珈琲店タレーランの事件簿(岡崎琢磨)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

理想の珈琲を追い求める青年が京都の一角にある珈琲店「タレーラン」の女性バリスタが解き明かす日常の謎に巻き込まれていくミステリー。

作品情報

タイトル
珈琲店タレーランの事件簿
著者
岡崎琢磨
形式
小説
ジャンル
ミステリ
執筆国
日本
版元
宝島社
刊行情報
宝島社文庫
受賞歴
第10回『このミステリーがすごい!』大賞最終選考

あらすじ(ネタバレなし)

女性バリスタの趣味は――謎解き! 理想の珈琲を追い求める青年が、京都の一角にある珈琲店「タレーラン」で、のっぴきならない状況に巻き込まれて……。魅惑的な女性バリスタが解き明かす日常の謎の数々です。第10回『このミステリーがすごい! 』大賞最終候補作に、徹底的に手を入れて生まれ変わった、編集部推薦の「隠し玉」。

目次

作者

岡崎 琢磨 おかざき・たくま(1986年7月7日 – )

推理作家。福岡県太宰府市出身。京都大学法学部卒業。大学卒業後、福岡県に戻って実家の寺院に勤務しながら執筆を続け、2011年、『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』が第10回『このミステリーがすごい!』大賞の最終選考に残り、“隠し玉”として出版されデビュー。

刊行情報

  • 「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」2012年8月、宝島社文庫

登場人物

アオヤマ
主人公。コーヒーをこよなく愛する青年。偶然入った珈琲店「タレーラン」で、長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ切間美星に出会う。美星が推理を披露する場に立ち会ったことで、その聡明な頭脳に惹かれ、以降しばしば「タレーラン」を訪れるようになる。

切間美星(きりま みほし)
京都市内の一角に店を構える珈琲店「タレーラン」のバリスタ。女子高生と見紛うほどに背が低く童顔だが、アオヤマよりひとつ年上である。よく切れる聡明な頭脳の持ち主で、店に持ち込まれる日常の謎を鮮やかに解き明かしていく。

感想・解説・評価

合わせて読みたい本

ビブリア古書堂の事件手帖

古書に関して並外れた知識を持つが、極度の人見知りである美貌の古本屋店主・栞子が、客が持ち込む古書にまつわる謎を解いていきます。

殺人事件などは起きない日常の謎系のビブリオミステリですね。
>>>ビブリア古書堂の事件手帖(三上延)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

黒いハンカチ

こちらも日常の謎を扱った連作短編集です。

昼寝を趣味とするニシ・アズマ先生が探偵役。ほんわかした雰囲気で読んでいてほっこりとする作品集です。

評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました