大な構想の作品となっている。

合わせて読みたい本

孔子暗黒伝

歴史的なストーリーに合わせ、儒学、五行説、仏教、ヒンドゥー神話、日本神話、科学などを展開する壮大な物語です。

「暗黒神話」とセットで読むとより諸星ワールドを楽しめると思います。

暗黒神話(諸星大二郎)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
漫画
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました