キッチン(吉本ばなな)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

唯一の肉親であった祖母を亡くし、祖母と仲の良かった雄一とその母(実は父親)の家に同居することになったみかげ。日々の暮らしの中、何気ない二人の優しさに彼女は孤独な心を和ませていく

キッチン(吉本ばなな)の作品情報

タイトル
キッチン
著者
吉本ばなな
形式
小説
ジャンル
家族
執筆国
日本
版元
福武書店
初出
海燕、1987年11月号
刊行情報
角川文庫
受賞歴
キッチン、第6回海燕新人文学賞
ムーンライト・シャドウ、日本大学芸術学部長賞
第16回泉鏡花文学賞

キッチン(吉本ばなな)のあらすじ・概要(ネタバレなし)

家族という、確かにあったものが年月の中でひとりひとり減っていって、自分がひとりここにいるのだと、ふと思い出すと目の前にあるものがすべて、うそに見えてくる―。唯一の肉親の祖母を亡くしたみかげが、祖母と仲の良かった雄一とその母(実は父親)の家に同居する。日々のくらしの中、何気ない二人の優しさにみかげは孤独な心を和ませていくのだが…。世界二十五国で翻訳され、読みつがれる永遠のベスト・セラー小説。泉鏡花文学賞受賞。

キッチン(吉本ばなな)の目次

  • キッチン
  • 満月 キッチン2
  • ムーンライト・シャドウ

作者

吉本 ばなな よしもと・ばなな(1964年7月24日 – )

小説家。東京都文京区出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。同年、「キッチン」が第6回海燕新人文学賞を受賞しデビュー。1989年に刊行された『TUGUMI』が年間ベストセラーの総合1位を記録した。

キッチン(吉本ばなな)の刊行情報

『キッチン』福武書店、1988年1月30日
『キッチン』福武文庫、1991年10月
『キッチン』角川文庫、1998年6月
『キッチン』新潮文庫、2002年7月

映画版関連動画

映画『キッチン』1989年10月29日
監督:森田芳光、出演:川原亜矢子

映画『kitchen キッチン』1997年
監督:イム・ホー、主演:富田靖子

映画『キッチン』を全編無料視聴できる配信一覧

映画『キッチン』を全編無料視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには最長31日間の無料お試し期間があり、その無料期間内に解約してしまえばお金を払うことなく動画を視聴することができます。

Hulu
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
TSUTAYA TV
Netflix

キッチン(吉本ばなな)の登場人物

桜井みかげ(私)
主人公で語り手。大学生だが休学中。両親、祖父母を失い、祖母の知人であった雄一の家に引き取られる。

田辺雄一
みかげと同じ大学の学生。みかげの祖母の行きつけの花屋でアルバイトしていた。

キッチン(吉本ばなな)のあらすじ(ネタバレあり)

キッチンのストーリー(あらすじ)を簡単に紹介しています。この先の内容は、ネタバレを含んでいるため注意してご覧ください。

キッチンのあらすじ

両親と祖父を早くに亡くし、祖母と暮らしてきた大学生・桜井みかげだが、その祖母さえも亡くしてしまい、天涯孤独の身となる。ある時、同じ大学の学生で、祖母の行きつけの花屋でアルバイトしている田辺雄一に声をかけられ、雄一宅に居候することとなる。

雄一はオカマバーを経営する母・えり子(実は父・雄司)と2人暮らしである。みかげは田辺家のキッチンで眠るようになり、風変わりなえり子・雄一親子とも少しずつ打ち解けていく。かつてのボーイフレンドとの再会などを経て、日を追うごとに祖母の死を受け入れ、みかげの心は再生していく。

満月 キッチン2のあらすじ

みかげは休学していた大学をきっぱりやめ、世話になった田辺家からも独立して、有名な料理研究家のアシスタントとして働いていた。

そのみかげのもとに雄一から、えり子が店の客に殺害されたと連絡が入る。急いで田辺家に駆けつけたみかげは、そのまま雄一と同居生活に入る。しかし雄一に一方的に思いを寄せている大学生・奥野がみかげが働くキッチンスタジオに押しかけてくるなど、家族でも恋人でもない2人の同居は周囲に理解されることはない。

えり子の死から立ち直れずにいる雄一は姿をくらます。伊豆へ出張していたみかげは、深夜にタクシーを走らせ、ちかちゃんにもらった雄一の居場所が書いてあるメモを頼りに、彼に出来たてのカツ丼を届けようとする。

キッチン(吉本ばなな)の感想・解説・評価

家族を失った悲しみを描いた鮮烈なデビュー作

『キッチン』の主人公のみかげは最後の家族、祖母亡き後、台所で寝るようになります。これは彼女が台所が好きだということもあるのでしょう。なにより寝にくいところからだんだんと逃れていく内に、台所の冷蔵庫のわきが一番よく眠れることに気が付いたからなのです。

流れ星が消えないうちに』の主人公、奈緒子は玄関でしか寝られなくなってしまいます。自室でも、妹の部屋でも寝られなくなり、しまいには玄関に蒲団を敷くのです。

奈緒子の場合は、成長していく中での苦しさと哀しさを表したものだと考えたわけですが、みかげはどうなのでしょうか。

奈緒子は玄関です。玄関は人が立ち止まらない場所。そこに立ち止まっている奈緒子は必然的な流れに逆らっているのです。しかしそこには止まりたくとも止まれないという思いもあるのでしょう。

とすれば、みかげはどうなのでしょうか。彼女は若くして両親を、次に祖父を、そして祖母を失います。

これは精神的にも相当厳しいでしょう。だから、最初の1ページにしてすでにみかげは、「いつか死ぬ時がきたら、台所で息絶えたい」などと考えてしまっているのです。

解説で曾根博義さんの言うとおり、『「台所」が、まず「食事をつくる場所」』なのです。そして、みかげは「台所の冷蔵庫のわき」が一番寝やすいことに気が付きます。

勿論、人間はものを食べないと生きてはいけません。台所は食事をつくる場所です。冷蔵庫は食品を貯めておく場所です。みかげは絶望の中、呆然とする中で、死を考えながらも、生きたいと強く熱望されていたのではないでしょうか。

雄一との交流で心の傷をいやすみかげ

その後、物語が進むにつれておおくの食べ物が出てきます。特に着目すべきは、みかげが雄一にカツ丼を届けるシーンでしょう。

ここで、雄一は
「どうして君とものを食うと、こんなにおいしいのかな。」
と、尋ねます。
みかげはふざけて答えますが、
雄一は自分で
「きっと、家族だからだよ。」
と答えます。

彼らにとって食べ物をおいしく感じるというのは、お互いに一緒に生きていきたい(そして一緒に食べていきたい)と感じているからなのでしょうか。

合わせて読みたい本

TUGUMI

病弱で生意気な美少女つぐみと海辺の故郷で過した最後の日々。二度とかえらない少女たちの輝かしい季節を描く切なく透明な物語。

病弱な少女つぐみが、夏に帰省してきた従姉妹のまりあと町で遭遇した日の出来事を描いたベストセラー。美しい儚げな雰囲気が心地よい傑作です。
>>TUGUMI(吉本ばなな)のあらすじ(ネタバレなし)・感想

流れ星が消えないうちに

高校時代から付き合っていた恋人・加地君が自分の知らない女の子と旅先の事故で死んでから、1年半。奈緒子は、ようやく「日常」を取り戻しつつあった。深い悲しみと静かな愛の物語。
>>流れ星が消えないうちに(橋本紡)のあらすじ(ネタバレなし)・感想。読書感想文にもおすすめ!

キッチン(吉本ばなな)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました