人形館の殺人(綾辻行人)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

館シリーズの第4作。

作品情報

タイトル
人形館の殺人
著者
綾辻行人
形式
小説
ジャンル
ミステリ
執筆国
日本
版元
講談社
初出
書き下ろし
刊行情報
下記

あらすじ(ネタバレなし)

父が飛龍想一に遺した京都の屋敷――顔のないマネキン人形が邸内各所に佇(たたず)む「人形館」。街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身にも姿なき脅迫者の影が迫る。彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局への秒読みはすでに始まっていた!? シリーズ中、ひときわ異彩を放つ第4の「館」、新装改訂版でここに。

目次

作者

綾辻 行人 あやつじ・ゆきと(1960年12月23日 – )

京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。京都大学院博士後期課程修了。在学中は京都大学推理小説研究会に所属する。1987年に『十角館の殺人』でデビュー。「新本格ミステリ」ムーヴメントの嚆矢となる。1992年に『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。「館」シリーズという一連の長編は、現代本格ミステリを牽引しつづけている。ミステリ、ホラー、怪談など幅広く活躍。代表作に『十角館の殺人』『時計館の殺人』『Another』など。

刊行情報

  • 講談社ノベルス:1989年4月5日
  • 講談社文庫:1993年5月15日
  • 講談社文庫(新装改訂版):2010年8月12日

登場人物

飛龍 想一
本作の語り手。画家。

池尾 沙和子
想一の養母。実母・実和子の妹。

辻井 雪人
本名・森田行雄。自称・作家。緑影荘の住人。

倉谷 誠
K大学理学部の大学院生。緑影荘の住人。

木津川 伸造
マッサージ師。緑影荘の住人。

島田 潔
探偵。想一の友人。

あらすじ(ネタバレあり)

人形館の殺人の序盤のストーリー(あらすじ)を簡単に紹介しています。この先の内容は、ネタバレを含んでいるため注意してご覧ください。

語り手の「私」こと飛龍想一は画家の真似事をしつつ生活をしている。

療養のため入院していたが、ようやく退院できることとなり、育ての母である叔母とともに実父・飛龍高洋が残した「緑影荘」に引っ越すために京都を訪れる。

その屋敷は日本家屋の本邸と洋風の離れが合体したような不思議なつくりをしていた。

本邸の日本家屋には部品の一つが欠落したマネキンが随所に配置され、また離れの洋館はアパートとして貸し出されていたが、改築時に中村青司が携わったという噂があった。

そんな中、近所では通り魔殺人事件が発生、さらに「私」のもとにも脅迫状めいた奇怪な手紙が届き、次々と奇妙な出来事が起こり始める。

手紙の送り主とは誰なのか、奇妙な事件の犯人と同一人物なのか?恐怖に駆られた私は、大学時代の友人・島田潔に助けを求める。

感想・解説・評価

合わせて読みたい本

十角館の殺人

著者のデビュー作ともなったシリーズ第1作。

館シリーズは刊行順に読んでいくべき作品です。読んでいなかったらぜひ読みましょう!

時計館の殺人

第5の館は時計館。シリーズ最高傑作とも名高い作品です。僕も一番好きな作品です。

もし人形館が気に入らなかったとしても、もう一作読みましょう。十角館をアップデートしたような傑作です。

占星術殺人事件

作中にも出てきますが、島田荘司の「占星術殺人事件」を本歌取りしたような作品に仕上がっています。

合わせてこちらもどうぞ。トリックに衝撃を受けると思います。

評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました