昨日(アゴタ・クリストフ)のあらすじ(ネタバレあり)・感想・評価

昨日(アゴタ・クリストフ)の作品情報

タイトル
昨日
著者
アゴタ・クリストフ
形式
小説
ジャンル
亡命文学
執筆国
スイス
版元
不明
執筆年
1995年
初出
不明
刊行情報
早川書房、1995年
翻訳者
堀茂樹

昨日(アゴタ・クリストフ)のあらすじ(ネタバレなし)

村の娼婦だった母の子として生まれたトビアス。ある事件を契機に名前を変え、戦争孤児を装って国境を越えた彼は、異邦にて工場労働者となる。灰色の作業着を身につけ、来る日も来る日も単調な作業に明け暮れるトビアスのみじめな人生に残された最後の希望は、彼の夢想のなかにだけ存在する女リーヌと出会うこと……。傑作『悪童日記』三部作の著者が、みずからの亡命体験をもとに幻想と不条理を交えて綴る不可能な愛の物語。

昨日(アゴタ・クリストフ)の目次

  • 逃亡
  • もちろん、私は死んでいない
  • 医師が私に問う
  • 私は思う
  • 今日、私は愚かな生活のプロセスを再開する
  • 死んだ鳥
  • 私はもう非常に稀にしかポールの家へ行かない
  • 彼ら
  • 私は疲れている
  • 私は雨の中を自転車で帰る
  • 船の旅人たち
  • カロリーヌが発っていってから二年後

作者

アゴタ・クリストフ(1935年10月30日 – 2011年7月27日)

ハンガリー生まれ。1956年に発生したハンガリー動乱から逃れるため、スイスに亡命。1986年にフランス語で発表した小説『悪童日記』によって一躍脚光を浴び、その後、続篇の『ふたりの証拠』(88)、『第三の嘘』(91)を発表して三部作を完成させ、力量ある第一級の作家としての地位を確立した。
もっと読む【おすすめ】アゴタ・クリストフの全作品を一覧であらすじを紹介します

昨日(アゴタ・クリストフ)の刊行情報

  • 堀茂樹訳『昨日』早川書房、1995年
  • 堀茂樹訳『昨日』ハヤカワepi文庫、2006年

昨日(アゴタ・クリストフ)の登場人物

サンドール・レステル(トビアス・オルヴァ)
主人公。村の娼婦だった母から離れ、戦争孤児を装って異国へ向かう。工場労働者。

ヨランド
サンドールの彼女。サンドールは愛しておらず、若くて綺麗だがそう思ってもいない。ブロンドの髪で背が低い。

カロリーヌ
サンドールの小学校の同級生。のちにサンドールと再会する。

昨日(アゴタ・クリストフ)のあらすじ(ネタバレあり)

昨日(アゴタ・クリストフ)のストーリー(あらすじ)を簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

昨日のあらすじ【起】

主人公のサンドールはある日精神的に不安定となり、森の奥で泥の中に倒れる。通りがかった人の連絡で病院に入院することになる。

自殺しようとしたため精神科に移り、医者と面談を行う。そこで彼はリーヌという架空の女性に恋い焦がれていることを告白する。彼にはヨランドという彼女がいたが愛してはいなかった。

昨日のあらすじ【承】

精神科医は彼に出自を尋ねるが、彼は戦争孤児と嘘をつく。本当は彼は村の娼婦として生きる乞食の母から生まれたのだった。

不安定な生活は貧しかったが、サンドールはなんとか小学校に通うことができた。それは彼の母の客の中に小学校の先生がいて、面倒を見てくれたためだった。サンドールはその小学校で同級生のカロリーヌと知り合う。彼女はその小学校教師の娘だった。サンドールの友人はカロリーヌだけだった。

時は流れサンドールは小学校を最優秀の成績で卒業。先生は彼を学費免除の寄宿学校に入れること、母が街に出て働くことを提案するが、母はそれを拒否する。

昨日のあらすじ【転】

異国には他にも様々な国から亡命者・難民がやって来ており、故郷を離れたサンドールは工場労働者として空しい日々を送りながら彼らとの交流を深める。しかしサンドールは詩や文筆活動に集中するために彼らとの関係を面倒に感じ始める。

ある日、物書きのため疲れながら仕事場に向かう中、サンドールはカロリーヌと再会するのだった。そして物語は急展開を迎える。

昨日(アゴタ・クリストフ)の感想・解説・評価

亡命文学の儚い夢

著者のアゴタ・クリストフはハンガリー出身だが、ハンガリー動乱に際し西側に脱出。その後はスイス国内のフランス語圏に住み、工場に勤めたという。作中に具体的な国名は出てこないが、本作で主人公のサンドールが時計工場で毎日時計の部品に穴をあける仕事にうんざりしている様子は実体験が元になっていると言える。

サンドールは物書きであり、カロリーヌに作家になる夢を語るが、彼女にそれは夢に過ぎないと一蹴される。その後人生を愛していないことを確認したサンドールは物書きをやめ、一工場労働者としての生活を選ぶ。

作中でもっとも悲しいのはサンドールの出自でもなく、カロリーヌとの別れでもなく、彼が人生を愛していないことを確認するところだ。

日本から政情不安定による亡命者や難民はいない?が、人生を愛していないことを感じている人はいるだろう。その意味で本作は世界中で読まれ続ける小説であるといえる。

合わせて読みたい本

悪童日記

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開します。

その日から、ぼくらの過酷な日々が始まります。人間の醜さや哀しさ、世の不条理。そんな非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記に記すことにしたのでした。

昨日(アゴタ・クリストフ)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました