書くための文章読本(瀬戸賢一)のあらすじ・解説・感想

文末は文章を印象づける重要な場所。ところが日本語の語順では最後に動詞がくるので変化をつけづらい。さらに「す」「た」などが連続し、単調になるという弱点もある。この問題をどう解決するか。

ベストセラー『日本語のレトリック』の著者が、名文を引いて丁寧に構造を分析。文末を豊かにすることで、文章全体が劇的に改善する実践的技巧を示した。これまでになかった画期的な「日本語論」が展開される、全く新しく、本当に役に立つ文章読本。

書くための文章読本の作品情報

タイトル
書くための文章読本
著者
瀬戸賢一
形式
論文作法・文章技術
ジャンル
言語
執筆国
日本
版元
集英社
初出
書き下ろし
刊行情報
インターナショナル新書

書くための文章読本の概要

これまでになかった画期的な「日本語論」を展開。そして文末を豊かにすることで、文章全体が劇的に改善する実践的技巧を示した、本当に役に立つ、まったく新しい文章読本!

日本語の文章で力点が置かれるのは圧倒的に文末。文末は、文の全体に書き手の意思を伝え、情報の核を据えるところ。そして、もっとも記憶に残りやすい。だから文章におけるパンチの効かせどころだと著者は説く。ところが日本語では最後に動詞がくるので、付け足しがしにくく、その大切な文末が弱い。さらに「です」「だ」などが連続して単調になりがちだという弱点もある。これらをどう解決するか。

『日本語のレトリック』『メタファー思考』などのベストセラーがある言語学者が向田邦子、筒井康隆、井上ひさしなどの名文を引いて丁寧に構造を分析し、わかりやすく解説。プロの文章テクニックが身につき、伝わる文章が書けるようになる、まさに「書くための」文章読本。また引用されたバラエティに富む名文で、日本語の美しさや豊かさ、作家の技が堪能できる。実践的でありながら楽しい1冊!

書くための文章読本の目次

  • 第一章 終わり良ければすべて良し
  • 第一節 「す」と「る」を書き分ける デス調とデアル調の変換/「す」と「る」を書き交ぜる/「て」の謎を解く
  • 第二節 「た」の処理法――過去をどう表すか 小説はいつも「た」で終わるか/過去の過去形
  • 第三節 主体性から見た文章技法 主体性と視点/現象文と出会う/一人称の語り手

  • 第二章 踊る文末
  • 第一節 キャラ立てする 役割語とは/助動詞のお目当て
  • 第二節 文法のレトリック 動詞を鍛える/止めを生かす/否定の出番ですよ
  • 第三節 表現のレトリック 感嘆と祈願/もっと対話を――「そう」と「いや」/倒置法と追加法
  • 第四節 引用のレトリック さまざまな意匠/間接引用の世界/「と」の乱舞

作者

瀬戸 賢一 せと・けんいち(1951年4月20日 – )

言語学・英語学者。京都市生まれ。大阪市立大学文学研究科後期博士課程単位取得。1999年「空間のメタファー研究」で文学博士号取得。大阪市立大学文学部教授などを歴任。2016年の定年退任後は名誉教授、佛教大学文学部英米学科教授。専門は英語学・レトリック。

書くための文章読本の刊行情報

書くための文章読本 (インターナショナル新書) 2019/12/6

書くための文章読本の感想・解説・評価

小説を書いている人にもおすすめ

合わせて読みたい本

日本語のレトリック―文章表現の技法

ちょっとした言い回しやたくみな文章表現で、読む者に強い印象を与えるレトリック。そのなかから隠喩や換喩、パロディーなど30を取り上げています。

清少納言、夏目漱石から井上ひさし、宮部みゆきまで、さまざまな小説や随筆、詩の文章に触れながら、日本語の豊かな文章表現を学ぶことができる一冊です。

レトリック感覚

レトリックにもっと触れたいのならこちらがおすすめ。

「ことばをたくみにもちい、効果的に表現すること、そしてその技術」と定義するレトリック全体を俯瞰するように眺めることができると思います。
>>レトリック感覚(佐藤信夫)の概要・感想

書くための文章読本の評判・口コミ・レビュー

この記事を書いた人
右手

平成生まれ。ライター、ブロガー、文筆家志望、Twitterで書評を書いている人。読んだ本が1万冊を超えたことを機に2017年からブログ再開、2020年は戦後思想史を勉強しつつ小説を書いています。好きな作家はカフカ、ガルシア=マルケス、村上春樹、大江健三郎、庄司薫、佐藤泰志など。そのほか、ラテンアメリカ文学、英ロック、欅坂46、囲碁、宮下草薙も好きです。
読んだ本を登録している読書メーター

右手をフォローする
学術書
読む本.com

タイトルとURLをコピーしました