となり町戦争(三崎亜記)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。だが変わらぬ日常に、僕は戦時下の実感が持てないまま。それでも“見えない”戦争は着実に進んでいた。見えない戦争を描いた衝撃作。

となり町戦争(三崎亜記)の作品情報

タイトル
となり町戦争
著者
三崎亜記
形式
小説
ジャンル
戦争
執筆国
日本
版元
集英社
初出
不明
刊行情報
集英社文庫
受賞歴
第17回小説すばる新人賞
第133回直木三十五賞候補

となり町戦争(三崎亜記)のあらすじ(ネタバレなし)

「舞坂町はとなり町・森見町と戦争を始めます。開戦日5月7日。終戦予定日は8月31日。」 ある日届いた、となり町との戦争のお知らせ。“僕”は、偵察業務遂行のために、対森見町戦争推進室の“香西さん”と夫婦生活を始める。“僕”は、知らず知らずのうちに、その戦争の中心にいたのだった。

となり町戦争(三崎亜記)の目次

作者

三崎 亜記 みさき・あき(1970年8月 – )

小説家。熊本大学文学部史学科卒業。1998年、パソコンを買ったことをきっかけに、市役所職員のかたわら「となり町戦争」の執筆を始め、同作で第17回小説すばる新人賞受賞しデビュー。

となり町戦争(三崎亜記)の刊行情報

『となり町戦争』集英社、2005年1月
『となり町戦争』集英社文庫、2006年12月

映画版

映画『となり町戦争』角川映画、2007年2月3日
監督:渡辺謙作、出演:江口洋介、原田知世、瑛太、余貴美子

映画『となり町戦争』を全編無料視聴できる配信一覧

映画『となり町戦争』を全編無料視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには最長31日間の無料お試し期間があり、その無料期間内に解約してしまえばお金を払うことなく動画を視聴することができます。

Hulu
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
TSUTAYA TV
Netflix

となり町戦争(三崎亜記)の登場人物

北原 修路(きたはら しゅうじ)
舞坂町のアパートに一人暮らし。職場までの通勤の関係で、町に住み始めた。舞坂町役場から任命され、職場への行き帰り中にとなり町を通過する際に偵察業務を行い報告する。後に偵察業務のために香西と夫婦になる。

香西 瑞希(こうさい みずき)
舞坂町役場の職員。となり町内での拠点偵察業務のために、北原と夫婦になる。

となり町戦争(三崎亜記)の感想・解説・評価

“見えない”現代の戦争を描いた意欲作

本作は、戦争を公共事業として扱った意欲作である。主人公は、ある日役所の広報で開戦を知る。そして、戦争に参加することになる。とはいえ、銃火器を使用した実戦に参加するというわけではない。偵察業務を行うのみである。

本作で行われる戦争では数百人もの戦死者を出しているらしいのだが、実戦が描かれないため、実情を知ることはできない。実戦を描かず、広報でその状況を知らせるだけというやり方は、偵察員である主人公の視点からすれば非常に現実的だ。戦死したという人たちは紙の上の数字でしかないような錯覚を覚えてしまう。

現実の戦争を描いたのか?

本作では、一つの矛盾が描かれている。戦争=戦うこと=悪としている社会。そんな社会がつくった映画や物語の中で「正義」は武力を持って相手を倒しているということだ。

作者は本作を通して日本社会に警鐘を鳴らしたかったのかもしれない。本作における戦争が、侵攻戦争か、防衛だったのかは分からない。しかしそのどちらにしても、市民はただ一方的にその事実のみを告げられ協力させられる。作中ではあくまで公共事業としての扱いに留まっているため、協力は強制ではなく、任意によるものである。しかし実際はそんなことはいっていられない。

主人公は戦争に従事したのだろうか。本作のような設定でなくても、実際の戦場で戦う一兵士からすれば戦争の全容を知ることはとてもできないだろう。しかし肝心の日本の読者のほとんどは戦争を知らない。

直木賞の選評にて津本陽氏は「他の国では、戦争の現実が知られている。日本でのみ若者にうけいれられる物語か。」と評した。まさにそれこそが本作が賞賛された一因になってしまっている気がしてならない。

合わせて読みたい本

となり町戦争(三崎亜記)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました