『私の家政夫ナギサさん』原作者・四ツ原フリコの漫画がおもしろい!

2020年夏ドラマとして放送された「私の家政夫ナギサさん」。

おじさんが家政婦としてやってくるというストーリーや、衝撃のラストなど大いに話題を呼んだ作品でした。

今回の記事では原作者・ 四ツ原フリコさんのおすすめ漫画をまとめて紹介しています。

四ツ原フリコの漫画をまとめて紹介!

家政夫のナギサさん

テレビドラマ化の大人気電子コミックが単行本に!
「男の家政夫なんて、絶対にイヤ―――!!」

20代バリキャリのメイが会社から帰宅すると、そこには彼女の下着を手にした見知らぬ男が!?
「お風呂になさいますか?ご飯にされますか?それとも…」
――なんてお約束のセリフを放ったのは半ば強制的に雇うハメになった“おじさん家政夫”!
男なのに“お母さんになりたい”というナギサさんをはじめは変だと思っていたメイだけど…。

ライカ、パブロフ、ポチハチ公

女王様気質のゆり子は、ある日学食で自分の陰口を耳にし、自分に忠実なコロをむしゃくしゃする気分のままホテルに誘ってしまう。 センシティヴ百合の旗手が描く、甘くて切ない女の子同士の恋。

セックスしたい、したくない

恋愛感情があるか、性欲があるか、童貞か処女か、それってそんなに大切か?

大学の奴らはみんなそんなことばっかり。ウンザリだ。ずっと一人でいい。そう思っていたのに……あのビッチのせいで――…!! 恋愛感情ゼロ男とセックス依存女の凸凹青春譚☆【ズズズキュン!】

整形シンデレラ

鏡をみて、泣いたことがありますか――? こんな顔でオシャレの話なんてしたら、コスメを買いに行ったら、きっと笑われる。そんな思いで生きてきた卑屈なブスOL・橘凜は、社内イチの美人・貝塚凜と同じ名前という理由でイジられみじめに過ごしていた。だけど仕方ない。ブスは人生終わってるから――…。そんなある日、“宝くじ1191万円”が当選!! ブスは人生終わってるけど、私はここから始めるのです。

スリーピングビューティーの見た夢

事故の後遺症で、なにもかもわすれてしまった――。あの人が持ってくるお菓子はなぜかいつもおいしくて、持ってきてくれる本は、なぜかいつも面白くて……。でも、私は知らない。私の好きなものを。私の好きな―――…。センシティブに焦がれる想いを、びろうどみたいにきらきら輝く女の子同士の切なく、ほろ甘い恋の話……。

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
おすすめ
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました