太陽の塔(森見登美彦)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

京都大学の男子学生が、ふられたかつての恋人を「観察と研究」という名目で追いかける物語だ。主人公は決して「未練からのストーキング」と認めておらず、あくまで「なぜ、自分は彼女に一時期とはいえ、あれほど心を奪われたのか」「なぜ、彼女は自分を袖にしたのか」という疑問から「研究」するという、青春小説である。

太陽の塔(森見登美彦)の作品情報

タイトル
太陽の塔
著者
森見登美彦
形式
小説
ジャンル
青春
執筆国
日本
版元
新潮社
初出
新人賞応募作
刊行情報
新潮社、2003年
受賞歴
第15回日本ファンタジーノベル大賞

太陽の塔(森見登美彦)のあらすじ(ネタバレなし)

私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!

クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

太陽の塔(森見登美彦)の目次

作者

森見登美彦(1979 – )

1979年、奈良県生まれ。京都大学農学部大学院修士課程修了。2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビュー。2007年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、2010年『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞を受賞。主な著書に『四畳半王国見聞録』『聖なる怠け者の冒険』『夜行』等がある。
もっと読む【おすすめ】森見登美彦の全作品を一覧であらすじを紹介します

太陽の塔(森見登美彦)の刊行情報

  • 『太陽の塔』新潮社、2003年
  • 『太陽の塔』新潮文庫、2006年

外部サイト森見登美彦『太陽の塔』| 新潮社

太陽の塔(森見登美彦)の登場人物


本作の語り手。大学5回生で自主休学中。3回生の頃、私らが所属していた某体育会クラブに新入生として入会してきた水尾さんと交際するが袖にされる。本人によると水尾さんとは紳士的に別たが、「水尾さん研究」と称してストーカーをしている。

水尾さん
本作のヒロイン。私と交際していた。本作タイトルである太陽の塔をこよなく愛し、よくあちこちで眠り、少し猫に似ている。遠藤とは同じゼミに所属している。

飾磨大輝
私の一番の悪友で法学部5回生。

高藪智尚
大学院生。私、飾磨、井戸の友人。

井戸浩平
大学院生。私、飾磨、高藪の友人。

遠藤正
大学3回生、法学部。水尾さんを巡って、私と不毛な争いを続けていくことになる。

太陽の塔(森見登美彦)のあらすじ(ネタバレあり)

太陽の塔のストーリー冒頭を簡単に解説しています。この先、冒頭のネタバレを含んでいるためご注意ください。

太陽の塔のあらすじ【起】

主人公の「私」は大学5回生。京都で華のない学生生活を送っている。そんな私は3回生のときに水尾さんという女性と付き合っていた。知的で可愛いらしく、猫そっくりという魅力的な女性だ。

しかし水尾さんは私のことを振ってしまう。私は潔く身を引き、紳士的に握手をして別れたと振り返るが、実際は「水尾さんはなぜ私のような完璧な人間を拒否したのか」という疑問の解明のために研究と称し毎日ストーカー行為を繰り返していた。

そんなある日私はとある男に話しかけられる。彼から「これ以上彼女に付きまとったら、警察を呼ぶ」と警告される。彼は水尾さんから頼まれて私に注意しに来たと話す。

私が男の正体を調べと、その遠藤という男は水尾さんと同じ法学部の学生だということが判明。遠藤は水尾さんから頼まれて注意してきたのではなく、彼もまた水尾さんのストーカーだった。

遠藤はあらゆる手段を使って「私」の研究を妨害するが、「私」も負けじと報復する。私は遠藤からゴ○ブリの入った箱を送られ激高する。

太陽の塔(森見登美彦)の感想・解説・評価

小説家森見登美彦の原点をなす傑作

森見登美彦といえば、山本周五郎賞を受賞した『夜は短し歩けよ乙女』や、アニメ化された『有頂天家族』が有名だろうか。だが、全ての作家はデビュー作に回帰すると言われるように、森見の原点は本作にあるように思われる。

本作の主人公は「素直」とはとても言えないキャラクターだ。研究と称しストーカー行為に限りなく近い行為を行ったり、恋敵と思われる男の部屋を一大ゴキブリ昆虫王国にしようと画策したりしている。脇役たちも、夢をなくしてしまった男「飾磨」、女性に告白されただけで逃げる巨人「高藪」と癖の強い人物が揃っている。

主人公が元カノのストーカーをしている男と書くとシリアスな小説のようだが、本作ではすでに森見特有の文体が健在。テンポの良い文章、細かい心理描写によって森見ワールドが展開されている。

森見登美彦の小説を読んだことのない人にも、これから読んでいきたいと思っている人にもおすすめの小説だ。

摩訶不思議な青春小説

主人公は京都大学の学生という設定だが、自身も京都大学OBである大森望は「京大生の実態をリアルに描くとマジックリアリズムになる」と本作を評している。

本作は青春小説というカテゴリながら、一風変わった作風であり、とぼけたようなあるいは摩訶不思議なストーリーが展開される。京都大学出身ではない僕にはその雰囲気はわからないが、その摩訶不思議さが「京大生の実態」ならば、その実態とやらを垣間見ることができる小説である。

荒俣宏はファンタジーノベル大賞の選評で、『太陽の塔』の文体は、「あまりに技巧に走りすぎた場合、鼻につく危険のある文体」としている。

少しやりすぎてしまうとうざったらしく勘違いした自称イケメンのようになってしまうし、逆にやらなすぎてしまうと、話の滑稽さ珍妙さに文体が負けてしまう。新人賞応募作にして絶妙なバランスを保っているあたりが、評価を集めた理由の一つになっているのだろう。

合わせて読みたい本

夜は短し歩けよ乙女

鬼才モリミが放つ、キュートでポップな片想いストーリー。

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。そんな二人を、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々が待ち受けます。
もっと読む夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦)のあらすじ(ネタバレなし)・考察・感想

有頂天家族

同じく京都を舞台にした森見作品。その中でも「五男」、「毛深い子」と呼ばれる作品。3部作となる予定の「たぬきシリーズ」の第1部です。
もっと読む有頂天家族(森見登美彦)のあらすじ(ネタバレなし)・解説・感想

太陽の塔(森見登美彦)の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
小説
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました