クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)のあらすじ(ネタバレあり)・考察・感想

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)の作品情報

タイトル
クレーヴの奥方
著者
ラファイエット夫人
形式
小説
ジャンル
恋愛
執筆国
フランス
版元
不明
刊行年
1678年
初出
書き下ろし
刊行情報
下記
翻訳者
下記

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)のあらすじ(ネタバレなし)

フランス宮廷に完璧な美を備えた女性が現れた。彼女は恋を知らぬままクレーヴ公の求婚に応じ人妻となるが、舞踏会で出会った輝くばかりの貴公子に心ときめく。夫への敬愛、初めて知った恋心。葛藤の日々に耐えられなくなった夫人は、あろうことかその恋心を夫に告白してしまう…。

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)の目次

  • 一の巻
  • 二の巻
  • 三の巻
  • 四の巻

作者

ラファイエット夫人(1634年3月18日 – 1693年5月25日)

マリ=マドレーヌ・ピオシュ・ド・ラ・ヴェルニュとして、フランスのパリに生まれる。父は宮廷の技術官、母は宮廷医官の娘で公爵夫人の侍女。ラテン語、イタリア語、古典文学を学び、自身も宮廷に身をおき、21歳のときラファイエット伯爵と結婚する。無署名で出版した『モンパンシエ侯爵夫人』が好評で、その後『アンリエット・ダングルテールの記録』からは著者名をラファイエット夫人とする。『クレーヴの奥方』は古典の名作と謳われ、日本の戦後文学にも大きな影響を与えた

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)の刊行情報

映画版関連動画

フランス『クレーヴの奥方 (La Princesse de Clèves)』1961年

ポルトガル、フランス、スペイン『クレーヴの奥方 (La Lettre)』1999年

フランス『女写真家ソフィー (La Fidélité)』2000年

『クレーヴの奥方』を現代に翻案したものです。

フランス『美しいひと (La Belle Personne)』2008年

主人公の16歳のジュニーを演じたのはタランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』(10月公開予定)やリドリー・スコット監督の撮影を終えた最新作『ロビン・フッド』にも出演したばかりの赤丸急上昇中の若手スター、レア・セイドゥ。本作品では恋のはかなさや不安に揺れる少女の微妙な心理を表現し、また大胆に裸のシーンも熱演!!共演はフランス映画界の「貴公子」「最もセクシーな男」のひとり、ルイ・ガレル。本年度セザール賞(フランス・アカデミー賞)3部門ノミネート。フランス映画祭2009上映作品(上映時タイトル『美しい人』)。

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)の登場人物

シャルトル嬢(クレーヴの奥方)
透き通った白い肌、金髪。16歳。宮廷でその美貌が話題になるほどの美女。クレーヴ殿と結婚し「クレーヴの奥方」となる。

クレーヴ殿
太守・ヌヴェール公の次男。勇敢で鷹揚で若いが慎重な性格。美男子。上品かつ果敢で物事にこだわらない。シャルトル嬢に一目ぼれする。

ヌムール公
クレーヴの奥方の美しさに目を奪われる。のちに相思相愛の関係となる。

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)のあらすじ(ネタバレあり)

クレーヴの奥方のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまで簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)のあらすじ【起】

シャルトル嬢は16歳の美女。父親は既に亡く、母親の手で厳しく育てられてきた。

母親と共に宮廷生活を始めるとたちまちその美しさが話題となる。クレーヴ殿が彼女に一目ぼれし、結婚を申し込む。

シャルトル嬢は「クレーヴ殿は良い方で、他の人の妻になるよりはいいが、愛着は感じていない」と母に話すなど、結婚にあまり前向きではなかった。しかし母親の薦めもあり、クレーヴ殿と結婚。「クレーヴの奥方」となる。

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)のあらすじ【承】

結婚直後の宮廷舞踏会で、奥方はヌムール公と出会うと二人はたちまち恋に落ちる。

しかし、二人は恋心を打ち明けることはせず、胸の内に潜め続ける。ヌムール公には数多くの仲の良い女性がいたが、その思いは奥方に一直線に向けられる。

そんな中、奥方の母親の病状が急速に悪化。母親は奥方がヌムール公に恋心を抱いていることに気付いていた。

「夫に尽くす義務を忘れてはいけない」と今の評判を失うかもしれないと注意しつつ、「宮廷からお下がりなさい」とヌムール公から距離を取ることを助言し亡くなってしまう。

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)のあらすじ【転】

母親の助言に従い、奥方は宮廷から離れ住みヌムール公を避けるようになる。ヌムール公は奥方を訪ねるが、奥方は会おうとしない。

そんな時、ヌムール公の手により奥方の肖像画が盗まれる事件が発生する。奥方はその現場を目撃するが、問題にすることはなくヌムール公を見逃す。

続いて、ヌムール公の手による手紙が見つかる。女性に宛てた手紙の存在を耳にした奥方は嫉妬心を覚えるが、本人はそのことに気が付いていない。

その後、その手紙はヌムール公のものではなく、別人のものだということが判明。その騒動のさなか、二人は恋を確かめ合う。

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)の結末・ラスト(ネタバレ)

しかし、そんな妻の行動を不審に思ったクレーヴ殿は奥方を問い詰める。そんな夫に、奥方は相手の名を伏せて、好きな男がいることを正直に打ち明ける。

夫は激しい嫉妬におそわれ、相手の男性だと考えたヌムール公の行動を近侍に探らせる。そうしてみると、ヌムール公と奥方が会っていたこと判明したのだ。

このとき奥方はヌムール公が自分に会いに来たことに怒り、居残ろうとするヌムール公を苦心して追い返したのだが、クレーヴ殿にそこまでの事情はわからなかった。

クレーヴ殿は絶望のあまり病に倒れ、「奥方がヌムール公と一夜を共にしたことがある」と勘違いしながら奥方を責めた。 そのままクレーヴ殿は亡くなり、奥方は夫の死と、身に覚えのないことを責められたことにより深い悲しみを味わう。

クレーヴ殿が亡くなったことにより、ヌムール公はあらためて奥方に愛の告白をする。奥方もヌムール公を好いていることを明かすが、ヌムール公の気持ちに応えることは出来ないと彼の元を去ってゆく。

奥方はその後、修道院と自邸を行き来する生活を送り、若くして亡くなった。ヌムール公の傷心は、日時と奥方が側にいないことが癒したという。

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)の感想・評価

現代に通じる恋愛小説

本作の舞台はフランス。16世紀のアンリ2世の王宮での貴族の恋愛ということで、現代日本からは遠い世界のお話だ。小説には実在の人物も登場するほか、高貴な人々の優雅な世界が描かれる。

現代日本の僕らが何の手助けもなくそれらをイメージするのは困難なことだが、本作に描かれたクレーヴの奥方、クレーヴ殿、ヌムール公の関係は現代に通ずるところがある。

あまり乗り気ではない結婚をしたクレーヴの奥方は、その後出会ったヌムール公と相思相愛になる。この三角関係だけを見れば、現代の恋愛小説となんら変わるところはない。むしろ、夫に好きな相手がいると告白する奥方の姿は、現代的な女性像であると捉えることもできるかもしれない。

事実、母国フランスを中心にたびたび映画化がなされているが、舞台を中世貴族社会から現代に移し、翻案されたものが制作・公開されている。

合わせて読みたい本

ドルジェル伯の舞踏会

青年貴族のフランソワは、社交界の花形ドルジェル伯爵夫妻に気に入られ、彼らと頻繁に過ごすようになる。気さくだが軽薄な伯爵と、そんな夫を敬愛する貞淑な妻マオ。フランソワはマオへの恋慕を抑えきれなくなっていく。

「クレーヴの奥方」をモチーフに執筆された恋愛小説。激しく揺れ動く心の動きを繊細に描きとっている。

マノン・レスコー

将来を嘱望された良家の子弟デ・グリュは、街で出会った美少女マノンに心奪われ、駆け落ちを決意する。

夫婦同然の新たな生活は愛に満ちていたが、マノンが他の男と通じていると知り…引き離されるたびに愛を確かめあいながらも、破滅の道を歩んでしまう二人を描いた恋愛小説。

クレーヴの奥方(ラファイエット夫人)の評判・口コミ・レビュー

タイトルとURLをコピーしました