水車館の殺人(綾辻行人)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

「『十角館』に勝るとも劣らず衝撃的な作品」――有栖川有栖

作品情報

タイトル
水車館の殺人
著者
綾辻行人
形式
小説
ジャンル
ミステリ
執筆国
日本
版元
講談社
初出
書き下ろし
刊行情報
下記

あらすじ(ネタバレなし)

仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。1年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか? 密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは……!? 本格ミステリの復権を高らかに謳(うた)った「館」シリーズ第2弾、全面改訂の決定版!

目次

作者

綾辻 行人 あやつじ・ゆきと(1960年12月23日 – )

京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。京都大学院博士後期課程修了。在学中は京都大学推理小説研究会に所属する。1987年に『十角館の殺人』でデビュー。「新本格ミステリ」ムーヴメントの嚆矢となる。1992年に『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。「館」シリーズという一連の長編は、現代本格ミステリを牽引しつづけている。ミステリ、ホラー、怪談など幅広く活躍。代表作に『十角館の殺人』『時計館の殺人』『Another』など。

刊行情報

  • 1988年2月 講談社ノベルス
  • 1992年3月 講談社文庫
  • 新装改訂版 2008年4月 講談社文庫
  • 2010年2月 YA!ENTERTAINMENT

登場人物

島田 潔(しまだ きよし)
本作における探偵。

藤沼 一成(ふじぬま いっせい)
故人。「幻視者」といわれた画家。莫大な遺産と「水車館」を残した。

藤沼 紀一(ふじぬま きいち)
藤沼一成の息子。過去のある事故で顔と手足に深い傷を負ったため、仮面をつけ、車椅子生活となり、由里絵と共に「水車館」に隠棲している。

感想・解説・評価

良質なミステリが味わえるシリーズ第2作

合わせて読みたい本

十角館の殺人

著者のデビュー作ともなったシリーズ第1作。

館シリーズは刊行順に読んでいくべき作品です。読んでいなかったら読むべき!

迷路館の殺人

十角館、水車館ときて次は”迷路”。

驚きの仕掛けに、次々明かされる驚愕の真実。もし水車館を気に入らなくても、もう一作読んでみるのがおすすめです。

評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました