ビブリア古書堂の事件手帖(三上延)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

古書に関して並外れた知識を持つが、極度の人見知りである美貌の古本屋店主・栞子が、客が持ち込む古書にまつわる謎を解いていく日常の謎系のビブリオミステリ。

ビブリア古書堂の事件手帖の作品情報

タイトル
ビブリア古書堂の事件手帖
著者
三上延
形式
小説
ジャンル
ミステリ
執筆国
日本
版元
アスキー・メディアワークス
初出
書き下ろし
刊行情報
メディアワークス文庫
受賞歴
本屋大賞ノミネート

ビブリア古書堂の事件手帖のあらすじ(ネタバレなし)

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。

だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。

これは“古書と秘密”の物語。

ビブリア古書堂の事件手帖の目次

  • プロローグ
  • 第一話 夏目漱石『漱石全集・新書版』(岩波書店)
  • 第二話 小山清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』(新潮文庫)
  • 第三話 ヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』(青木文庫)
  • 第四話 太宰治『晩年』(砂子屋書房)
  • エピローグ

作者

三上 延 みかみ・えん(1971年 – )

小説家。神奈川県横浜市生まれ。武蔵大学人文学部社会学科卒業。大学卒業後、藤沢市の中古レコード店、古本屋でアルバイトをしながら小説を新人賞に投稿し、『ダーク・バイオレッツ』で第8回電撃小説大賞3次選考を通過し、2002年に同作でデビュー。ホラー風の作品が多かったが2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気作になる。

ビブリア古書堂の事件手帖の刊行情報

メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 〜栞子さんと奇妙な客人たち〜』2011年3月25日

角川つばさ文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 〜栞子さんと奇妙な客人たち〜』2016年8月15日

漫画版

ナカノ『ビブリア古書堂の事件手帖』角川コミックス・エース

交田稜『ビブリア古書堂の事件手帖』アフタヌーンKC

映画版

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』2018年11月1日

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』を全編無料視聴できる配信一覧

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』を全編無料視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには最長31日間の無料お試し期間があり、その無料期間内に解約してしまえばお金を払うことなく動画を視聴することができます。

Hulu
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
TSUTAYA TV
dTV
Netflix

ビブリア古書堂の事件手帖の登場人物

五浦大輔(ごうら だいすけ)
主人公で、語り手。23歳の男性。
小学生の頃の些細な悪戯が原因で活字を見ると体調が悪くなる「活字恐怖症」であり、読書とは縁遠い人生を送ってきたが、本当は本に対して憧れに近い感情を抱いている。
祖母が遺した『漱石全集』を査定してもらうために「ビブリア古書堂」を訪れ、そこで栞子に祖母の秘密を解いてもらった縁で、アルバイトとして就職する。

篠川栞子(しのかわ しおりこ)
もう1人の主人公で、探偵役。北鎌倉の古本屋「ビブリア古書堂」の女店主。25歳。物語開始の前年に前店主の父親を亡くし、店を継いだ。
黒髪の長髪に透き通るような肌をした美人。本の話以外では他人と目を合わせることもできない、内向的な性格。古書の知識は並大抵のものではない。普段はたどたどしいしゃべり方をするが、本が絡む話になるといわゆる「スイッチが入った」状態になり、別人のようにキビキビとしたしゃべり方にかわる。

篠川文香(しのかわ あやか)
栞子の妹。大輔の母校に通う高校生。
古書についての知識はほとんどない。明るく無邪気で誰とでも打ち解けられるが、口が軽い。篠川家の家事をほぼ取り仕切っており、料理が得意。

ビブリア古書堂の事件手帖のあらすじ(ネタバレあり)

ビブリア古書堂の事件手帖のストーリー(あらすじ)を簡単に紹介しています。この先の内容は、ネタバレを含んでいるため注意してご覧ください。

プロローグ

高校時代、北鎌倉の駅近くの坂道にある古書店。白髪まじりの中年男が一人で経営しているはずの古書店で、小さなワゴンを引っ張り出している女性を見て気を引かれる。

立看板には「ビブリア古書堂」とあった。声をかけようと思ったが自分の体質を思いやめてしまった。

ウィキペディアより

第一話 夏目漱石『漱石全集・新書版』(岩波書店)のあらすじ

五浦大輔は幼い頃、本好きの祖母の本棚をいじりひどく叱られてから、本を長時間読むことが出来ない体質になっていた。

大学を卒業するが、就職を決めた会社は卒業直前に倒産してしまい、無職の状態が続いていた。その年の盛夏の8月のこと、大輔の母・恵理が1年前に他界した祖母の遺品『漱石全集』の1冊に、夏目漱石のサインがあるのを見つける。

母に頼まれた大輔は、サインが本物であるかどうかを調べるため本の値札に記されていたビブリア古書堂を訪れると、店主は入院しており、店番からは病院へ行くよう言われる。

病院にて大輔が女店主篠川栞子に会うと、高校時代にビブリア古書店で見かけ、気にかかっていた女性だった。

ウィキペディアより

第二話 小山清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』(新潮文庫)のあらすじ

大輔がビブリア古書堂で働き出してから3日が経った。

今までは栞子の妹の篠川文香が店番をしていたが、今朝は母屋から出てこない。店番となった大輔は、常連と自称する男に万引きを取り押さえてもらう。

せどり屋の志田と名乗ったその男は、盗まれた本を探してもらいたくて来たという。志田はせどり屋仲間と商品を交換するために待ち合わせをし、トイレに立った時に女子高校生に自転車を倒され文庫本『落穂拾ひ』を盗まれたようなので、もしその本を売りに来たら黙って買い取り、自分に買い戻させてほしいということだった。

ウィキペディアより

第三話 ヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』(青木文庫)のあらすじ

ビブリア古書堂に古びた文庫本を持ち込み、買い取ってもらいたいという初老の男・坂口昌司が現れる。

明日の正午には査定を終えておいて欲しいと言い置いて彼は出て行く。それからしばらくして坂口の妻を名乗る女から電話がかかってきてその文庫本を売るのを止めてもらえないかという。

ウィキペディアより

第四話 太宰治『晩年』(砂子屋書房)

大輔は栞子が入院するに至った秘密を打ち明けられる。

栞子が所持する太宰治の『晩年』は、祖父・父と受け継いできた初版本、しかも署名入りのアンカット本で極めて貴重なものだという。文学館の展示に貸し出したことから所持していることが知られ、大庭葉蔵と名乗る男からその本を譲るようしつこく迫られていたというのだ。

ウィキペディアより

ビブリア古書堂の事件手帖の感想・解説・評価

合わせて読みたい本

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常

シリーズ2作目。

第1巻では安楽椅子探偵として大活躍だった栞子さん。第2巻ではその彼女の性格が垣間見える。弱さや悩みなど、第1巻では見えてこない面も描かれていきます。

もちろんライトミステリとして、日常の謎も楽しめます。

ビブリア古書堂の事件手帖の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました