蝉しぐれ(藤沢周平)のあらすじ(ネタバレあり)・感想

海坂藩普請組の伜・牧文四郎は元服前の少年剣士。隣家の娘ふくに淡い恋を寄せるが、娘は藩主側妾となる定めだった。武家小説傑作長篇藤沢文学の香り高い情景を余すところなく盛り込んだ名作。

蝉しぐれの作品情報

タイトル
蝉しぐれ
著者
藤沢周平
形式
小説
ジャンル
時代劇
執筆国
日本
版元
文藝春秋
初出
山形新聞夕刊、1986年7月9日~1987年4月11日
刊行情報
文春文庫

蝉しぐれのあらすじ(ネタバレなし)

清流とゆたかな木立にかこまれた城下組屋敷。普請組跡とり牧文四郎は剣の修業に余念ない。淡い恋、友情、そして非運と忍苦。苛烈な運命に翻弄されつつ成長してゆく少年藩士の姿を、精気溢れる文章で描きだす待望久しい長篇傑作!

「どうした?噛まれたか」「はい」文四郎はためらわずその指を口にふくむと、傷口を強く吸った。無言で頭を下げ、小走りに家へ戻るふく―。海坂藩普組牧家の跡取り・文四郎は、15歳の初夏を迎えていた。淡い恋、友情、突然一家を襲う悲運と忍苦。苛烈な運命に翻弄されつつ成長してゆく少年藩士の姿を描いた、傑作長篇小説。

蝉しぐれの目次

作者

藤沢 周平 ふじさわ・しゅうへい(1927年12月26日 – 1997年1月26日)

小説家。山形県鶴岡市出身。江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説作品を多く残した。とくに、架空の藩「海坂藩(うなさかはん)」を舞台にした作品群が有名である。代表作に『たそがれ清兵衛』『海鳴り』『蝉しぐれ』など。

蝉しぐれの刊行情報

  • 『蟬しぐれ』文藝春秋、1988年5月11日
  • 『蟬しぐれ』文春文庫、1991年7月10日
  • 『愛蔵版 蟬しぐれ』文藝春秋、2016年12月14日
  • 『新装版 蟬しぐれ 上下』文春文庫、2017年1月10日

映画版

テレビドラマ『蟬しぐれ』NHK総合「金曜時代劇」、2003年8月22日~10月3日

映画『蟬しぐれ』東宝、2005年10月1日

監督:黒土三男、出演:市川染五郎、木村佳乃、原田美枝子、緒形拳

映画『蟬しぐれ』を全編無料視聴できる配信一覧

映画『蟬しぐれ』を全編無料視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには最長31日間の無料お試し期間があり、その無料期間内に解約してしまえばお金を払うことなく動画を視聴することができます。

Hulu
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
TSUTAYA TV
Netflix

蝉しぐれの登場人物

牧文四郎
本作の主人公。牧助左衛門の一人息子。物語開始時15歳。義理の父・助左衛門が藩の政争に敗れ切腹させられたことにより、「反逆者の子」の烙印を押される。その後剣術を学び、父の仇でもある家老の陰謀に立ち向かっていく。ふくとは相思相愛の仲。

小柳ふく
本作のヒロイン。牧家の隣家である小柳家の娘。物語開始時12歳。文四郎とは相思相愛の仲だが、藩主の正室に仕えるために江戸のに奥屋敷に勤めることになる。

小和田逸平
文四郎の親友。物語開始時16歳。文四郎の父が刑死して、世間が文四郎を白い目で見るようになってからも、変わらぬ友情を示し続けた。 家老の陰謀に対抗する際に文四郎に助力する。

島崎与之助
文四郎の親友。物語開始時15歳。剣の腕はさっぱりだが、居駒塾では始まって以来の秀才。藩の金銭的援助を得て江戸へ遊学しており、文四郎に江戸藩邸に住むふくの様子を伝える。

蝉しぐれの感想・解説・評価

残酷な運命を背負って武士へと成長する一人の少年の物語

本作で描かれる15歳の主人公、牧文四郎はまさに子どもから大人へ変わるその真っ直中にいる。文四郎は、文武両道に特に武である剣術の稽古に励み、隣家の娘であるふくに淡い恋心を抱き、先のことについて親友である小和田逸平や島崎与之助と語り合う。

元服を間近に予定しつつも、どこにでもいるような平凡な少年である彼が、剣術を極め、自分を高めていく中で、何を経験したのかと問われればそれは「諦めること」に他ならなかった。尊敬する父助左右衛門、恋い慕うふく、その両方をどうしようもない大きな力によって奪われてしまったのだ。

そこにあったのは、やりきれなさでも、苛立ちでもなかった。ただ諦め、悔しがり妥協する一連の行為だけであった。その結果残ったのは後悔だけである。父との対面の際、父を安心させるような、または感謝するような言葉をかけてやれなかったとの思い、江戸へ行くふくが会いに来たときには、自分の私用のために居合わせることもできなかった。それらは、将来を変えたかもしれなかったのに。

その後、文四郎は元服し一家の主になり妻を娶り子を授かる。順風満帆とは言えないまでも、普通の生活を送る。だが、そこには自分が行った行いに対する後悔はない。

決して明るい話でもないし、ハッピーエンドと言えるかどうかもわからない。だが、親子愛、友情、剣術、身分の壁など時代小説の素晴らしさが詰まった作品であることは間違いない。藤沢周平の筆が冴えた傑作であり、藤沢周平を読んでみたいという方にまずおすすめする作品だ。

合わせて読みたい本

風の果て

首席家老・桑山又左衛門の許に、ある日果たし状が届く。「恥を知る気持ちが残っているなら、決闘に応じよ」というのです。

相手は野瀬市之丞。同門・片貝道場の友人だった。戸惑いつつ、又左衛門は親友たちと過ごした日々を振り返りながら、人生で得たものと失ったものを確かめていきます。

蝉しぐれの評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました