びっくり館の殺人(綾辻行人)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

館シリーズ第8作。

作品情報

タイトル
びっくり館の殺人
著者
綾辻行人
形式
小説
ジャンル
ミステリ
執筆国
日本
版元
講談社文庫
初出
書き下ろし
刊行情報
講談社文庫

あらすじ・概要(ネタバレなし)

リリカは何の子? 悪魔の子!?
すべての世代の“童心”に贈る 謎(ミステリー)と驚き(サプライズ)のおもちゃ箱!
少年の日の、極彩色の悪夢――あの密室殺人の真犯人は誰だったのか!?

あやしい噂が囁かれるお屋敷町の洋館、その名もびっくり館。館に住む少年と友だちになった三知也たちは、少年の祖父が演じる異様な腹話術劇におののくが……クリスマスの夜、ついに勃発する密室の惨劇! 悪夢の果てに待ち受ける戦慄の真相とは!? ミステリーランド発、「館」シリーズ第8弾、待望の文庫化。

目次

作者

綾辻 行人 あやつじ・ゆきと(1960年12月23日 – )

京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。京都大学院博士後期課程修了。在学中は京都大学推理小説研究会に所属する。1987年に『十角館の殺人』でデビュー。「新本格ミステリ」ムーヴメントの嚆矢となる。1992年に『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。「館」シリーズという一連の長編は、現代本格ミステリを牽引しつづけている。ミステリ、ホラー、怪談など幅広く活躍。代表作に『十角館の殺人』『時計館の殺人』『Another』など。

刊行情報

  • 2012年1月 講談社ノベルス
  • 2015年4月 講談社文庫上下

登場人物

永沢 三知也
この物語の語り手。小学校六年生の夏、「びっくり館」で俊生と出会い、友だちになる。

古屋敷 龍平
「びっくり館」の老主人。

古屋敷 美音
その養女。

古屋敷 梨里香
その娘。

古屋敷 俊生
その弟。

新名 努
大学生。俊生の家庭教師。

湖山 あおい
そのいとこ。三知也の同級生。

中村 青司
謎の建築家。

鹿谷 門実
謎の推理作家。

感想・解説・評価

子ども向けに書かれたジュブナイルミステリ

合わせて読みたい本

十角館の殺人

著者のデビュー作ともなったシリーズ第1作。

館シリーズは刊行順に読んでいくべき作品です。読んでいなかったらぜひ読みましょう!

そして五人がいなくなる

ジュブナイルミステリといえば、はやみねかおるの名探偵夢水清志郎事件シリーズがおすすめです。

三つ子の三姉妹と名探偵の謎解きを楽しめる作品です。

小学生、中学生の読者にぜひ読んでほしいです!

評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました