乃木坂46山下美月1st写真集『忘れられない人』から、水着&ランジェリーカットが解禁

乃木坂46きっての完璧美人・山下美月待望のファースト写真集。大人気アイドルグループ乃木坂46の3期生であり、その完成されたルックスでファンを魅了する山下美月。デビュー4年目にして待ちに待った写真集。

山下美月1st写真集『忘れられない人』の作品情報

タイトル
山下美月1st写真集『忘れられない人』
形式
写真集
版元
小学館
刊行日
2020年1月21日

山下美月1st写真集『忘れられない人』の概要

20歳になったばかりの美月が向かったのはフランス・パリ。ぐっと大人に進化中の表情をパリで濃密に撮り下ろし。

おしゃれなパリの街に刺激を受けて、大胆に色っぽく、少女みたいに無邪気に、少年のようにいたずらっこに、くるくると表情が変わる美月から目が離せない。

山下美月コメント

憧れの地・パリで1st写真集を撮影していただきました!

無邪気に笑っている素の姿、今まで見せたことのないドキッとするような表情。20歳を迎え大人として産声をあげたばかりのタイミングで、今しか撮れない姿をたくさん収めた1冊です。

私が思い描く「理想の女性像」を求め、大人への第一歩を踏み出すことができました!(とは言いつつもまだまだ子供の私を、温かく見守っていてください。)

パリの街並みと共に少し背伸びした私と、一緒に旅をしているような気持ちになってくださったらうれしいです。

プロフィール

山下 美月 やました・みづき(1999年7月26日 – )

東京都出身。女性ファッション誌・CanCam専属モデル。2016年、高校2年生のときに「乃木坂46 3期生オーディション」に合格してデビュー。2018年、乃木坂46の20thシングル『シンクロニシティ』で初めて選抜メンバーに選ばれる。ドラマ『電影少女2019』では主演に抜擢されるなど演技力も注目を集めている。完成されたルックスと熱いハートに加え、適度なユルさをあわせもち、男女問わず魅了する乃木坂46のエース。

山下美月1st写真集『忘れられない人』の刊行情報

山下美月1st写真集『忘れられない人』、小学館、2020年1月21日

山下美月1st写真集『忘れられない人』の公開カットまとめ

セクシーカットも解禁!

オフショットも多数

初の水着カットも解禁!

ランジェリーカット&肌着ショットも解禁!

山下美月1st写真集『忘れられない人』の感想・解説・評価

想像よりも大胆な写真集

一読して思ったのが、かなり大胆だなということでした。元々乃木坂46は写真集以外のグラビアやテレビでは水着やランジェリーなど露出の多いカットは行いません。なので写真集を見ると、その露出の多さに驚くことになるのですが、その中でも『忘れられない人』はかなり露出の多い方だと感じました。

白石麻衣の「パスポート」や生田絵梨花の「インターミッション」のイメージでいいと思います。セクシーなショットを期待していた方からすると大満足の一冊なんじゃないでしょうか。

セクシーなショットもいいですが、個人的にポイントが高かったのは「笑顔」の部分。山下プロと呼ばれるなどプロ意識の高さがたびたび話題になる彼女ですが、写真集の中でも笑顔が印象に残りました。もちろん、アンニュイな表情やクールな表情もあります。その中でも「アイドルは笑顔」とでも言わんばかりの笑顔をまた見たくなりますね。

やや、残念だったのは、先行カットで公開済みのカットがかなり写真集にも採用されていたこと。自身のあるカットだからこそ事前に公開していたと思うのですが、事前情報を追いかけていたファンからすると見覚えのあるカットがあり、これ見たことあると思ってしまいました。

もう少し様々なシチュエーションや舞台設定、衣装での写真があるとなおよかったです。

合わせて読みたい本

乃木撮VOL.02

乃木坂46のメンバー全員がカメラを持ち、お互いの赤裸々な素顔を撮影したオフショット写真集『乃木撮〈のぎさつ〉』の第2弾です。

おいしそうにご飯をほおばる姿や、楽屋でうたた寝する寝顔、メンバー同士でじゃれあう様子など、普段のグラビアでは見られない素の一面が満載の写真集です。

山下美月1st写真集『忘れられない人』の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
写真集
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました